カテゴリー: 500m Museum

500m美術館「景 風 趣 情」アーティスト・トーク音声記録

2013年11月17日(日)に、美術評論家の松井みどり氏をゲストにお招きして開催した、「景 風 趣 情」の出展作家3名による
アーティストトークの音声記録を下記リンクよりお聞きいただけます。
https://www.dropbox.com/s/8vfabc32xz53ucb/DS600580.mp3?dl=0

開催概要
2013年11月17日(日曜日) 17:00~19:00 

CAI02 札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2(地下鉄大通駅1番出口)

出演アーティスト:伊藤存、小川智彦、ニシジマアツシ
モデレーター:松井みどり(美術評論家)

マシュー・コーワンとイェジイ・ゴリシェフスキのトーク&懇親会

6/25(火)開催!S-AIR招聘作家によるアーティスト・トーク&懇親会のお知らせ
Artists’ Talk on Tuesday 25 June by S-AIR Residents – Matthew Cowan (New Zealand) and Jerzy Goliszewski (Poland)

Matthew Cowan (left) and Jerzy Goliszewski (right) 左がマット、右がイェジイ
Matthew Cowan (left) and Jerzy Goliszewski (right)
左がマット、右がイェジイ

S-AIRでは、2013年度夏期レジデンスプログラムで札幌に2ヶ月間滞在制作中のマシュー・コーワンとイェジイ・ゴリシェフスキによるアーティスト・トークと歓迎会を行います。

ニュージーランドの作家マシュー・コーワンは、その土地に息衝く民俗芸能などから発想を得て、コスチュームやパフォーマンス、インスタレーション、映像、写真等を用いて制作します。イェジイ・ゴリシェフスキは、大学ではグラフィックデザインや絵画を専攻、ワルシャワを拠点にインスタレーションやグラフィックデザインのコンセプトを交えた作品も制作します。
両作家は、8月初旬から開催される500m美術館vol8「旅するアート」展に出品予定です。

今回のトークでは、彼らの活動を紹介、またその後は懇親会を行います。軽食も用意しておりますので、是非お気軽にお立ち寄りください。

日時 6月25日(火)19:30~
会場 CAI02(札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2) 011-802-6438
入場 500円(ワンドリンクつき&軽食)差し入れ大歓迎!

Date: 19:30 Tuesday 25 June 2013
Place: CAI02 (B2 Showa Building, Odori West 5, Chuo Ward, Sapporo) 011-802-6438
Entrance: 500 yen (1 drink with food) very welcome to bring your own food!

 

〈アーティスト・プロフィール〉

マシュー・コーワン
Matthew Cowan
http://www.matthewcowan.net

イギリスやヨーロッパの伝統的な習慣を題材にした制作をするアーティスト。長い時間をかけ定着したその地域の風俗や習慣が、現代社会でもなお息衝いている、そのもの固有の奇妙さを、写真、映像、インスタレーション、パフォーマンスで表現する。
2009年には、English Folk Dance and Song Societyの本部である、Cecil Sharp Houseでアーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加した。その他近年では、ニューヨークのArt OMI、Aberystwyth Art CentreでのLaura Ashleyレジデンス、guestroom mariborというスロベニアでのヨーロッパ文化主都プログラム、カナダケベック州のEst-Nord-Est等のレジデンスに参加。
近年では、ニューヨークのNurture Art、ロンドンのAgency Gallery、Swiss Cottage Gallery、the Bunhouseでの個展、その他ロンドン、エジンバラ、ニューヨークでのグループ展がある。

Matthew Cowan’s practice is in the realm of traditional British and European customs. His works are photographs, videos, installations and performances, which play with the inherent strangeness of the continued popularity of long established folk customs in a modern world.

For the year 2009, Matthew Cowan was the artist in residence at Cecil Sharp House, the headquarters of the English Folk Dance and Song Society. Other recent residency projects have been at Art OMI, New York, the Laura Ashley residency at the Aberystwyth Art Centre, Maribor, Slovenia for the European Capital of Culture programme guestroom maribor, and at Est-Nord-Est, Quebec.

Recent solo shows have been at with Nurture Art in New York, Agency Gallery, Swiss Cottage Gallery and the Bunhouse in London, as well as group shows in London, Edinburgh and New York.

 

イェジイ・ゴリシェフスキ
Jerzy Goliszewski
www.jerzygoliszewski.com

1981年ワルシャワ出身在住。ワルシャワ・アカデミー・オブ・ファインアーツで絵画とグラフィックデザインを学ぶ。2008年Józef Szajna Competition、2010年CEC ArtsLink Awardで大賞を受賞。インスタレーション、絵画、グラフィックデザイン、サイトスペシフィック作品などを制作する。素朴な素材を用いて、複雑で多層な構造をつくりだすことに興味があり、ワルシャワのGaleria Le Guern、Zbigniew Raszewski’s Theatrical Institute、Galeria Miejsce、米国クリーブランドのSPACE等で作品を発表する。オロンスコにあるPolish Sculpture Centre、そしてWola Art Festivalの一貫としてthe Polish Sculpture Centreで開催された6th Triennial of Young Artistsに参加。

Jerzy Goliszewski was born in 1981 in Warsaw, where he lives and works. He studied painting and graphic design at the Warsaw Academy of Fine Arts. Winner of the first prize in the Józef Szajna Competition in 2008 and of the CEC ArtsLink Award in 2010. He practices installation art, painting, and graphic design as well as carrying out site-specific projects. He is most interested in complex, multi-level structures, which he creates using simple materials. His works have been presented in Warsaw, at Galeria Le Guern; Zbigniew Raszewski’s Theatrical Institute; Galeria Miejsce, amongst others, as well as at SPACES, Cleveland. He has also participated in the 6th Triennial of Young Artists at the Polish Sculpture Centre in Orońsko, and in the Wola Art Festival.


《お問い合わせ》
特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
http://www.s-air.org
060-0906 札幌市東区北6条東2丁目2-10 3F-A
011-299-1883
info@s-air.org
※札幌駅北東側卸センターに引っ越しました!

500m美術館アートマネジメント・チーム「500メーターズ」結成 ボランティア・メンバー大募集!!

2013年5月、500m美術館の企画・制作・管理など運営業務にボランティアとして参加するアートマネジメント・チーム「500メーターズ」を結成します。そこで、500メーターズの第1期メンバーを募集します。

■ 「500メーターズ」とは?
札幌大通地下ギャラリー500m美術館では、市民の皆さんが日常的に芸術作品に触れる機会を作り出していますが、そのためには作家と市民の皆さんとを結びつけるアートマネジメントに通じた人材の育成が大変重要な任務となっています。今回結成する「500メーターズ」は、まさに将来のアートマネジャーを養成する現場となるものです。第1期メンバーは限定20名。毎月1度、CAI02やS-AIRに集まり企画立案のミーティング、500m美術館の運営についてのマネジメント会議を行います。その中で、2014年2月に開催されるウォール部分132mの壁をつかった展覧会「500メーターズproject 001」(予定)の企画立案、管理・運営を行っていきます。
各回のミーティングにはアドバイザーとして、大学教授、学芸員、アートマネジメント研究者、ギャラリストやアートディレクター、アーティストなど第一線で活躍しているアート関係者をお招きし、展覧会の企画や運営、アートにまつわる助言などを受けながら、500メーターズの活動を通してアートマネジメントを実践的に体験します。

■ 2013年度500m美術館年間スケジュール予定
2013年4月27日(土)〜7月25日(木)
 「質感覚 -Sensitivity to Texture-」
2013年8月 3日(土)〜10月25日(金)
 「旅するアート」(予定)
2013年11月2日(土)〜 1月24日(金)
 ガラスケース部分「ソロプロジェクト」(予定)
 ウォール部分「SAPPORO ART MAP 2013」(予定)
2014年2月1日(土)〜3月28日(金)
 ガラスケース部分「第2回札幌500m美術館賞グランプリ展」
 ウォール部分「500メーターズ project 001」(予定)

■ 500メーターズの活動予定
・500m美術館の搬入設営、搬出撤去、アーティストの制作サポートなどを通じて、アーティストと交流し、現代美術の現場を体験する機会を得る。
・毎月1度、企画立案のミーティングや500m美術館のマネジメント会議に参加する。
・2014年2月に開催予定の、500m美術館ウォール部分132mにおける展覧会の企画立案・設営・制作・管理・運営等の業務に携わる。

■ 500メーターズ申込方法
500m美術館ホームページなどからメールにて受付。
第1期募集定員20名:全ての日程に参加できなくても構いませんが、可能な限りご参加いただける方を優先します。
参加条件: アートマネジメントに興味があること。500m美術館をよりよくしたい方。ボランティアであること。
応募〆切: なし(随時募集受付、定員になり次第締め切ります。応募者多数の場合は面接審査する場合もあります。)

■ 500 メーターズ 活動スケジュール予定
こちらからダウンロードいただけます。

〈お問い合わせ先〉
有限会社クンスト(CAI現代芸術研究所)
札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2 CAI02
Tel 011-802-6438
Mail sano@cai-net.jp

Call for submissions! S-AIR Residency Programme -FRONTIER- 2013

Residency Opportunity for international artists – calling for sumissions!
60 day programme between early June – mid Aug 2013 (Exact dates to be arranged with S-AIR)
http://www.s-air.org/air.html

About S-AIR
S-AIR was established in 1999 partially funded by The Agency for Cultural Affairs to run an artist-in-residence programme in Sapporo, Japan. Since registered as a non-profit organisation in 2004, S-AIR started a collaborative residency project with ICC, in which we have been building networks with Japanese and international artists as well as art institutions in Japan and overseas. S-AIR has hosted 77 artists in total from 32 countries and regions over the period of 13 years (as of March 2013).

Call for Applications
NPO S-AIR is offering an opportunity to one artist for a residency up to 60 day in Sapporo, Japan.

S-AIR will provide the successful candidate with the opportunity to learn about Sapporo, Hokkaido and Japan, communicate with local artists and community, and to establish networks and dialogues between Japanese and international artists. Artists who practice in any form of visual and fine art are welcome to apply for this position as long as they meet the requirements stated below.

The candidate will be expected to produce new works experimenting in their own field and present their work in a group exhibition, Travelling Art, opening on 3 Aug ending on 1 Nov 2013 at Sapporo 500m Gallery (Please read the separate document about the exhibition and the requirements). A collaborative work or project within the community is desirable. The visiting artist will also be required to give either a lecture or a workshop during the residency and to provide reports of their residency to S-AIR at the end of their residency and to seek opportunities to share their experience on their return to home country – this could mean an exhibition, a series of presentations or artists talks, or publication of articles, which have to be reported to S-AIR.

Conditions and Requirements

Term of the Residency (Autumn Period)
A period of 60 days between early June – mid Aug 2013 (Exact dates to be arranged with S-AIR)

Areas of Practice
Any practise in the field of fine art or contemporary art, but you must be able to present an art work that meet the requirements and guideline of the Travelling Art exhibition at Sapporo 500m Gallery. Please read the attached project brief for the exhibition for the details.

Support 
Our support includes:
– Travel costs (up to 170,000 yen)
The travel costs will only be provided in exchange with the receipts and the boarding passes. Any receipt without the date of purchase, the amount of payment, or the name of the passenger will not be accepted.
– Material Fees (up to 100,000 yen)
Material fees will only be provided in Japanese yen and in exchange with the receipts. The participants are strongly advised to bring enough money to cover the initial expected spending ideally for the first month.
– Per diem (3,500 yen)
– Accommodation: a rented private single room, which can also be used as a working space as there is no studio space provided
– Free pay-as-you-go mobile phone rental (call credits are not included) and free mobile wifi access
– Utility bills (water, gas and electricity)
NOTE: Neither a studio space nor a computer will be provided on this programme. It is strongly advised that you bring your own laptop.

Eligibility
Applicants must neither hold Japanese nationality nor reside in Japan, and are able to exercise a degree of autonomy and self-reliance. The successful candidate must have desire and ability to communicate and interact with local citizens in English or in Japanese.

Travel Arrangements, Visa and Insurance
The successful candidates are required to arrange for their own return journey to Sapporo, visa and insurance in advance. Those who require visa or those without travel insurance are not eligible for this opportunity. To find out whether your country have visa exemption arrangements with Japan, go to the Ministry of Foreign Affairs of Japan website.
http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/index.html
http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/short/novisa.html#list

What Should Be Included in Your Application?
All materials should be provided in English. All the information provided in the application may be used to promote and document the programme, which may be accessible to the public and shown in print and online.

1. Complete Application Form (PDF or Word, A4)
2. Resume/CV (PDF or Word, A4)
including a list of exhibitions and educational background
3. Project Portfolio/Documentation (PDF, A4, no more than 6 pages)
A PDF portfolio/documentation including 5 major works or projects that you have produced or initiated with some descriptions and images. You may include links to project websites and videos documenting the projects.
4. Portrait Picture (Jpeg, 500pix min)
Photograph of yourself above shoulder

How to Apply
Please send the completed application through online storage services such as yousendit.com or  wetransfer.com.
Do not attach any data in your email but include the links to the server where your data is stored.

Download Application Pack (Zip File)
Application Pack can be downloaded from the link above, which includes:
– Application forms (word and pdf files)
– Application guideline (pdf file)
– Sapporo 500m Gallery ‘Travelling Art’ exhibition project brief with gallery regulations and floor plan (pdf file)

Deadline for Submission: Monday 13 May 2013 (10:00am JST)
Make sure you have read the guideline thoroughly. Late and incomplete applications will not be considered.

Please send the completed application through online storage services such asyousendit.com or wetransfer.com . Do not attach any data in your email but include the links to the server where your data is stored.

Email the link(s) from which your application data can be downloaded to: 
info@s-air.org

Final Selection
Final Selection and Announcement on S-AIR Blog (https://sairblog.wordpress.com/): Friday 17 May 2013

Enquiries
Please contact us below for any questions and enquiries:

NPO S-AIR
3F-A, North 6 East 2-2-10, Higashi-ku, Sapporo, 060-0906 JAPAN
*We moved our office to the above address in April 2013.
Telephone line to be opened soon
info@s-air.org
http://www.s-air.org

——
Join Our Mailing List!
If you would like to receive updates on our future opportunities, join our mailing list by registering at this link

ナデガタインスタントパーティーのレクチャー開催します!

ナデガタインスタントパーティーのレクチャー開催します!

ナデガタインスタントパーティーによるレクチャー開催のお知らせ
5/21(月)CAI02

Image

昨年、札幌市の地下鉄駅施設内にオープンした日本一細長い地下ギャラリー「500m美術館」。
リニューアルオープン後の第五弾となる企画展(2012年11月10日~)に、新進気鋭のアートユニット、ナデガタ・インスタント・パーティーを迎え、ガラスケースとウォール(展示面積216m)全面使った大規模な市民交流型プロジェクト「500m美術館:ナデガタ・インスタント・パーティー」の開催が決定となりました。

11月のプロジェクトにむけてのリサーチのため、ナデガタの3人が北海道に初上陸します。
そこで、5月21日(月)CAI02にてナデガタ・インスタント・パーティーのレクチャーを行います。ナデガタの今までの活動を振り返りながら、500m美術館でのプロジェクトについても話していただきます。札幌では初めてとなるナデガタのアーティストトークですので、この機会をお見逃しないようお誘いあわせのうえご参加くださいますようお願いします。

■ ナデガタ・インスタント・パーティー:アーティスト・トーク

日時: 5月21日(月) 19:30~21:00
会場: CAI02   札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2(地下鉄大通駅1番出口)
入場: 無料
主催: 札幌市(文化部国際芸術展担当課)
企画: 500m美術館企画委員会
協力: CAI現代芸術研究所

■ Nadegata Instant Party (中崎透+山城大督+野田智子)

口実化した目的を達成するために他者を誘い合わせ、ひとつの出来事をつくりあげる本末転倒型オフビートユニット。 2006年12月結成。主なプロジェクト に、ネット上でコミュニケーションを図った人たちと「オフ会」的に出会い、40名の素人ダンサーと共に一日でダンス公演を作り上げた「Offline Instant Dance」(Akasaka Art Flower 08、2008、東京)、100名を越える市民スタッフと共に24時間だけのインターネットテレビ局を開局し、壮大なプロジェクトが大きな話題となった 「24 OUR TELEVISION」(国際芸術センター青森(ACAC)、2010、青森)などがあり、2012年は新潟水の土芸術祭、東京都現代美術館MOTアニュアルなどに出展予定。
http://www.nadegatainstantparty.org

〈お問い合わせ〉
500m美術館企画委員会事務局
NPO法人 S-AIR(エスエア)
〒062-0901 札幌市豊平区豊平1条2丁目1-12
インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC) 401
電話:011-820-6056 FAX:011-820-6057
(10:00~19:00 土日休み)

〈500m美術館・施設についてのお問い合わせ〉
札幌市役所国際芸術担当課 011-211-2314(8:45〜17:15 土日祝休み)

5/12(土)より開催!500m美術館「日常の冒険」展

5/12(土)より開催!500m美術館「日常の冒険」展

500m美術館いよいよ今週土曜日新しい展覧会の開催です。
今回は道内で活躍中の地元アーティストの他、道外からも4名の注目すべきアーティストが出品します。
現在アーティストたちは目下搬入中!今週大通駅からバスセンター前のコンコースに立ち寄られて、目撃された方も多いのでは?
オープニングの日には、ギャラリーツアーも開催予定ですので、お誘い合わせの上お越し下さい。

———————————–
「日常の冒険ー日本の若手作家たちー」展開催のご案内

2012年5月12日~7月27日
http://500m.jp/exhibition/725.html

「日常」というヴェールを一枚めくってみたら、そこにはどんな光景が広がっているでしょう。自由な夢想?それとも空虚な現実?
しかしそれもまた「日常」の別の姿なのです。何層にも重なったこの「日常」の厚みの中に私たちは生きています。
さあその間(あわい)をめぐる冒険に出かけましょう。道案内をしてくれるのは、絵画、彫刻、インスタレーション、映像、写真などさまざまな分野で札幌と日本と、そして世界のアートシーンの将来を担う若手作家たちです。
地下コンコースという日常の中にギャラリーという新しい日常を作り出した500m美術館ならではの企画展。どんな発見があるか、ワクワク・ドキドキです。

(500m美術館企画委員会委員長 北村清彦)

▶▶「日常の冒険展」ギャラリーツアー 開催

日常の冒険展に出品している作家が自作の前で作品解説を行います。
3名の道外作家(今村遼佑、狩野哲郎、山本聖子)につきましては、作家本人から直接、
作品解説を聞くまたとない機会ですので、皆様是非お越しください。
16時に地下鉄バスセンター前駅側 (11番の清治拓真作品前)からスタートし、
トータル1時間30分程度を予定しています。

日時 2012年5月12日(土) 16:00~17:30(予定)

会場 500m美術館 各作品前

観覧無料

———————————–
日常の冒険ー日本の若手作家たちー

会場 500m美術館(地下鉄「大通駅」〜地下鉄東西線「バスセンター前駅」地下コンコース内)
会期 2012年5月12日~7月27日
主催 札幌市(文化部国際芸術担当課)
企画 500m美術館企画委員会

札幌大通地下ギャラリー 500m美術館HP
http://500m.jp

▷各種お問い合わせ
〈500m美術館・施設についてのお問い合わせ〉
札幌市役所国際芸術担当課 011-211-2314(8:45〜17:15 土日祝休み)
〈企画・作品に関するお問い合わせ〉
500m美術館企画委員会事務局 NPO法人S-AIR 011-820-6056(10:00〜19:00 土日祝休み)