作者別: niosair

S-AIR秋期レジデンスプログラム滞在制作成果発表「マリーン・イム & エヴァ・ジェルソン 展覧会」のお知らせ

MEE2

MEE1

S-AIR秋期レジデンスプログラムでは、カンボジアのSa Sa Art ProjectsとフランスのLe Lieu Uniqueとの連携により、マリーン・イムとエヴァ・ジェルソンを招へい。本展では、二人のおよそ2カ月に渡る滞在制作の成果をご覧いただきます。また、会期中の12月16日(土)18時より、二人のアーティスト・トークを開催します。ご来場をお待ちしております。

★16日(土)、17日(日)は、なえぼのアートスタジオ入居メンバーによるオープンスタジオも開催します。

※チラシダウンロードはこちらから

S-AIR秋期レジデンスプログラム滞在制作成果発表「マリーン・イム & エヴァ・ジェルソン 展覧会」

2017年12月13日(水)~17日(日)

●開館時間:平日 17時~20時 / 土日 13時~20時 ★入場無料

●関連イベント:12月16日(土)18時~ アーティスト・トーク

●会場:なえぼのアートスタジオ / naebono 1F(札幌市中央区北2条東15丁目26-28)

●プロフィール

マリーン・イム | Maline Yim (カンボジア)

フランスとカンボジアでドローイングや立体作品、インスタレーション等を中心に制作を行う。プノンペンを拠点に、アメリカ、南アフリカ、フランス、シンガポール、香港で個展やグループ展に参加するなど、国際的に活躍する。イムは、「遊び心」と「不安感」が同居するような作品を制作する。細緻な黒鉛ドローイングから存在感のある立体作品まで、彼女のコンセプトの土台となっているのは、カンボジア内戦の最中に育った子供時代の記憶を消化することや、この時代がもたらした複雑な影響、今日の個人的及び社会的構造における人間の自然との関わりについての考察である。イムの野心的で巧みな素材の使い方は観る者の捉え方に異議を唱え、また、作品に内在する不確かさや緊張感は、観る者の安心感を揺さぶる。

連携団体>ササ・アート・プロジェクツ | Sa Sa Art Projects
http://www.sasaart.info/

カンボジアで唯一の、現代美術を扱う非営利のアーティストラン・スペース。 2010年にアーティスト集団のStiev Selapakによって始められ、主にプノンペンで活動している。これまでWhite Buildingと呼ばれる歴史的な地域を拠点としていたが、2017年に新しいスペースに移転した。地元や周辺地域、海外の団体、レジデンス、 ミュージアム、ギャラリーとパートナーを組み、アーティストやアート好きな人々のネットワークを形成する。アートを通じて、カンボジアのコミュニティとその特有の文化を結びつける活動をしている。

———————————–

エヴァ・ジェルソン | Eva Gerson (フランス)

「書くという行為」と「物理的な素材」を合わせた二重の構成を用いて制作するアーティスト。彼女の作品では、音、歌、映像、オブジェ、彫刻など、さまざまなものが素材になる。「書く」ことも同様に、記号のない物語を読み取ることによって、現実であり、かつ幻想的な空間をつくり出す。「書く」という行為は至る所に存在する。「書くという行為」と「物理的な素材」を並列させることにより、この二つの要素が交差し、触れ合い、混じり合う。素材は、それらを装飾し形作る言葉から、決して離れたり消えたりしない。それぞれの音が、音楽によって導かれる幻想的で批評的な世界へと、私たちを誘う。

連携団体>ル・リュー・ユニック・ナント芸術センター | Le Lieu Unique – Nantes Arts Centre

http://www.lelieuunique.com/

ル・リュー・ユニックはフランス・ナント市の国立現代美術・音楽センター。2000年に、中心地にあった元ビスケット工場を改装し、オルタナティブなアートセンターとして設立。多様な分野、文化、オーディエンスが交わる場として機能する。美術、演劇、ダンス、サーカス、音楽、哲学、建築、料理等、さまざまな分野において好奇心を持つ精神を広く伝えるプログラムを実施する。

●関連イベント:なえぼのアートスタジオ / naebono オープンスタジオ

今村育子+高橋喜代史 / 風間天心 / 川上大雅(TAIGA KAWAKAMI, salon cojica)
進藤冬華+長谷川裕恭 / 武田浩志+樫見菜々子 / 西田卓司 / 山本雄基 / 石山ひなの+平尾拓也
岩野風雅+葛西由香+小林由紀実+田屋ほたる+山﨑愛彦
NPO法人S-AIR+ハレバレシャシン / 小田井真美(GASTSTUDIO / 客間)
佐野由美子(YUMIKO SANO) / 瀬戸一成


S-AIR Exchange Programme 2017

主催 / 特定非営利活動法人S-AIR

助成 / 文化庁 平成29年度 アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業

協力 / さっぽろ天神山アートスタジオ、Sa Sa Art Projects、Le Lieu Unique – Nantes Arts Centre、なえぼのアートスタジオ

[お問い合わせ]

特定非営利活動法人S-AIR(エスエア)

〒060-0032 札幌市中央区北2条東15丁目26-28 なえぼのアートスタジオ/naebono内2F

011-299-1883 info@s-air.org http://www.s-air.org/

広告

レジデントの日々の様子

秋期レジデンスプログラムで滞在中のアーティスト、エヴァとマリーンの滞在も2週間が過ぎました。

この間、札幌芸術の森美術館で木彫家 藤戸竹喜氏の展覧会を見たり、

DSCN7983.jpg

真駒内滝野霊園で安藤忠雄氏設計による頭大仏殿を見たり

DSCN8002

北海道博物館の展示や、マレウレウのライブを見たり

DSC_0004

アリアンス・フランセーズで個展開催中のアーティストのトークを聞きに行ったり

DSC_0006

材料を調達したり

DSC_0001

S-AIR恒例の温泉ツアーに行ったり(この日は支笏湖の丸駒温泉へ。)

23231476_1680704561982506_8748473187186248061_n

川上りえさんのアトリエを訪問して

DSC_0029

キーチャームづくりにも挑戦したり

DSC_0054

(強風吹き荒む望来の海には二人とも感激!)

DSC_0007

二人にとって人生初となる能公演も鑑賞。

DSC_0079

お互い異なるポイントに対する興味で訪れた能鑑賞ですが、予想以上の収穫だったようです。

そして、成果展に向けたスタッフミーティングも欠かせません。

DSCN8016

いろいろなものを見たり聞いたりしながら、これからプランはどのように変わっていくのでしょうか。楽しみですね。

そしていよいよ二人の成果展の日時等も決まりました!

MEE2

MEE1

詳細は次の投稿で。

皆様のお越しをお待ちしております!

S-AIR Award: Sa Sa Art Projects (カンボジア・プノンペン) / Le Lieu unique (フランス・ナント)レジデンス派遣プログラム最終選考の結果

今回のS-AIRアワードは、申請のどれもが素晴らしく、現地での選考に時間がかかったため当初予定より遅れての発表となりましたこと、お詫び申し上げます。

以下、選考の結果をお知らせいたします。コメントは各連携団体によるものです。

【Sa Sa Art Projects】 風間天心

仏教の僧侶でありながらアーティストであることや、過去作のインスタレーションが美しく、素晴らしく、不思議かつ興味深いアーティストだと感じました。カンボジアで、風間さんの作品が放つその不思議さを共に探求してみたい。仏教寺院への訪問や、エスエアに2011年に滞在したタン・ソック(宗教、信仰心、儀式をテーマにした作品を制作)ともぜひ交流してほしいです。カンボジアで、新しいことに挑んでいただければと思います。
【Le Lieu Unique】 高橋喜代史
これまで興味深い作品を制作されていることや、制作プランの実現度を考慮し、高橋さんが最適と判断しました。
※最後に、今回いただいた申請はすべて優れたものばかりでした。
申請いただいた作家の皆さん、ありがとうございました。

歓迎会&報告会

札幌を活動拠点とする美術家の制作スタジオ群をベースとした多目的アートスタジオ「naebono」のS-AIRオフィスで、招へい中のMalineとEvaの歓迎会を開催しました。

DSCN7932

naebonoの入居メンバーも含め、50人以上の方々が集まってくださり大盛況!

Malineの作品紹介。

DSCN7939

Evaの作品紹介。

23192028_1666524740088550_1335262511_o

そして、プログラム・ディレクターの橘によるロンドン滞在中の報告。

22886141_1666998616707829_7475233945559562687_n

食事やお酒をつまみながらのプレゼンテーション3本が終了後も、ゆるりと交流会は続いたのでした。

DSCN7965

MalineとEvaもたくさんの人たちとお話することができて、いろいろ刺激をもらっていた様子。

そして時計も午前1時半を回り…

DSCN7971

お開き!

長〜い札幌2日目が終了です。ゆっくり休んでね!

Maline & Eva 街中ツアー

カンボジアのSa Sa Art ProjectsとフランスのLe Lieu Uniqueとの連携により招へいした、Maline Yim(マリーン・イム)とEva Gerson(エヴァ・ゲルソン)。

23023614_10214276934867828_1264317662_n

札幌到着の夜は、S-AIR恒例となっている天神山アートスタジオ近くのトリトンへ。(左からエヴァ、代表の柴田、スタッフの松田、マリーン、スタッフのマリー。)

美味しいお寿司をたらふく食べて、札幌初日の夜は終了!

翌日は街中ツアーへ。

東急ハンズの食品サンプルコーナーや

DSCN7920

ドンキホーテ

DSCN7922

セントラルなど。エヴァはスタンプに目がないらしく、自分の写真を早速スタンプに。

DSCN7925

セントラルは二人のお気に入りスポットとなったようです。

お昼ご飯はouchiでスープカレー。

DSCN7916

(↑夫でアーティストのSvayさんに、スープカレーを見せるマリーン。)

その後100円ショップなども回って、最後にS-AIRのオフィスがあるnaebonoへ。

ちょうど山本雄基さんがいらっしゃったので、スタジオでお話。

DSC_0578

これまでメールでやり取りしていたプログラム・ディレクターの橘(一時帰国中)とも対面。

DSC_0600

小一時間ほど会話を楽しんだ後、解散。時折みぞれ混じりの雨が降る寒い1日でしたが、風邪などひかないようにね!

 

 

 

 

【AIR CAMP】講師紹介 畠山直哉

AIR CAMP 2017 in 陸前高田」3日目にお話いただくのは、写真家の畠山直哉さん。

mirai_hatakeyama
映画『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』より

畠山さんは自然、都市、写真の関わり合いに主眼を置いた、一連の作品を制作。石灰石鉱山の連作、東京の建築空間や水路を被写体にした作品群で注目を集め、国内外の数々の個展・グループ展に参加。2001年にはヴェニス・ビエンナーレ日本代表の一人にも選出された、世界的な写真家です。

2011年の東日本大震災以降は、故郷である陸前高田の風景を扱った作品を発表し、2012年には写真集『気仙川』、2015年には『陸前高田 2011-2014』(ともに河出書房新社)を刊行。

陸前高田に通って写真を撮り続けること。

写真は何をするのか?

彼の思考の軌跡は、文筆家 大竹昭子さんとの4年にわたる対話が収録された『出来事と写真』(赤々舎・2016年出版)や、2016年11月〜2017年1月にかけて、せんだいメディアテークで開催され大きな話題を呼んだ『畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景』の記録『まっぷたつの風景』(赤々舎・2017年7月出版)からも伺うことができます。

DSCN7366

DSCN7367

AIR CAMPでは、3日目に、講師の一人である日沼禎子さん(陸前高田AIRプログラムディレクター)が聞き手となって、畠山さんのお話を伺います。

1日目、2日目と、陸前高田市内を見て回ったり他の講師の方々の話を聞いた後で、それぞれがじっくり考えることのできる時間になるのではないでしょうか。

※タイムスケジュールについてはこちらか、チラシからご確認ください。

チラシDLはこちらから

ーーーーーーーーーーーー

【参加者募集要項】

日程:2017年9月22日(金)~24日(日)*二泊三日の合宿

対象:日本国内でAIR事業を運営している方、AIR事業開始を検討中の個人・団体、地方自治体・まちづくりに携わる方、コミュニティとアート、東南アジアのアートに関心のある方

定員:15名(先着順)

申込締切:9月11日(月)

参加費: 30,000円
2泊朝食付き、全プログラム参加費、いわて花巻空港やJR一ノ関駅までの送迎・視察の移動費含む。
※交流会は別途参加者負担
※当宿泊施設は全てツインルームになります。1名での参加の場合は相部屋になりますので、ご了承ください。
滞在場所:箱根山テラス

参加申込(受付終了)

参加ご希望の方は、メールにて、お名前、性別、郵便番号、住所、電話番号、応募動機(ご自身の活動に関連付けて、200字程度でお書きください)、3日目のランチ予約の有無をご記載の上、以下のアドレスまでお申込みください。

info@s-air.org (担当:松田)

【AIR CAMP】講師紹介 アレック・ステッドマン(Cemeti – Institute for Art and Society)

AIR CAMP 2017 in 陸前高田」 2日目にお話いただく講師の紹介、5人目は、インドネシアの「Cemeti – Institute for Art and Society」共同チーフキュレーター、Alec Steadman(アレック・ステッドマン)さん。

alec

Cemeti – Institute for Art and Societyの前身となる、Cemeti Gallery(その後、Cemeti Art Houseと変遷)は、1988年設立というインドネシアで最も古い現代アートのプラットフォーム。

ALEC_Tisna Sanjaya, Art and Football for Peace, 2000 (1)s
Tisna Sanjaya, Art and Soccer for Peace (2000)

↑アーティストのTisna Sanjayaが、2000年にCemetiとともに開発した共同プロジェクトより。Tisna Sanjayaは地元のサッカーコミュニティと協働し、Cemeti近くの競技場で一週間に渡るサッカー・トーナメントを開催。ピッチは竹のマットをペインティングした旗で囲まれ、サッカーゴールは竹で制作。終了後、それらを展示した。アーティストとサッカーコミュニティとの間に新たなつながりが生まれ、これを機にアーティストと女性によるサッカークラブが結成された。

ALEC_Revitalisasi Seni Tradisi, 2007 (2)s
Traditional Art and Culture Program (2007 – 2008)

↑5000人以上の人が亡くなった2006年のジョグジャカルタ地震によって被害を受けた、5つの村の文化的・芸術的生産を復活させることを目的に、地元の10のNGOとコラボレーションして実施した救援プログラムより。

そして、30周年を迎える2017年、Cemeti – Institute for Art and Societyと名前を変え、新たなチームに引き継がれました。

30年の歴史を持つCemetiからは、経済的な側面から見た運営にまつわる実践的な話も聞けそうですが、今年再スタートを切るにあたり、歴史ある組織の構造改革をどのように行ったのかも、興味深い内容だと思います。

どうぞお楽しみに!

※タイムスケジュールについてはこちらか、チラシからご確認ください。

チラシDLはこちらから

ーーーーーーーーーーーー

【参加者募集要項】

日程:2017年9月22日(金)~24日(日)*二泊三日の合宿

対象:日本国内でAIR事業を運営している方、AIR事業開始を検討中の個人・団体、地方自治体・まちづくりに携わる方、コミュニティとアート、東南アジアのアートに関心のある方

定員:15名(先着順)

申込締切:9月11日(月)

参加費: 30,000円
2泊朝食付き、全プログラム参加費、いわて花巻空港やJR一ノ関駅までの送迎・視察の移動費含む。
※交流会は別途参加者負担
※当宿泊施設は全てツインルームになります。1名での参加の場合は相部屋になりますので、ご了承ください。
滞在場所:箱根山テラス

参加申込(受付終了)

参加ご希望の方は、メールにて、お名前、性別、郵便番号、住所、電話番号、応募動機(ご自身の活動に関連付けて、200字程度でお書きください)、3日目のランチ予約の有無をご記載の上、以下のアドレスまでお申込みください。

info@s-air.org (担当:松田)