作者別: niosair

S-AIR Award: 松田壯統さん錦渓鎮滞在記②

1.上海ツアー10月19日 20日

6-2上海ツアーIMG_8613-15

昼にニコルのスタジオがある上海のスタジオエリアに連れていってもらいました。

その後は上海アーティストのスタジオに伺いました。ニコルのスタジオの近くに徐震のスタジオがあり、彼は会社も工場との連携もしっかりしていて忙しいので、アシスタントの人が案内してくれます。スタジオもスタジオではなく工場でした、、この辺りは上海のセンターから車で1時間かかりますが、家賃も半分以下でスタジオを構えるアーティストも多いとのこと。場所によっては1年間半額の優遇などがあったりする事も言っていました。その後他2人の若いアーティストのスタジオも見学させてもらいました。彼らの多くは充分ではないけど、ちゃんとそのアート作品で生活をしていけている事に、日本と上海の違いを感じました。どれぐらいのアーティストが食べて行けているのと聞くと いくらでもいると言っていました。みんなしっかりした大きい彫刻や絵をスタジオに置いていて、会社のように見えます。その意識の違いは見習うとこであるかもしれません。

“S-AIR Award: 松田壯統さん錦渓鎮滞在記②” の続きを読む

広告

S-AIR Award: 松田壯統さん錦渓鎮滞在記①

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、中国上海を拠点とするoffice339、そして上海近隣の古都である江蘇省崑山市錦渓鎮に昨年設立されたばかりのPoints Contemporary Art Center(PCAC)との連携により、PCACに滞在中の松田壯統さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

※松田さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


1.到着〜周辺 初日〜数日

1-1到着スクリーンショット 2018-11-02 22.26.47-34

1-3IMG_8382-18

上海空港からレジデンスまで、車で1時間ちょっと、早速レジデンス施設を案内してもらいます。

“S-AIR Award: 松田壯統さん錦渓鎮滞在記①” の続きを読む

ヘレンのリサーチトリップ

先週、函館〜青森〜福島と現地調査の旅に行っていたヘレン。

函館では活動家と朝日新聞の記者にお会いし、お二人の活動などについて伺い

スクリーンショット 2018-11-03 19.56.47

青森に渡って、八戸でレジデンスを行う「AIR-H」の東方さんとAIR-Hの招へいアーティストであるデンバー・ガルサと合流。

大間に向かう途中に恐山や

44264709_2186048431665953_6666687020405882880_nのコピー

六ヶ所村の研究施設に立ち寄り、いろいろお話を伺ってきたそうです。

“ヘレンのリサーチトリップ” の続きを読む

ヤン&ヘレンの石狩ツアー

昨日はアーティストでS-AIRの理事でもある川上りえさんと一緒に、彼女のアトリエと望来の海を見に行く石狩ツアーを実施しました。

dav

堤防の上を颯爽と歩くりえさん。

ヘレンは最初「堤防の上は…」とためらっていましたが

dav

はい。記念写真も撮れました!

dav

“ヤン&ヘレンの石狩ツアー” の続きを読む

歓迎会終了!

先日開催されたヤン・レイとヘレン・グローブ・ホワイトの歓迎会の様子をお届けします。

スタート前の時間。

DSCN0735

この日は中国語の通訳をしてくれる留学生の方や、会場のセッティング・記録撮影などの進行補助をする学生さんなど、インターンも勢揃い。

トークはヘレンからスタートしました。

DSCN2171

自身が拠点を置く英国ウェールズのアングルシー島北部で行なっている、原子力発電所に関する協同プロジェクトなどを紹介。

“歓迎会終了!” の続きを読む

Yan Lei(ヤン・レイ)さん到着!

S-AIR Exchange Programme 2018 秋期レジデンスプログラム招へいアーティストの一人目、Yan Lei(ヤン・レイ)さんが北京から到着。

DSCN0657

S-AIR事務所にて。左から代表柴田、インターンの福井さん、ヤンさん。

初日の夜は、早速S-AIR恒例のトリトンで夕食。

DSCN0659

ご満悦。 “Yan Lei(ヤン・レイ)さん到着!” の続きを読む

S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記④

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドに滞在していた小林知世さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

いよいよ最終回!


8/20 【20日目】

YU内にあるプリントショップにいらっしゃるクリスさんが、私達のためにワークショップを開いてくださいました。各々の強いこだわりにも丁寧に親切に答えてくれます。

普段、子供向けのワークショップもやっていて、レゴを使った簡単なプリントも見せていただきました。

夜はいつも私達をサポートしてくださるみどりさんのお宅で素麺・蕎麦パーティー。音楽、デザイン、色んなお仕事をしているみなさんと過ごせた貴重な時間でした。

図1

“S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記④” の続きを読む

S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記③

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドに滞在中の小林知世さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

26日のオープンスタジオに向けて、徐々に制作に割く時間が増えてきた滞在の様子を、どうぞご覧ください。

※小林さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


8/14 【14日目】

素材集めに散歩しつつ制作です。

私は街歩きしながらこの間いった画材店へ。マットはあえて家族経営の画材屋さんに連れていってくださいました。そうやってこの街の暮らしはまわっているのかも、と思います。

8/15 【15日目】

Personal Libraries Libraryへ

美術や哲学、科学の本を扱う個人のライブラリーです。私にはすぐ読まないけれど、本がたくさんです…。管理している方の楽器工房、プリント工房も見せていただきました。

IMG_1085

IMG_1087

“S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記③” の続きを読む

S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記②

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドに滞在中の小林知世さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

現地のキュレーターや学芸員の方に作品を見てもらったり、一緒に参加している日本人作家たちと制作について話したり。滞在の様子をどうぞご覧ください。

※小林さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


8/7 【7日目】

この日は初めにOregon Nikkei Leacy Center へ。ポートランドにある日本人街の歴史を説明していただきました。パールハーバーを機に激変した生活ぶりなど、アメリカにいた日本人の当時の生活を少しだけ知ることができました。特に印象的だったのは、物資がない中で作られた、鳥のブローチ。オレンジの箱の廃材でできているそうです。

IMG_0925

“S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記②” の続きを読む