カテゴリー: Daily Log

いよいよ搬入!取材!

いよいよ搬入スタートです。

25484993_10208964916194915_900620612_o

刷毛で着々とポスターを壁に貼っていくエヴァ・ジェルソン。

“いよいよ搬入!取材!” の続きを読む

広告

北海道教育大学岩見沢校でのレクチャー

北海道教育大学岩見沢校 芸術・スポーツビジネス専攻 NPOマネジメント研究室の授業「メセナとファンドレイジング」の時間に、招へいアーティストのエヴァ・ジェルソンとマリーン・イムがレクチャーを行いました。

DSCN8074

“北海道教育大学岩見沢校でのレクチャー” の続きを読む

【AIR CAMP】講師紹介 畠山直哉

AIR CAMP 2017 in 陸前高田」3日目にお話いただくのは、写真家の畠山直哉さん。

mirai_hatakeyama
映画『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』より

畠山さんは自然、都市、写真の関わり合いに主眼を置いた、一連の作品を制作。石灰石鉱山の連作、東京の建築空間や水路を被写体にした作品群で注目を集め、国内外の数々の個展・グループ展に参加。2001年にはヴェニス・ビエンナーレ日本代表の一人にも選出された、世界的な写真家です。

2011年の東日本大震災以降は、故郷である陸前高田の風景を扱った作品を発表し、2012年には写真集『気仙川』、2015年には『陸前高田 2011-2014』(ともに河出書房新社)を刊行。

陸前高田に通って写真を撮り続けること。

写真は何をするのか?

彼の思考の軌跡は、文筆家 大竹昭子さんとの4年にわたる対話が収録された『出来事と写真』(赤々舎・2016年出版)や、2016年11月〜2017年1月にかけて、せんだいメディアテークで開催され大きな話題を呼んだ『畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景』の記録『まっぷたつの風景』(赤々舎・2017年7月出版)からも伺うことができます。

“【AIR CAMP】講師紹介 畠山直哉” の続きを読む

【AIR CAMP】講師紹介 アレック・ステッドマン(Cemeti – Institute for Art and Society)

AIR CAMP 2017 in 陸前高田」 2日目にお話いただく講師の紹介、5人目は、インドネシアの「Cemeti – Institute for Art and Society」共同チーフキュレーター、Alec Steadman(アレック・ステッドマン)さん。

alec

Cemeti – Institute for Art and Societyの前身となる、Cemeti Gallery(その後、Cemeti Art Houseと変遷)は、1988年設立というインドネシアで最も古い現代アートのプラットフォーム。

“【AIR CAMP】講師紹介 アレック・ステッドマン(Cemeti – Institute for Art and Society)” の続きを読む

【AIR CAMP】講師紹介 ヌル・アクバル・アロファトゥラ(Lifepatch)

AIR CAMP 2017 in 陸前高田」2日目にお話いただく講師の紹介、4人目は、インドネシアのジョグジャカルタを拠点に活動するコレクティブ「Lifepatch」共同創設者のNur Akbar Arofatullah(ヌル・アクバル・アロファトゥラ)さん。

AkbarBW

Lifepatchは、科学者、プログラマー、デザイナー、アーティスト、キュレーターといった多様なメンバーで構成される組織で、デジタルテクノロジーを駆使し、社会における問題提起としての実践的芸術表現や、次世代の育成といった様々なプロジェクトを自主的に立ちあげ、2014年にはアルス・エレクトロニカのデジタル・コミュニティ部門で入賞。

ジャカルタ・ビエンナーレ、ジョグジャカルタ・ビエンナーレをはじめとする国際展でも作品を多数発表しており、2016年にはICCの企画展『アジアのメディア・コンシャス』でもフィーチャーされていた、注目のコレクティブです。

“【AIR CAMP】講師紹介 ヌル・アクバル・アロファトゥラ(Lifepatch)” の続きを読む

【AIR CAMP】講師紹介 杉原信幸

AIR CAMP 2017 in 陸前高田」2日目にお話いただく講師の紹介、3人目はアーティストで信濃の国 原始感覚美術祭アートディレクターの杉原信幸さん

image_sugihara

 

杉原さんには『まれびととしてのAIR、旅する原始感覚と原始感覚美術祭について』というタイトルでプレゼンテーションをしていただくのですが、彼のツイッターを拝見していると、まさに移動と制作の日々!

“【AIR CAMP】講師紹介 杉原信幸” の続きを読む

【AIR CAMP】講師紹介 ショーネッド・ヒューズ

AIR CAMP 2017 in 陸前高田」2日目にお話いただく講師の紹介、2人目はイギリス出身のダンサー、振付家のSioned Huws(ショーネッド・ヒューズ)さん。

Sionedポートレート

2008年から青森を中心に東北の伝統舞踊に着目したリサーチとプロジェクトを行い、滞在制作した作品で世界ツアーも実施。

陸前高田AIRのレジデンシー・アーティストとして2013年以降毎年招聘されており、2015年からは陸前高田のお隣、住田町に家を借り、半年間ほど滞在。

住田町の伝統芸能の一つである柿内沢鹿踊を習いながら、鹿踊の踊り手の皆さん、また国内外のダンサーも含めたプロジェクト「Odori-Dawns-Dance」を立ち上げ、伝統芸能の多層のレイヤーを解体する試みを行っています。

“【AIR CAMP】講師紹介 ショーネッド・ヒューズ” の続きを読む

【AIR CAMP】講師紹介 ウバトサット(The Land Foundation)

1日目のプログラム・講師の紹介に引き続き、今回は2日目にお話いただく講師の方々をご紹介。

まずは『The Land Foundation』のUbatsat(ウバトサット)さん。

Ubatsatポートレート

The Land Foundationは、1998年にKamin LertchaiprasertとRirkrit Tiravanijaがチェンマイ郊外の休耕田を拠点に開始した新しい土地活用のプロジェクトを前身にしており、2002年に同地にアートセンターが建てられ、現在のThe Land Foundationは2004年に設立。

人間社会の関わりの場として、対話と情報共有に視点を置いた芸術文化、持続可能な農業、瞑想による自己啓発活動などを展開しています。

“【AIR CAMP】講師紹介 ウバトサット(The Land Foundation)” の続きを読む