カテゴリー: FRONTIER Programme

帰国!

搬出が終わってすぐ、3/23にはソパルがカンボジアへ、3/27にはチュアンがベトナムへと帰国していきました。

IMG_2842

滞在中にたくさんの人と交流があったので、手紙や折り紙、人形などお土産で一杯のソパル。

なんだか愛されキャラで、たくさんの人に可愛がられていました。

カンボジアへ帰ってからは、今回の成果展をSA SA BASSACのスペースで開催する予定があるようです、楽しみ!

IMG_2857

一方、前日も行きつけの澄川TMCで最後の送別会を開いてもらっていたチュアン。

朝天神山へ行くと、刀や本の詰まった謎の塊がロビーに、、、

IMG_2861

こんなもの持ち歩けるわけない!

ということで、急遽空港まで車で送ることに。

空港前の道は見たこともないくらいの大渋滞!

IMG_2877

IMG_2873

最後までマイペースで人騒がせなチュアンでした。

4月にはすぐ、タイで自身がキュレーションするグループ展があるそうです。

(自分の身の回りのことが苦手なだけで、意外と仕事はできるのかも、、、)

ともあれ今回の札幌でのAIRは、二人にとっても新しい体験ばかりで、アーティストしてのキャパシティが確実に広がったことでしょう。

関わっていただいた方々、本当にありがとうございました!

どうぞ引き続きまた、よろしくお願いいたします。

二人の若いアーティストの今後の活躍にも、ぜひご期待ください。

IMG_2850

広告

搬出!

搬入にくらべると、搬出はあっという間です。

それ程長くはない展示期間でしたが、たくさんの方々にご来場いただきました、ありがとうございました!

IMG_2829

赤い糸でグルグル巻きにされて、ソパルの撮影にご協力いただいた方々には、小さな写真をプリントしてお渡しさせていただきました。

(こちらは真顔がハンサムと評判だった川島さん)

IMG_9277

また、お借りした写真フレームも無事に東川町文化ギャラリーへ返送、本当にありがとうございました!

チュアンもせっせと梱包中(?)

IMG_2825

IMG_2830

それ、手荷物だったら空港で止められるかも、、、どう見ても危険人物。

展覧会スタート、トークイベントも

展示が無事にスタート、ソパルが撮影にあたってお話しを聞かせていただいた方々や、撮影にご協力いただいた方々など、いつもとは違った来場者がたくさん展覧会にいらしていて新鮮な雰囲気です。

AIRを通じた不思議な縁ですね。

IMG_9258

また3/14には、北海道立近代美術館の企画で来道中だった美術評論家の市原研太郎さんにもご来場いただきました。ジャカルタビエンナーレなど、近年はアジアの現代美術にも注目されているようで、話も弾みました。

12795029_1022009401204273_534402562714083389_o

そして本日は、トークイベントが開催されました、満員御礼!

二人の札幌での滞在の様子や、今回の作品の背景など、質問も尽きずに大いに盛り上がりました。

一口に現代美術といっても、日本におけるそれと、ベトナムやカンボジアにおけるそれとはまた捉え方も違うようです。

IMG_2818

IMG_9262

IMG_9273

IMG_9248

IMG_9256

トークイベント終了後も話が続き、なかなか終わりませんでした。

また、送別会も兼ねた打ち上げにもたくさんの方々に遅くまでお付き合いいただきました。

ありがとうございました!

IMG_9320

インストール中

いよいよ搬入が始まりました!

直前まで制作や撮影が続いていましたが、無事に搬入がスタート、今回は三日間を確保しています。

会場が閉まった後も、帰ってキャプションや解説などの文章を書くなど、オープンまではなかなか忙しそうです。

S__29097986

おおよそのレイアウトは考えていたものの、実際に出来上がってきた二人の作品を見ながら、配置のバランスなどを検討していきます。

やっぱりチュアンの作品も壁を使った方がいいかも、、、

その分のソパルの作品は、どうやって展示しよう。

台座の色を変えた方がいいかも。

S__29097987

S__29097988

慌ててカナリヤに買いに行った布ですが、やっぱり使わない方が合ってるかも。

ソパルの写真は枚数もあり、額装だけでも一苦労。

S__29097989

IMG_8942

今回は、東川町国際写真フェスティバルで有名な、北海道は東川町の東川町文化ギャラリーから展示用のフレームをお借りしました。

http://www.photo-town.jp/gallery/

本当にありがとうございました!

S__29097990

IMG_8945

展覧会スタートは3/12(土)からです。

ただし今回は初日にオープニングイベントはなく、二人のアーティスト・トークを3/18(金)の19:00〜 1時間程度行う予定です。

作品についての解説や、滞在での経験などを話してもらう予定です。

どうぞお誘い合わせのうえ、ご来場ください。

ベトナム、ベトナム!

IMG_0615

以前、きたえーるの弓道場に見学に行った際にご紹介いただいた、榎本さんのお宅へお邪魔しました。

榎本さんは、北海道に住むベトナム人に対する支援を行う団体で活動しています。

特に外国人技能実習制度で入国して、トラブルになったベトナム人のサポートなどを行っています。

IMG_0733

チュアンはまだトラブってはいませんが、ベトナムから来たということで、ぜひご飯でも、とご自宅へ招いてくださいました。

なんとも豪華な手料理の数々!

その後は、ソパル(from カンボジアだけど)に着物を着付けていただいて記念撮影。

似合う、、、

12833384_1011728232228403_1239721953_n

IMG_0759

完全に主役をとられてしまったチュアンはちょっと寂しそうです。

スノートレッキングと撮影

ソパルの撮影もどんどんノってきています。

今日はさっぽろ天神山アートスタジオでボランティアをされている、川島さんの撮影。

IMG_0662 2

以前インタビューした際に、川島さんのお父さんが、月寒のアンパン道路敷設に関わっていたことをお聞きしました。

アンパン道路とは、当時敷設に従事した陸軍兵士にアンパンが支給されたことからついた名前です。

http://www.e-honma.co.jp/history.html

記念アンパンも購入、撮影もアンパン道路で行われました。

雪が深い、、、

12837193_886279301484787_911322051_o

その後、川島さんのご友人でもある料理店の方もご紹介いただきました、感謝!

IMG_0655 3

一方チュアンは、、、

いきなり丸刈り!

IMG_2624

地方ヤンキーからタイの僧侶へジョブチェンジ?

急に徳を積みすぎですが、突然髪を切りたくなって、カミソリで剃りあげたそうです。

なんだか清々しいですね、けっこう似合っているところが悔しい。

作品の目処はだいたい立っているから大丈夫だと言い張るので、札幌芸術の森の野外美術館でスノートレッキングを体験してきました。

冬期間はかんじきを履いて、野外彫刻を歩いて周れるのです。

地域の小学生などもたくさん来ています。

S__29958148

IMG_2586

こんなふうに美術館の事務所でかんじき(無料!)をお借りして、イザ出発。

おお、ぜんぜん沈みません!

IMG_2596

IMG_2600

IMG_2606

雪に埋まった砂澤ビッキ作品や、宮脇愛子作品なども見て回ります。

最後にたどり着いたのは佐藤忠良記念子どもアトリエ。

おおきなかぶの絵本はチュアンもベトナムで見覚えがあるそうです。

(本当か!?ちょっと怪しい、、、)

12736172_562128607283133_432302706_n

ともあれ二人展スタートも迫ってきています、ラストスパート!

ソパル撮影、マリヤ手芸店

本日はついにマリヤ手芸店で撮影です。

ソパルが来日して早くも一ヶ月、なんと初めての撮影!

斜め横断歩道を歩く姿にも、さすがフォトグラファーとしての意気込みが感じられます。

「いよいよやったるで〜!」

IMG_2509

前回お話いただいた、お母さんとの思い出の人形と一緒に撮影させていただきました。

IMG_2522

3Fギャラリーで撮影したのち、ご自宅の仏間にお邪魔しました。

息子さんの松村耕一さんが新しくデザインされたご自宅ですが、一室だけ以前の仏間をそのまま残しているそうです。

家族の歴史がぎゅっと詰まった一部屋です。

ずっと絵を描かれていたご長男や、インテリアデザインを学ばれていた娘さんなど、ご家族には美術関係の方が本当に多いです。

IMG_2549

IMG_2539

部屋の中には、時代を重ねて受け継がれたコレクションや思い出の品などが、所狭しと積み上げられて、まさにいま横浜美術館で開催中の、村上隆のスーパーフラット・コレクション展ポスターのような風格。

http://yokohama.art.museum/special/2015/murakamicollection/index.html

こちらでも無事に撮影することができました。

3Fギャラリーで撮った写真とどちらが展示されるかは、アーティストの判断次第なので、ぜひ展覧会場に確かめにきてください。

IMG_2515

最後に、松村智恵子さんからニットをソパルにいただきました。

20年以上も前に、近所の毛糸屋さんがデザインして販売していたものだそうで、今ではなかなか見られない非常に凝ったつくりをしています。

ご協力ありがとうございました!

写真ができたらまたお伺いします。

展覧会へむけて、、、チラシも到着!

二人展のためのリーフレットも到着しました、お洒落、、、!

今回は、大西広告事務所の小島歌織さんのデザインです、ありがとうございます!

さっそくドシドシ配らなければ。

IMG_2344

チュアンは、メジャー片手に会場を再び下見です、ソパル作品との棲み分けが難しそう。

ちょうど北海道教育大学の卒業制作展、二期目が開催中でした。

IMG_2347

S-AIR事務所へ徒歩移動、途中の不思議な看板の前で。

こちらもまたクールジャパンです。

IMG_2357

S-AIR事務所では、昨年の秋に森美術館でおこなわれたディン・Q・レの個展の図録を熱心に見ていました。

ベトナムを代表するアーティストで、チュアンも強く影響を受けています。

チュアンは、ベトナムではこのディン・Q・レの運営するスペース、Sàn Artで現代美術のイロハを叩き込まれてきました。

IMG_2364

一方のソパルは、お隣のハレバレシャシンさんにお邪魔して、写真のプリントのことや、展示用フレームなどを相談。

写真の展示には、美術とはまたちょっと違った特殊な方法があります。

専門店に頼まなければならないものもあって、国が違うとなかなか勝手がわからず難しいのかもしれません。

IMG_2575

IMG_2576

ともあれ、会期も迫ってきています。

ちょうどハレバレシャシンの山本顕史さんの個展も、3/5からスタート。

準備でお忙しいところ、ありがとうございました。

マリヤ手芸店

マリヤ手芸店の松村智恵子さん(なんと八十八歳!めでたい米寿です)にお話をお聞きしました。

1926年に創業したマリヤ手芸店、市内でも中心部のど真ん中、札幌時計台のすぐとなりにあります。

http://www.mariya3.com/

IMG_2498

IMG_2538

昔からクラフトの材料や日本人形などの販売、また各種手芸講習会もおこなっています。

札幌でものづくりをおこなう人であれば、知らない人はいないのではないでしょうか。

IMG_2484

IMG_2485

ちょうどひな祭りということで、店内3Fのクラフトギャラリーでは、雛人形の展示が行われていました。

明治や昭和初期からの古いものや、マリヤ手芸店の教室でつくられたものも並びます。

IMG_2494

IMG_2534

IMG_2536

店内には、売り物以外にもたくさんの種類の人形が並べられていました。

半分趣味と言いながらも、旅行で行った先々で買い求めた人形の数々は、かなりのボリュームで見応え充分です。

創業者の本間テイさんの長女である松村智恵子さんに、お母さんの思い出や、当時のお店の様子などをお聞きしました。

IMG_2481

IMG_2495

三代目代表の松村耕一さんからも、当時のこのあたりの様子や市電のお話などを、お聞きしました。

マリヤ手芸店はお店兼住居ですが、同じく周りで商売などをされていた方々は、貸しビルなどにかわって次々と引っ越してしまい、すっかり寂しくなってしまったそうです。

耕一さんは、現在、札幌中心部のまちづくりにも関わっています。

IMG_2488

戦時中に智恵子さんのお母さんがお土産として買ってきてくれたという人形を、見せていただきました。

手芸材料を仕入れに東京や京都を飛び回っていた、活動的なお母さんだったそうです。

他にも、昨年芸術の森美術館で個展が開催された笠井誠一さんが実の弟さんだったりと、おもしろい家族の歴史がもり沢山で、あっという間に時間がたってしまいました。

http://artpark.or.jp/2015/01/21/%E7%AC%A0%E4%BA%95%E8%AA%A0%E4%B8%80%E5%B1%95/

12784538_881002515345799_589921908_n (1)

長時間ありがとうございました!

後日、智恵子さんに撮影のモデルをお願いしました、また来ます!

石狩へスタジオ訪問

札幌から一路石狩へ、彫刻家の川上りえさんのスタジオ兼ご自宅へお邪魔しました。

雪!

敷地が広いせいもありますが、とにかく一面の雪景色。

IMG_2418

スタジオへ入るための雪かきをお手伝いするチュアン。

ひょっとして人生初の除雪?

IMG_8384

主に金属を素材として制作している川上りえさん、立派なスタジオに圧倒されています。

奥には除雪機も、、、

IMG_2420

IMG_2421

IMG_8391

中に入ってしばし休憩。

陽の光が差し込んでイイ感じ、洒落たボサノバでも聞こえてきそうです、ku:nelか!

IMG_2434

たまらず腹筋しだすチュアン。

IMG_2428

お昼をいただいてから、ご近所へお邪魔しました。

ソパルのリサーチの一環で、家族のなかで一番上の世代の方に、思い出や人生観などをお聞きしているのです。

お伺いしたお宅はこの地区で一番大きな農家なので、いろいろと歴史のあるものが置いてあり、お話を聞かせていただきました。

入口だけでも、古い金庫や鹿の角、日本刀、奥には雛人形も。

IMG_0632

IMG_0629

IMG_8601

なぜか急遽!スノーモビルに乗せてもらえることに!

IMG_8463

IMG_8475

ゴツいスノーモービルが登場しました。

こんな感じで、、、

行ってきます!

IMG_8478

IMG_8481

IMG_8493

家の前の敷地(夏は水田)をちょっと走っただけですが、、、

こんなんなりました。

IMG_8504

ソパルも!

平らな場所だと、100km/hくらいのスピードで走るそうです。

これはさすがにベトナムでもカンボジアでもなかなか体験できないのではないでしょうか。

IMG_8558

IMG_8566

IMG_8603

その後チュアンは、大規模農家の経営についてもいろいろと質問していました。

ここにはスノーモービルだけでなく、農薬散布用のヘリコプターやコンバイン、トラクターなどもあって、かなり機械化が進んでいるようです。

一方、チュアンの住むベトナムのフエ市では、八割くらいの人が農業にたずさわっているも、まだまだ手作業でおこなわれている部分がほとんどだそうです。

そこから望来の方へ足を延ばし、冬の日本海を見にいきました。

とにかく寒い!

IMG_8659

けどなぜか元気なチュアン。

IMG_2441

ソパルと川上りえさん。

IMG_2453

IMG_2462

IMG_8661

見るからに暗くて寒そうですな海ですが、この海景色も、冬の北海道ならでは。

段々天候は崩れて、最後はホワイトアウトでした。

IMG_2470