S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記④

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドに滞在していた小林知世さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

いよいよ最終回!


8/20 【20日目】

YU内にあるプリントショップにいらっしゃるクリスさんが、私達のためにワークショップを開いてくださいました。各々の強いこだわりにも丁寧に親切に答えてくれます。

普段、子供向けのワークショップもやっていて、レゴを使った簡単なプリントも見せていただきました。

夜はいつも私達をサポートしてくださるみどりさんのお宅で素麺・蕎麦パーティー。音楽、デザイン、色んなお仕事をしているみなさんと過ごせた貴重な時間でした。

図1

8/21 【21日目】

ポートランドやサンフランシスコでキュレーター、ライター等をされている、Ashley Stull Meyersさんのスタジオ訪問。

何度かのスタジオ訪問を経て、今自分の興味がどこに向かっているのか考えさせられます。少しずつここでの体験が自分の制作に織り込まれてきて、制作が楽しいです。

図2

8/22~25【22日目〜25日目】

制作はラストスパートに入りました。

マット曰く今年は制作に時間をかけるメンバーが多いと。マットとキーナンは遅くまでスタジオに残る私達に毎日付き合ってくれます。本当に有難うございます…

夜は餃子パーティーをしたり、休息も取りつつ頑張ります。

図3

8/26 【26日目】

いよいよオープンスタジオです。17:00-20:00の限られた時間ではありましたが、沢山の人が来てくださいました。

YUのスタジオに滞在しているアーティスト、前半に行ったギャラリーで出会った方、学芸員の方、アーティストのご家族。オープンスタジオは初めての経験でしたが、今まで自分が経験した展示を含めても、最も鑑賞者とコミュニケーションをとることができたと思います。片言の英語ではありますが一生懸命作品の説明をして意見交換するのは本当に楽しい時間でした。

図4

図5

図6

8/27【 27日目】

記録写真を撮ることに専念。

学生時代映像専攻だったり、インスタレーションの作家が多いので記録の仕方、とても勉強になりました。

図7

8/28 【28日目】

パウエルブックスにリベンジ。この階はフロアの半分が美術書です。近くにあるZINEショップや最後に行っておきたいローカルなお店を周りました。

参加メンバーによるナチュラルダイworkshop開催の様子。

図8

8/29 【29日目】

お土産のコーヒーを買いたいと話していた私達を、マットがお気に入りのコーヒー屋さんに連れて行ってくれました。

ここはみんなが集まるお店で、チェーン展開しないし、変に洒落てもない。自然体のポートランドだよ、というマット。店内のレコードプレイヤーを指して、友人のバンドのだと教えてくれました。

図9

午後、制作でスタジオに缶詰だった私達にみどりさんが滝に行く提案をしてくれました!

夕飯に私を含む一部メンバーの熱い要望でダイナーへ。(映画でよく見るダイナー、夢のひとつでした…)

図10

図11

8/30 【30日目】

映画パラノイドパークに出てくるバーンサイドスケートボードパーク 最後に行くことができました。

図12

昨年と一昨年のEOS参加作家の展示がポートランドのギャラリーでオープニングを迎えました。参加作家の魅力も応募した理由の1つです。生で見ることができて感動です。

そしていよいよ最後の食事会。

図13

図14

8/31 【31日目】

まだ日も登らない朝早く、ホテルを後にしました。

一ヶ月、美術について考え、感じること、作ることに全てを注いでいい時間。仕事も年齢も違うけれど深いところで理解し合える人達と毎日を過ごすこと。

ポートランドの方はもちろん、別の場所で活動する日本人作家との出会いも私にとって素晴らしいものでした。マットはいつも真摯に私達に向き合って、芯の部分を理解し手助けしてくださいました。

経歴も語学力もない自分にこんな機会が巡って来たこと、本当に幸運で特別な一ヶ月でした。今回のことを踏まえこれから作家としてできること、取り組んでいきたいと思います。

関わってくださった皆さんに心から感謝いたします。

ありがとうございました!


小林さん、毎回素敵なレポートをありがとうございました!

後日ご本人をお招きして報告会も開催予定(札幌)です。滞在記に書ききれなかったことなどもたくさんあると思いますので、報告会もどうぞお楽しみに〜!

広告

【最終選考結果】 Points Contemporary Art Centerへの派遣プログラム

S-AIR AWARDへご応募、大変ありがとうございました。最終選考結果は以下の通りです。
選ばれたアーティストの皆さんには、個別にご連絡させていただきます。

松田壯統さん

理由) 「タブー」というのは、深く掘り下げるに値する論題です。松田さんが錦渓の歴史的な情報を調べて出したプランは、彼自身の制作の文脈においてもなにか変化をもたらすようなきっかけになるでしょう。錦渓に着いてから、地元の文化を調査し、一般的な「生と死」という概念に、彼自身の言葉で変化をもたらすことが可能となれば、今回のレジデンスで得られるものは大きいかと推測します。これまでの作品を拝見すると、多様な手法をつかって表現されていて、作品の内容と表現方法の点で成熟度・完成度が高いと感じます。

Taboo is the topic which is worth deepening. The artist collects the historical information of Jinxi, and finds a breakthrough that fits the context of his personal creation. If Matsuda could dig deeply into the local culture of Jinxi and transform it into a personalized language which differs from the general idea of “life and death”, he may benefit a lot from PCAC residency program. He has the ability to manipulate a variety of media, and his past works are mature and complete in content and form.

▶次点1
井上唯さん

理由) 
井上さんは、これまでの制作で一貫して編むという行為を通して素晴らしい表現を続けています。また、その土地のものを取り入れたり、伝統技術を使うことで、空間を実験的に活用した作品を制作しています。特に、私たちは、錦渓のような古都の、特に湖や水辺のような場所にどう呼応し、制作をするのかに興味があります。錦渓の湖などから発掘したものなどを用いるなど、地元の文化を掘り起こし、理解した上で、プランを掘り下げていくことをアーティストたちに提案していきたいと思っています。

Inoue is very brilliant in using knitting which is the main medium throughout all her creations. At the same time, she creates works playing with space by adopting objects from the local and using traditional techniques. In particular, we are very interested that if she could apply such way of creation effectively responded to the ancient town, especially its lakes, water lines. PCAC suggests that artists can deepen such implementation of the scheme after understanding and excavating the local culture, embed collected materials such as salvaged objects from Jinxi lakes.

▶次点2
鈴木悠哉さん

理由) 
私たちは、鈴木さんが提案した3つ目のプラン「Endless Back Alley」に、より興味を引かれました。錦渓には、細いものから広いものまで、多くの様々な路地があります。細い路地での魂である球の動きは、錦渓のような古都の風景には面白い視点や意味をもたらすのではないかと考えました。風景から絵画や立体作品へと変化させるという鈴木さんの他のふたつの提案のプロセスは、より違ったもの展開があれば、少し過激さがあれば良いように思います。

PCAC is more interested in the third part of the artist’s residence plan “Endless Back Alley”.There are varieties of alleys in Jinxi, wide or narrow. The movement of the sphere (soul) in narrow alleys may have very interesting perspectives and meanings in such landscape of the ancient town. For the other two parts of the artist’s project, PCAC suggests that the process of transforming landscape into painting and sculpture can be extended to a different level, some may radical.

S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記③

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドに滞在中の小林知世さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

26日のオープンスタジオに向けて、徐々に制作に割く時間が増えてきた滞在の様子を、どうぞご覧ください。

※小林さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


8/14 【14日目】

素材集めに散歩しつつ制作です。

私は街歩きしながらこの間いった画材店へ。マットはあえて家族経営の画材屋さんに連れていってくださいました。そうやってこの街の暮らしはまわっているのかも、と思います。

8/15 【15日目】

Personal Libraries Libraryへ

美術や哲学、科学の本を扱う個人のライブラリーです。私にはすぐ読まないけれど、本がたくさんです…。管理している方の楽器工房、プリント工房も見せていただきました。

IMG_1085

IMG_1087

8/16 【16日目】

Teeth and Consequenceという、ギャラリーとスタジオが一体になったスペースへ。

午後はワシントンまで足を伸ばしマウントセントヘレンズへ行って来ました。メンバーの中に山を題材にした作品を作る作家の方がいるのです。どうせならみんなでということでしたが、全員がそれぞれヒントをつかんだ日になった気がします。

IMG_1088

IMG_1089

IMG_1090

8/17 【17日目】

PassagesBookshopという美術や詩集を多く扱う古本屋でポートランドの作家のzineをゲットしました!4~7ドルほどでエディション付きのzineを購入できます。現地でしか出会えない素敵なものを見つけると嬉しいです。

26のオープンスタジオに向けて、徐々に制作に割く時間が増えて来ました。

IMG_1091

8/18 【18日目】

体が疲れてきたのもあり1日アトリエで過ごしました。マットに教えて頂いたwebサイトを見たり、ドローイングを増やしたり。

夜は景気付け(?)にステーキを焼きました。お肉を力に変えて頑張りたいところです。

IMG_8384

IMG_8458

8/19 【19日目】

モチーフ探しついでに地元に皆さんオススメのPowells books に行きます。大賑わい。

色ごとに分けられ見やすく整理されていますがとても1日では見切れないくらい広かったです。帰るまでにもう一度行こう…

IMG_8396

夕方からは富井玲子さんのレクチャー。ロバートマザーウェルブックアワードを受賞された『荒野のラジカリズム 国際的同時性と日本の1960年代美術』に関連しての講義でした。日本、また札幌という土地で美術をしたいと思う参加メンバーにとって、とても有意義な内容でした。

S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記②

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドに滞在中の小林知世さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

現地のキュレーターや学芸員の方に作品を見てもらったり、一緒に参加している日本人作家たちと制作について話したり。滞在の様子をどうぞご覧ください。

※小林さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


8/7 【7日目】

この日は初めにOregon Nikkei Leacy Center へ。ポートランドにある日本人街の歴史を説明していただきました。パールハーバーを機に激変した生活ぶりなど、アメリカにいた日本人の当時の生活を少しだけ知ることができました。特に印象的だったのは、物資がない中で作られた、鳥のブローチ。オレンジの箱の廃材でできているそうです。

IMG_0925

姉妹都市である札幌から贈られた桜にも出会えました。

IMG_0927

お昼を済ませPortland Art Museum へ。美術館の外に置いてあるピアノを弾く男の子。

IMG_0928

5階建ての建物で、ジェンダーを扱った展示、アカデミックな展示など各階でそれぞれの異なる展示が行われていました。

足元にペイントが施されていたのが面白かったです。ネズミのご飯みたいに辿るんだよと美術館の方が教えてくださいました。

IMG_0929

8/8 【8日目】

午前中はアトリエで制作、午後は気になっていたレコードショップに行ってきました。

私はポートランドで多く映画を撮っている、ガスヴァンサント監督のファンなのですが、ここには地元のミュージシャンのコーナーがあり、映画に出てくる音楽も見つけることができて個人的に大満足でした。

IMG_8078

時間が取れたので夕飯はYUのキッチンでグリーンカレーを作りました。

IMG_0931

8/9 【9日目】

制作の合間に日本のメンバーがそれぞれ自分の作品について話すことになりました。改めてしっかり話を聞くことができて充実した時間でした!やはり制作について話すと一気に距離が縮まるように感じます。(空き時間で見に行った科学館は結構キッズ向けでした)

PNCA というこちらの大学へ。Littman + White exhibition と、学生の展示を見ることができました。

6254006704_IMG_0406

夕飯は先日とは別のチャイニーズレストラン。(ホテルがチャイナタウンにあるのと、遅くまで開いているのとで、チャイニーズレストラン率が高めです)

8/10 【10日目】

Portland Art Museumのキュレーターの方が日本人メンバーの作品を見にきてくださいました。丁寧に作品を見て、ディスカッションしてくださいました。

写真はEOSのインスタグラムより

IMG_0923

夕方からは先日行ったPICAで行われているKSMOCAというアートフェアのオープニングを見に行きました。KSMOCAはポートランドの美大生とアーティストが企画したもので、今回は夏のプログラムの集大成といった感じでした。

IMG_0934

8/11【11日目】

Japanese gardens を訪ねました。戸野琢磨が作ったベースを守りながら、日本庭園とポートランドの元の自然も大切に作られた空間が美しかったです。札幌から来たという灯篭も見ることができました。

IMG_0935

お昼はハンバーガー。やっとアメリカらしいものを食べた気がします。

img_8179.jpeg

8/12【12日目】

ダラスで学芸員をされていて、2013年には六本木クロッシングでキュレーターをつとめられたGabriel Ritterさんのレクチャー。私たちの他に40人ほどが参加し「ナンセンス」という視点から日本の美術についてお話いただきました。

IMG_0938

夜、ビールを飲みにいったお店の前で『マイ・プライベート・アイダホ』でリヴァー・フェニックスとキアヌ・リーブスがバイクで走った道を教えてもらい感動…。

IMG_8198

8/13【13日目】

制作を続けながら、昨日に引き続きGabriel Ritterさんのスタジオ訪問。私にとって新しい視点で作品を見ていただける貴重な機会となりました。

写真はEOSインスタグラムより。

IMG_0922

夜は他愛のない話も制作についても話せる大切な時間です。

IMG_0941

 

S-AIR Award:小林知世さんポートランド滞在記①

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドに滞在中の小林知世さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

※小林さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


8/1 【1日目】

新千歳羽田サンフランシスコポートランド 移動日。

七月末までの正社員生活を終えて、いよいよポートランドへの出発です。この日が来るまで自分でも信じられませんでした。乗り継ぎ時間が1時間というタイトなスケジュールなのに、入国審査でレジデンスの詳しい説明を求められ早速飛行機を逃すトラブル

幸いすぐ後の便に振り替えてもらえたため、他の場所から乗り継いだレジデンスのメンバーとほぼ同時刻にポートランドで合流できました。

寝泊まりはチャイナタウンにあるソサエティホテルで、制作は車で10分ほどの場所にあるYU(イエールユニオン)で、という生活です。初日は主催のマットにホテルまで送っていただいて、メンバー6人でお勧めしてもらった中華料理屋で夕食をとりました。

時差でほぼ徹夜状態だったこともあり早めに就寝しました。

8/2 【2日目】

10時にYUに向かい、施設の説明を受けます。

私たちが使えるスタジオの他に広い展示室、キッチン、木工室、レコーディングスタジオ、プリントショップ、コーヒーの焙煎室など様々な施設が入っています。スタッフのお子さんなのか小さいこどもも絨毯に寝そべっていたり、気持ちのいい空間です。

IMG_7868

IMG_7865

夕方からはホテルから徒歩圏内のギャラリーを見学しました。平日にもかかわらず人が多いです。はしごできる距離にギャラリーが密集していて、この街の規模に対してこの数、見やすさ、いいなと感じました。

6256195056_IMG_0025

いくつかギャラリーを回った後はstudioJでウェルカムディナーでした。体験中心のこのレジデンスの概要を改めてマットから聞き、それぞれの好きな作家や作品について話したり、どうやってEOSを知ったか話したり、一ヶ月のレジデンスのはじまりを感じた1日でした。(私にとっては英語のできなさを痛感する1日でもありました…)

8/3 【3日目】

最低限必要な画材の買い出しへ。画材は日本とそう変わらない値段で、税金がないことを考えると少し高めかもしれません。ジャンクショップが特に面白く、ゴミ同然のガラクタが山のように売られていて制作する立場から見ると宝の山でした。

夕方、昨日とはまた違う場所にあるsleepy hollowというギャラリーのオープニングにお邪魔しました。ギャラリーの床にもペイントがされています!

6323251696_IMG_0046

6258164672_IMG_0049

6323247472_IMG_0045

8/4 【4日目】

朝少し時間があったので、ホテル側の橋の下で毎週やっているマーケットへ。手作りのアクセサリーや食べ物の屋台が並び、地元の人たちで賑わっていました。

6323245120_IMG_0088

お昼からはPICAギャラリーにグループショーを見に行きます。蛇をキーワードにしていて、コンセプトの扱い方がユニークで面白い展示でした。

6256194096_IMG_0097

6256191600_IMG_0093

8/5 【5日目】

夕方まで自由行動で、レコードショップを目的地にして5時間ほど街を歩きました。メインの通りから外れて住宅地なども散策したので、いろいろな面を見ることができたかなと思います。制作のヒントを見つけられたかなと思える時間になりました。

6256196784_IMG_0179

夕方、郊外にあるChicken coop contemporary というギャラリーへ。ここはアトリエスペースと居住スペース、ギャラリー、畑が一緒になった場所で、なんとギャラリーにはニワトリがいます。展示もその場所性などをテーマにしたものが行われるそうです。

IMG_7967

8/6 【6日目】

Oregon Coastへ。太平洋を見たのは初めてでした。

6323179600_IMG_0236

IMG_7995


Chicken coop contemporaryは、ポートランドっぽいスペースですね!最後は「End of Summer」という名前を体現するかのような、海辺の写真で締めとなりました。

では、次回更新もお楽しみに〜!

S-AIR Award: 風間天心さんカンボジア滞在記⑥

いよいよ最終回!S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、Sa Sa Art Projectsとの連携によりカンボジア・プノンペンに2018年1〜2月に滞在していた風間天心さんから、滞在記第六弾が届きましたのでご紹介します。

第一弾第二弾第三弾第四弾第五弾も併せてどうぞ。


2/17(土) 【カンボジア滞在31日目】

ミャンマーの旧首都ヤンゴンへ来ました。(今の首都はネピドー)

IMG_1924

同郷の友人が今年からヤンゴンで働き始めたので、職場を見せてもらいます。日本では札幌のトヨタディーラーで働いていますが、ミャンマーではこの「HTS」という会社で働くようです。「日本の会社」と「現地の会社」の共同経営らしい。

ヤンゴン市内はバイク走行が禁止されているため、移動手段は完全に「車」。しかもこの「HTS」では、ハイブリッド車の整備を専門にしています。

IMG_1908

ちなみにこのお客さんが履いているのは「ロンジー」というミャンマーの伝統衣装。特別な衣装というわけではなく、日本の着物以上に履いている人をよく見かけます。僕には「女性のスカート」というイメージが染み付いていて、何度みても違和感…。

IMG_1932

昼食は、なんだか立派そうなレストラン「ハウスオブメモリーズ」へ。ここはアウンサンスーチーさんの父、アウンサン将軍の事務所跡です。いくつかある小部屋には、事務机やタイプライターなどが置かれています。

IMG_1930

気がついたらエビ料理ばかり。ここはタイ料理寄りの味付けが多く、どれも美味しかったです。次の日は少数民族シャン族の料理を食べに行ったのですが、見た目は同じように見える料理でもいろんな香辛料を使っているためか、多種多様な味が楽しめました。

IMG_1978

首都ヤンゴンの真ん中に光り輝く「シュエダゴン・パヤー」へ。この黄金に輝く塔。遠く離れた場所からでも見つけられるのですが、近くで見ると更に巨大な印象。

寺院内部もこの塔を中心にぐるっと一周できるようになっていて、沢山の塔や仏像に囲まれています。塔の周囲には各曜日の神様が配置されており、自分の曜日の神様に水をかけると良いらしい。友人が水をかけている姿をひたすらパシャパシャ。

IMG_1944

入り口には2体の獅子。日本でいえば狛犬、シーサー。インド文明やエジプト文明にも見られるユーラシア大陸全般で見られるヤツですね。ちなみに寺院の中は土足禁止になっていて裸足で歩くのですが、もちろん超熱い。

IMG_1946

天井にはためく「仏旗(ぶっき)」正式には「青、黄、赤、白、橙」なのですが、ここにあるものは「橙」の部分が「ピンク」でした。ちなみにこの正式配色は1950年に国際統一されたのですが、日本では「紫、黄、赤、白、緑」を今でも使用しています。

IMG_1976

たまに見かけるキッズお坊さんの集団。ここでは保母さんのような女性たちに引率されながら集合写真を撮っていました。他にも集団でお経を唱える人々がいたり、この場所が厚い信仰の対象であることがうかがえます。

IMG_2018

先ほどのお寺よりも観光色が強い「チャウッターヂー・パヤー」。ここの名物は何と言っても巨大な寝仏。デカすぎて、建物がドーム球場みたいです。ミャンマーの古都「バゴー」にある寝仏と同等の大きさ、70m。

IMG_2021

ここに訪れる人たちは、巨大な寝仏を見たら一目散に帰ってしまっていますが、一応お寺なのでね、他にも見られる所はないかと探していたら奥にも広大な空間が広がっていました。

しかし誰も見当たらない。唯一見つけたのが、一人懸命にサッカーをする小さなお坊さん。

IMG_2045

日も暮れてきたので最後のお寺「スーレー・パヤー」。「スーレー」とはパーリ語で「聖髪」という意味らしく、中央の仏塔内にはブッダの遺髪が収められているらしいです。訪れた時間が夕方だったせいもあり、夕日を浴びて、とても美しく輝いていました。

IMG_2064

このお寺を中心にヤンゴン市街地が構成されており、お寺の周辺も多種多様なお店が囲んでいます。ミャンマーのお寺で売られているものはどれもカラフルな民芸ばかりで、朗らかな信仰心を感じます。

2/18(日) 【カンボジア滞在32日目】

IMG_2106

友人の部屋から見た風景。窓には「24」の番号。意味はよくわからないが、どうやら建設時に書いた番号が消されずに残っているらしい。ミャンマーではシールなどを剥がさない習慣があるらしく、特に日本製品に貼られたままのキャラクターシールや落書きなども、むしろ「日本クオリティー」の証明になるらしい。

IMG_2109 2

マンションを出たら、こんな感じの家々を通り過ぎて道路に出ます。家が木造のせいなのか、カンボジアよりも質素な生活をしている印象を受けます。そしてあらゆる場所で見かけるプラスチック製の椅子。「東南アジアといえば」と思えるぐらい、このカラフルな椅子が印象に残ります。

この日のメインは「国立博物館」。ゆっくり見れば数時間かかってしまうほど充実した内容でした。正直カンボジアは、周辺国と比べて博物館の充実具合が劣ってしまいます。きっとそれも、内戦の影響が色濃く残っているせいでしょう。発展した文化自体は他に劣らないものだったはずなのに…残念です。

IMG_2110

日本人の墓地へ。第二次世界大戦の戦没者が埋葬されている墓地。1999年の落成と、整備されたのは意外と新しい。ここからほど近い飛行場へタクシーで向かったのですが、その途中に通った裏道がなかなかなスラム街でした。きっと普通の観光客は入り込まないような地域。友人も「ヤンゴン市内にこんな場所があるんだな」と驚いていました。たまたまでしたが、カンボジアへ戻る前にミャンマーの現実を見たような気がしました。

2/19(月) 【カンボジア滞在33日目】

IMG_2192

カンボジアに戻りゆっくり休みたいところですが…二日後に控える「オープンスタジオ」に向け、スタジオにこもって作品制作をします。滞在中に撮り溜めた写真を一枚紹介。道端で売っている黄色い液体。さて何でしょう?
なんとガソリンです。もちろん街中にはガソリンスタンドもあるのですが、田舎の方へ行くと、商店で必ず売られているのがこの黄色いペットボトルです。

2/20(火) 【カンボジア滞在34日目】

IMG_2139

とうとう「オープンスタジオ」が明日に迫ってきました。こつこつと制作をする傍ら、展示作業はSSAPのスタッフ、DaraやSoklen、Sovankongに任せます。展覧会慣れしているため、あっという間に指示した場所に作品を設置してくれます。最後にライティングを決めて解散。僕はここから徹夜作業が残っています。

2/21(水) 【カンボジア滞在35日目】

11-

さぁ、始まりました。カンボジアで一日限定の展示会です。日本から持ってきた「水引」を使用した作品をはじめ、計7点を見てもらいました。SSAPスタッフの協力のおかげで、一日だけなのが勿体無いくらいの空間。

Ebb-PP2

オープンスタジオのタイトルにした作品「Surfaith」。「Surface(表面)」と「faith(信仰)」を混ぜ合わせた造語です。先日遠くまで探しにいった「い草」を用いて、カラフルな平面作品にしました。「赤、青、緑、黄」と「い草の原色」の5色しか用いていないのですが、もっと色数を感じます。床にあるのはカンボジアのお寺に奉納する敷物。そもそもこの「い草」はこの敷物を作るための素材です。生活の中に「民芸」として現れる日常的な「信仰」をテーマにした作品です。

16

Pokoさんの通訳を交えながら、いくつかの作品を説明しました。せっかく日本から持ってきた僧侶の衣装を着てみましたが、中は汗だくです。日本の僧侶は厚着ですね。カンボジアは、ほぼ袈裟一枚。

CCCC

カンボジアでよく見かける標語(スローガン)をモチーフにした作品「CCCC」。「正しい方を選びなさい。誰のための正しさか考えなさい。」と書かれています。クメール・ルージュがプノンペンに到着した際、はじめは英雄として歓迎されました。日本はおろか、現代社会全体に通底する「『正義』の不確かさ」を込めています。

45

即席の水引カーテンを施した作品。光をあてると不思議に輝くカラフルな素材に、興味を持って見てくれています。

IMG_2265

スタッフが用意してくれたご馳走。以前も紹介した「ちまき」と、もち米を使ったカラフルなスイーツ。

49

イベントの後には必ず、このバックヤードでワイワイと飲みはじめます。急遽決まった「オープンスタジオ」でしたが、たくさんの人たちが集まってくれました。この後、これもいつものごとく二次会の飲み屋に流れます。そこからは三々五々。とりあえずカンボジア滞在のピークは過ぎました。徹夜明けなのでゆっくり寝ます。

2/22(木) 【カンボジア滞在36日目】

昨日の「オープンスタジオ」を早速片付けて、作品の一部を移動します。

IMG_2180

今日から「絆フェスティバル」が開催される「CJCC(日本人材開発センター)」へ。「絆フェスティバル」は毎年開催されている日本とカンボジアの有効記念イベントです。

IMG_2184

カンボジア人も「桜」が好きらしく、いたる所でピンクの装飾を見かけました。会場が王立プノンペン大学の中にあるので、雰囲気は「学祭」に近い若い盛り上がりです。

IMG_2302

「学祭」と言えば「出店」。カンボジア料理だけでなく、日本のお祭りでよくみる「たこ焼き」「フレンチフライ(ホットドッグ)」など、両国の色々なものが売られています。そんな中、Pokoさんを通じて知り合った日本の大学生が、店を出しています。

IMG_2172

売っているものは「水引アクセサリー」。例えばこれは「日本国旗」の紅白と「カンボジア国旗」の赤青を結びつけています。僕自身は「水引の結び方」を教えただけで、実際に商品を考えて作ったのは学生さんたち。最初はどうやったら「水引」という繊細な文化を理解してもらえるか苦労していましたが、水引体験なども追加したりして、最終的には沢山売れたようです。

IMG_2169

そのお店の片隅に置かせてもらっていたのが、オープンスタジオから持ってきた作品。あんまり屋外に並べることはないのですが、アートとは直接関係のないカンボジアのイベントにも参加できることができて、とても良い機会になりました。

IMG_2307

ダンスコンテストやコスプレイベントなど、夜遅くまで続く若々しいエネルギー。おっさんは早めに帰って寝るとします。

2/23(金) 【カンボジア滞在37日目】

IMG_2212

今更ですが、プノンペンのギャラリー巡りをしました。SSAPに紹介してもらった場所は全部で8箇所くらいでしたが、現代美術も扱うようなスペースはそれでほぼ全てと言ってもよい状況です。写真のような風景の中に突然現れます。

IMG_2200

「New Art Gallery」。ここは完全に販売目的のギャラリー。扱っている作家はカンボジア人に限らず、カンボジア周辺で活動する様々な国籍の作家。特に平面作品をメインに揃えているようでした。

IMG_2214

IMG_2218

ここは「Java Cafe & Gallery」というカフェギャラリーです。ギャラリーだけの運営ではなく、カフェの中に作品がある感じなのですが作品自体はなかなか良いものを見られました。飲み物や食事も美味しいです。このお店は街の中心にあるのですが、他にもいくつか店舗を展開しているようで、後日行ったもう一つの店舗も、良い雰囲気でした。

IMG_2250

IMG_2253

ちょっとだけ中心から外れた場所にあった「Bophana Center」。ギャラリーというよりむしろアートセンターと言った感じで、大きなビルの各階にはそれぞれ事務所や展示スペースなどが設けられています。設立者が映画製作者であるためか、映像や写真をメインにしている機関のようです。一階にあった巨大な神棚。用途は不明でしたが可愛らしい存在でした。

IMG_2267

「X-em Gallerie」。カンボジアのアーティスト「Em Riem」が創設したギャラリー。絵画を中心とした展示作品はどれも市場価値を感じさせるものばかり。展示空間としても、しっかり作品を見せようとする意識を感じます。今回まわった中では一番ギャラリーらしい印象でした。

IMG_2281

IMG_2283

ドイツが母体となっているギャラリー&メディアセンター「META HOUSE」。今日は展覧会のオープニングだったらしく、溢れんばかりの人だかりでした。作品はどちらかというと古典的な絵画でしたが、いくつも助成金や賞を取っている、いわゆるキャリアのあるベテランといった感じの外国人作家でした。

P1350822

P1350826

最後に行ったのは「Sa Sa BASSAC」。名前からも分かる通り、もともとは僕が滞在する「Sa Sa Art Projects」と同じ母体だそうです。ただ、SSAPのスタッフからはちゃんと紹介されていないので、現在はそれほど密な関係じゃなさそう。

ギャラリーは2階なのですが、入り口には看板もなく非常にわかりにくいです。ただし扱っている作家は質が高く、今日のギャラリー巡りで唯一、現代美術らしいものが見られました。昨年、S-AIRの招聘で札幌に滞在していた「Maline Yim」もこのギャラリーに所属する作家です。

IMG_2270

帰り道でたまたま出会った「巨大なテント」。道の半分以上を塞いでいます。実はこれがカンボジア式のお葬式です。亡くなった方の家の前に突然このテントを建てて、お葬式を行うのだそうです。しかも、周囲には何の予告もないらしい。

IMG_2274

さすがに葬儀会場の内部を覗くことはできませんでしたが、テントの中はこんな感じ。ここで参列者が食事をとれるように、たくさんの椅子と机が並んでいます。もし滞在中に葬儀があったら参列させてもらえるように頼んでいましたが、結局タイミングが合わず。一つ心残りです。

2/24(土) 【カンボジア滞在38日目】

IMG_2284

さてさて、とうとうカンボジア滞在最終日です。最後に仏具用品店に連れて行ってもらい、カンボジア僧侶の衣装を購入。僧侶の衣装(僧衣)は大きく2色あり、オレンジ色とエンジ色。せっかくなので両方。あのオレンジ色の傘はここに売っていたんですね。

IMG_2288

知人に頼まれていた現地の世界地図も探します。その方はいろんな国の世界地図を集めているらしく、カンボジアの物があれば買ってきてほしいと頼まれていたんです。しかし、いくら探しても「クメール語」の世界地図がありません。仕方ないので、明らかに西欧製の英語式世界地図と、インドシナ半島のみのクメール語地図。

写真のものは、本屋に飾られていた日本語の世界地図。これはかなり高価な値段になっており、印刷のクオリティも非常に優れた地図でした。

IMG_2326

IMG_2324

そしてSSAPの前に突然現れていたテント!もしやお葬式では?と思いましたが、家族円満や長寿を祝うための儀式があるようです。昨晩は何もなかったのに、今朝になりあっという間に建てられていたことに驚きです。SSAPの前はさほど広い道ではないので、完全にテントが道路を塞いでいます。むしろSSAPの入り口も、塞いでいます…。

そんな異質な光景を横目に、Daraたちに見送られながらトゥクトゥクで空港へ向かいます。

「お世話になりました〜!」そして「See you again!」

帰国後。

IMG_2369

カンボジアのお土産。カラフルな筒に「胡椒」や「香辛料」が詰められています。

28584673_931056787068517_1678133880_o

帰国後に、PokoさんとDaraから、ある写真が送られてきました。カンボジアの新聞「クメールタイムズ」にデカデカと記事が載っています。「オープンスタジオ」の際に取材を受けたのですが、こんなに大きく扱ってくれるとは。後日、新聞を送ってもらったのですが「絆フェスティバル」よりも大きい記事でした。

IMG_2280

僕にとって、はじめての東南アジアとなる今回のカンボジア滞在でしたが、自分の中で急速にアジア熱が高まっています。これを機にもっとアジアの歴史を知りたくなりました。僧侶としても、アーティスト活動にとっても、大きな広がりを掴んだ気がしています。

今回、カンボジア派遣の貴重な機会を与えてくれた「S-AIR」。何から何まで親身になって援助してくれた「Sa Sa Art Projects」のスタッフ。難しい日本語を適切なクメール語へ翻訳してくれた「Totoさん」。リサーチの成果は、ほぼこの人のお陰と言ってもいい「Pokoさん」。カンボジアへ滞在を容認してくれた「日本の各関係者」。そして何よりも「家族」に。この場を借りて多大な感謝の意を表したいと思います。

ありがとうございました〜!!

※応募終了 PCAC(中国江蘇省)でのレジデンシー参加アーティスト募集

※この応募は締め切りました

NPO法人S-AIRでは、中国上海を拠点とするoffice339、そして上海近隣の古都である江蘇省崑山市錦渓鎮に昨年設立されたばかりのPoints Contemporary Art Center(PCAC)との連携による交換プログラムの一環として、同センターでのレジデンスプログラムへの参加アーティストを募集します。対象となる分野は、ビジュアルアーツだけではなく、演劇、パフォーミング・アーツも含まれます。全国からのご応募をお待ちしています。

pcac

Points Contemporary Art Center(PCAC)は、2017年に設立され、国際的なレジデンスプログラム、アーカイブプロジェクト、展覧会、現代アートの教育普及活動を軸にした活動を行っています。PCACがある崑山市錦渓鎮は、上海から車で約1時間のところに位置する千年以上の歴史を持つ古い町。橋、運河、建築が密集し、その景色は何百年も変わっていません。同センターは「芸術の中の生活」を提唱し、世界中からの招へいアーティストの創造活動と生活をサポートしながら地域の芸術文化とつなげ、市民が現代アートと交流するための環境とプラットフォームづくりに貢献します。

滞在条件

◆滞在期間  2018年9〜11月の間、最低30日間、最大90日間(※日程は受け入れ先と要調整)

◆募集分野

ビジュアルアーツ / 彫刻 / 演劇* / パフォーミング・アーツ* / テキスタイル / メディア・アート / アーバン・アート

(*演劇やパフォーミング・アーツも可能ですが、劇場や専用の施設はありません。パフォーマンスは基本的に展示スペースにて行い、現地のスタッフと相談の上で実施する形となります。その点を考慮しご応募ください。)

◆助成内容・条件

※渡航費と材料費は、領収書と搭乗券の半券と引き換えに返金となります。

・ 渡航費(日本〜上海、往復) 上限5000元まで(8万円程度)

・日当  1日200元

・材料費 6,000元まで(10万円程度 ※購入したものの領収書と引き換え)

・宿泊費 Points Contemporary Art Centerの施設に宿泊、自費でのパートナー同伴可 ※要相談

・インターネット / オフィス / キッチン / 工具室

・レジデンスの最後に成果発表として展覧会を行っていただきます。

・滞在期間中はプログラムの一環として、上海市内に短期滞在(10日間以内)の可能性もあります。そのほか、地元でのアーティストのスタジオ訪問なども予定

・帰国後はS-AIRへのレポート提出と札幌市内で報告会を行っていただく予定です。(※この時の札幌までの旅費・宿泊費は3万円を上限に支給されます。)

※中国での15日以上の滞在は、ビザの申請が必要です。ビザの取得に関しては、団体からの必要な書類などの手配は行いますが、基本的にはご自身の責任のもとで取得していただくこととなりますので、予めご確認の上申請してください。

 

◆参加資格

・基礎的な英会話(または中国語)でのコミュニケーションが可能な方で、地元のコミュニティーと積極的に交流することに関心があり、自立して活動できること。

・日本国籍を有する方。

・上海に到着する前までに、旅行保険に加入することが必要です。万が一、健康状態の悪化等の理由でレジデンスプログラムを終えることができなかった場合は、上記助成は無効となり、滞在費等係る費用すべては各自ご負担いただきます。

応募要項・申請書ダウンロード

下記リンクよりダウンロードの上、ご応募ください。

※必ず英語版(2018_PCAC_Guideline_en.pdf)で詳細もご確認の上、ご応募ください。

↓↓

https://goo.gl/KWtTGy

応募方法

書類(A4)は全て英語で作成し、ひとつのPDFにまとめ、無料のオンラインサーバー等をご利用の上、ファイルへのリンクを下記アドレスまで申請してください。

※メールに大きなファイルを添付しないでください。

締切 8/10(金)日本時間 午前9:00 必着

申請先アドレス:  submission@s-air.org
件名:  「PCACレジデンス応募書類 〈ご自身の名前〉」

オンラインにて上記締切時到着分まで受け付けます。この日時を過ぎて到着した応募用紙は受付しません。応募用紙、資料に不備のある場合、応募方法が守られていない場合、応募は無効となります。応募書類は必ず英語で作成してください。

  1. 記入済申請書(PDF/Wordファイル、A4)
  2. 履歴書/CV(PDF/Wordファイル、A4)
    展覧会経歴、学歴なども忘れずに記載してください。この申請で記載されている情報は、広報等の際に使用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  3. ポートフォリオ(PDF、6ページ以内)
    代表する主な5点の作品(解説も含む)を紹介するポートフォリオPDFファイル
    ※動画の場合:ビデオファイルを、VimeoまたはYouTubeにアップロードの上、リンクをサンプルのリストに記入してください。

最終選考結果について

一次選考はS-AIR選考委員会、最終選考は連携団体により行われます。選ばれた方には、下記日程までにご連絡差し上げます。(※多くの応募者が予想されますので、個別のケースにはお答えすることができませんのでご了承ください。)

選考結果発表は、 8月24日 を予定しています。下記S-AIRブログにてご確認ください。
https://sairblog.wordpress.com

お問い合わせ

特定非営利活動法人S-AIR(エスエア)
060-0032 札幌市中央区北2条東15丁目26ー28 なえぼのアートスタジオ2F
011-299-1883 | info@s-air.org | www.s-air.org

関連団体について

◆受入団体

Points Contemporary Art Center
http://www.pointsart.org (準備中)

アーティストの元越(Yuan Gong)による社会への文化的な還元として、2017年に設立された非営利の芸術機関。江南の歴史文化が残る江蘇省崑山市錦渓鎮に位置し、合計で約2000平方に及ぶスペースを活用し、世界中で活躍中もしくは今後注目すべきアーティストを招へいし、レジデンスプログラムや展覧会等の活動を行う。多様なアーティストの育成・支援のほか、関連分野の研究者を招いて、異文化間および学際的な研究や創造性を探求し促すようなプログラムも実施予定。今回はセンター設立以来初のレジデンスプログラムとなり、同時期に8名のアーティストが滞在予定。

◆連携団体

office339

http://www.office339.jp/

中国・上海を拠点に、文化・エンターテイメントに特化したプロデュース会社。2006年に鳥本健太(CEO)によって設立され、以後、現代アートを軸に領域を横断し文化的価値を創造するプロジェクトをアジア地域で実施している。2013年より「山下智博」をプロデュースし、中国でのオンライン動画コンテンツの制作・配信を開始。娯楽番組やネットドラマなどを成功させ、中国の若者から熱狂的な支持を得る。日本・中国の多様な才能を巻き込みながら、リアルからネット、アートからエンターテイメントまで、強いオリジナリティを持った表現を追求する。

◆派遣団体

特定非営利活動法人 S-AIR
www.s-air.org

民間有志を中心に、1999年度より北海道でアーティスト・イン・レジデンス(AIR)事業を中心に活動を開始し、2005年にNPO法人となる。レジデンス事業を通して、世界と地域をつなぎ、国内外に独自のネットワークを構築していることが評価され、2008年国際交流基金地球市民賞受賞。
これまでに、36の国や地域から96名のアーティストやキュレーターを招へい、滞在制作のサポートを行うほか、2006年からは「S-AIR AWARD(制作活動助成プログラム)」として連携団体への派遣事業を開始し、2017年度までに計17名のアーティストの派遣実績がある。

S-AIR Award: 風間天心さんカンボジア滞在記⑤

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、Sa Sa Art Projectsとの連携によりカンボジア・プノンペンに2018年1〜2月に滞在していた風間天心さんから、滞在記第四弾が届きましたのでご紹介します。

第一弾第二弾第三弾第四弾も併せてどうぞ。


2/10(土) 【カンボジア滞在24日目】

カンボジアへきて2回目のワークショップ。前回とは違って大人向けの内容なので、ワークに入る前に「水引」についての説明をします。あくまでも僕なりの切り口ですが、日本人の信仰、日常的な文化、などの話をしました。

IMG_9642

カンボジアの誰にとっても「水引むすび」は初めての経験です。覚えるまでの時間は、子供とそれほど変わりません。しかし一度覚えてしまえば、黙々と「結び」の作業に集中していきます。

自ら新しい結び方を作ったりして、お互いに会話をしながら手だけを動かしていく。この「無心の作業」にも意味があることを、改めて最後にお話しました。

IMG_9685

2/11(日) 【カンボジア滞在25日目】

SSAPから歩いて10分くらいの距離にある「ripple cafe」。

日本人の方が経営するこのカフェには、日本人好みのメニューがたくさん用意されていて、何よりも静かで清潔感のある店内では、落ち着いて過ごすことができます。

IMG_1159

今日はここでバザーが行われており、Pokoさんや学生たちが「水引アクセサリー」の試作品を販売していました。ディスプレイの仕方や、どのようなものが好まれるか、有意義なリサーチになったようです。

そこから近くにある音楽学校で行われていたイベントに顔を出します。ここに写っている子供たちは、みんな「ホワイトビルディング」で生まれた子たちです。先日紹介した建築家ヴァン・モリバンのお嬢さんが開催するイベント。

カンボジアでは公私共々、子供たちへのサポートや教育に力を注いでいることを感じます。

IMG_1167

2/12(月) 【カンボジア滞在26日目】

明日から数日間「タイ」と「ミャンマー」へ旅行に行くので、Open Studio の作品制作をできるだけ進めておきます。一日中スタジオに篭りっぱなしなので、うどんやパスタを作って食べています。イオンで買ってきた豆腐は、なぜか「ドラえもん」のパッケージ。

IMG_1194

毎日寝ている間に、いろんな虫や動物の気配を感じていますが、今日もよく顔を出してきたのがこの「ヤモリ」くん。僕が頭を悩ませている蚊を食べてくれています。

IMG_1176

2/13(火) 【カンボジア滞在27日目】

ほぼ徹夜で作品制作してから、トゥクトゥクに乗って空港へ。

バンコク国際空港に到着。今日はバンコクに泊まり、明日からはチェンマイです。チャイナタウン近くにホテルをとったのですが、見つけるまでに2時間以上かかってしまいました。たまたま道を聞きに入った薬局でフランス人。とっても親切に探してくれて、やっとチェックインです。

今日中にいくつかお寺を回る予定でしたが、思ったより遅い時間になってしまい悩んでいるとSSAPのDaraからメッセージ。バンコクのアーティストにオススメギャラリーを聞いてくれていました。なんとか間に合いそうなので、急いで出発します。

はじめに行った「Nova Contemporary」というギャラリーでは良さそうな展示がやっていましたが、閉館10分前にもかかわらず、閉まっていました。残念。カンボジアもそうですが、閉店時間前に入れなくなるのは結構当たり前。

IMG_1218

「Nova Contemporary」
http://www.novacontemporary.com/index.php

次に向かったのは、「Jim Thompson Art Center」。ジム・トンプソンというアメリカ人のシルク王が住んでいた家なのですが、一部がギャラリー空間になっています。レストランも併設されているのか、豪華な内装の中で食事をしている人たちを見かけました。

同じ首都でも「バンコク」は特に経済的な発展がめざましく、まるで東京を歩いているような感覚です。

IMG_1276

この時はインドネシアの「ろうけつ染め」を題材にした現代美術アーティストの展示が行われていました。ギャラリー内の設備も展示内容も、日本と大差のない質が整えられています。

IMG_1258

最後に訪れたのは「Bangkok Art and Culture Centre」。とにかく巨大な文化施設です。札幌にもこんな美術館があればいいな〜。

中には大小のギャラリー空間がいくつもあり、羨ましい反面、企画をまわすのは大変そうでした。似顔絵のコーナーや、画材店も入っていますが芸術全般ではなく「美術」のみに特化しています。

IMG_1292

IMG_1330

若手作家の展示もいくつか行われていました。仏像などがモチーフとして頻繁に登場し、パッとみてアジアを感じさせる展示が多かった印象です。

IMG_1319

「Bangkok Art and Culture Centre」
http://www.bacc.or.th

かなり足早に回ったので、チャイナタウンで夕食。

IMG_1409

タイにはいたるところにセブンイレブンがあります。10年前くらい前は現地のコンビニもあったのですが、完全にとって変わったようです。売っているものは日本と微妙に違いますが、旅行者には好都合なものが揃っています。

IMG_1399

2/14(水) 【カンボジア滞在28日目】

今日はタイ国内での移動。首都である「バンコク」から、古都「チェンマイ」へ行きます。チェンマイにはSSAPで出会ったアーティストのArnontが住んでいます。

IMG_1416

タイのトゥクトゥクはカンボジアとは違って、暴○族のような装飾。僕はこっちの方が好みです。操作方法を見ていると、ゴーカートのような簡単な仕組みなので、いつか乗ってみたい。

午前中にバンコク市内の主要な寺院を猛スピードでまわります。トゥクトゥクを拾って最初に目指す寺院に向かいますが、全然違う寺で下ろされました、、。

IMG_1419

しかし、ここはここで面白そうな場所。中には入りませんでしたが、大きな寺院だったようです。「Wat Sraket」何より急を要していたので、外のお手洗いだけ借りました。

IMG_1432

仏具屋街を歩いていると現れたのが「Wat Suthat」。本当はここに送って欲しかったんですが、僕の発音が良くなかったんだな、、。
超高い鳥居のような建造物がある寺院。実はこれ、儀式に使用するブランコだったらしいです。しかし落下事故があとを絶たず、ブランコとしての使命は終えたよう。

IMG_1448

「Wat Pho」に到着。歴代国王を示す装飾された仏塔が並びます。

IMG_1451

IMG_1458

かなり大きな寺院なので見所はたくさん。お参りする人の座り方はカンボジアと一緒で、片足を開いています。敷地内には大きな僧房(僧侶の住まい)もあり、一段高いところで一緒にお参りしています。どうやらこの寺院はタイ式マッサージの総本山でもあるらしい。さすがに行く時間はないけど。

IMG_1464

目玉は巨大な寝釈迦仏。あえて全身が一望できない収め方をしているのに関心。むしろ大きさが強調されます。やはり仏教国のアートは、こういった造形から受ける影響があって当前と感じます。ただ仏像や寺院をつくれば良いってわけじゃなくてね。

IMG_1481

チャオプラヤー川を渡ったところにある「Wat Arun」。ここの特徴は大きな白い仏塔群。精密な装飾に圧倒されます。

日本との大きな違いは、寺院にある造形物や表現の中に「仏教」だけでなく「バラモン教」や「ヒンドゥー教」のモチーフや教えも共存しているところです。まぁ、日本も本来はいろんな信仰が混じり合って共存していたのですが。

IMG_1493

タイ国王夫妻と皇太子の肖像。ここは特に大きいですが、市内のいたるところで見かけます。

IMG_1498

最後に王室寺院でもある「Wat Phra Kaeo」へ。ここは他とは比べものにならないくらいの異常な混み方。あまりの混雑で、正直、中で見たものはほとんど覚えていません、、。とにかく早く出たいこともあり、本堂を見たら急いで出ます。

飛行機の時間が迫っているので、すぐにタクシーを捕まえて空港へ向かいます。なぜかタクシーの運転手がときどきハンドルから両手を離します。空港近くでやっとわかったのですが、お寺の前を通るたびに手を合わせています。何も両手を離さなくても…とは思いましたが、篤い信仰心を垣間見ることができました。

無事にチェンマイ空港に到着。空港から市街まではわりと近いのでタクシー。宿に荷物を置き、チェンマイ在住のアーティストArnontと合流。彼の案内でチェンマイの寺院をまわります。

IMG_1538

まずはチェンマイで一番大きな寺院「Wat Suan Dok」へ。

IMG_1544

小さな鐘が並んでいたので、Arnontにこの使用方法を聞いてみると、全て寄進されたもで、確かに一つ一つに寄進者の名前が書かれています。しかもこれは誰がどんな時に鳴らしてもいいらしく、たくさん鳴らした方が良いみたい。

IMG_1555

ここの仏像はちょっと変わっていて、メインの仏像のすぐ裏側に、もう一体別の仏像があります。Arnontも意味はわからないようでしたが、「確かに他の寺院にはないね」と言っていました。

IMG_1577

次に連れて行ってくれたのが、森の中にある「Wat Umong」。特にどこへ行きたいと頼んでいたわけではないのですが、あとで考えて見たら徒歩ではいけない場所を選んで連れて行ってくれていました。ありがたし。

ここはかなり変わっていて、深く掘られたトンネルの先に仏像があります。Arnontはサウンドアーティストなので、ここで行われる法要音声も録音したことがあるそうです。確かに、この中で行われる読経は聞いてみたい。トンネル以外にもたくさん施設があり、ここは特に瞑想を行うための場所らしいです。

IMG_1587

カンボジアでは見かけることのなかった公衆電話。

IMG_1591

もちろんアート関係の場所も紹介してくれました。ここは「Asian Culture Station」。国際交流基金アジアセンターが「アジア・市民交流事業」の一環として、チェンマイ、ホーチミン(ベトナム)、ヤンゴン(ミャンマー)の3都市にオープンした施設。ワークショップやトークイベントがよく行われているようです。「もしまたチェンマイに来ることがあれば、ここで何かすると良い」と勧めてくれました。
「Asian Culture Station」
http://www.cac-art.info/spaces/asian-culture-station/

IMG_1599

最後に行ったのは、「Chiang Mai University Art Center」。ちょうど、チェンマイ大学とポーランドの大学による交流展覧会のオープニングが行われていました。

IMG_1605

会場は大きいのですが、ほぼ平面の小作品。タイ国旗をモチーフにした作品が気になりました。

11

外ではお祭りが行われていて、これは「ピンピア」という弦楽器の演奏。ちょうどチェンマイに来ていた2人のアーティストと一緒に4人で夕食に向かいました。

いやはや、今日は本当に濃い一日。

2/15(木) 【カンボジア滞在29日目】

チェンマイの宿を出て、カンボジアへ戻ります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2d86のコピー

宿に貼られていた注意書き「ドリアン持ち込み禁止」なぜかこの張り紙をよく見かけます。まだドリアン未経験なのですが、よほど匂いがキツイのでしょうか。

今日はチェンマイ市街のお寺を歩いて回ります。チェンマイの市街地は城壁と堀に囲まれてコンパクトにまとまっているので、歩きやすい。

IMG_1680

やはり気になるのが神棚。カンボジアと同様に屋外にはこのタイプの神棚があります。カンボジアに比べると装飾が華やか。色もたくさん種類があります。

IMG_1608

IMG_1653

神棚だけでなく、カラフルな装飾が目立ちます。まるで七夕のようなお祭りのようなカラフルな紙が樹木にかけられています。

IMG_1669

あまり大きな鐘は見かけないのですが、日本風なものを見つけました。

IMG_1633

巨大な寺院「Wat Chedi Luang」。中心にある建造物は遠くからも発見できるほどの大きさ。このスケール感と街全体に感じられる総合演出。もちろん当初は信仰心を集めるためのものですが、アートの表現にも必ず通じるはずです。青森五所川原で見た「立佞武多(たちねぷた)」を思い出しました。

IMG_1718

もちろん派手であれば良いというわけではありませんが、こんな真っ赤な装飾にも心が踊ります。

IMG_1643

即身成仏。の像。

IMG_1634

こんなぽっちゃりした仏像もありました。もし日本のお寺にこんな仏像作ったら、「ふざけてんのか?」と言われそうですが、、愛嬌があって良いですよね。ぼってりした唇や、ピッチピチのお袈裟、手は大きなお腹を支えています。

IMG_1650

道端にさりげなく現れる装飾。

IMG_1705

「チェンマイ国立博物館」。お客さんはあまりいませんでしたが、設備もなかなかでチェンマイの歴史が学べます。タイ王朝が支配する前、チェンマイはモーン族が支配していたことなど、他民族を紹介するコーナーも。これは首長族と呼ばれる「カヤン族」。

IMG_2081

最後に頼まれていたお土産「カレン族」が作る民芸品を買いに行きます。「カヤン族」と「カレン族」混同されるようですが、微妙に違うらしい。実際に見てみると、素晴らしい。残念なのは展示品の8割が「sold」の表示、、。

IMG_1729

チェンマイではこの乗り合いのトラック「ソンテオ」がたくさん走っています。先に1人乗っていましたが、方向が一緒だったのでこれで空港まで。明日は大事なリサーチがあるので、いったんプノンペンに戻ります。

2/16(金) 【カンボジア滞在30日目】

昨晩プノンペンへ戻ってきて、今日は朝から郊外へお出かけです。Pckoさんの案内で、馴染みの運転手「チャントラ」さんのトゥクトゥクに乗って出発。目的地は「い草」の敷物をつくっている村なのですが、その道中にたくさん見学ポイントがあるので、たびたび止まりながら、ゆっくりと向かいます。

IMG_1738

はじめに止まったのはゴミ収集場。かなり広大な範囲にゴミの山ができており、ここに住んでいる人たちがいます。お金になるモノを仕分けしてタイや国外に売るのだそうです。

IMG_1784

まっすぐな道を進んでいくと、数10分ごとに小さな町が現れます。町には必ず大きなお寺があり、同じような規模の町が一定距離にポツポツと存在しているようです。国道12号線を、旭川から札幌までバイクで走っていたころを思い出します。

IMG_1781

お寺の中には、今日の目的であるカラフルな敷物が。これをつくっている村に向かっているのです。

IMG_1815

お寺はどこも町の中心にあって、その向かいには必ず学校と医療施設が存在します。学校内は決して十分と言える作りではありませんが、一生懸命に勉強している姿が想像できます。やはり都市部から離れるとリアルな生活環境がよく感じられますね。

IMG_1766

突然現れるアンコールワットを彷彿とさせるような施設。もちろん新しく作られたものですが、本物と見紛うほどの印象です。ここは以前紹介した古典舞踊のダンサー「Prumsodun Ok」さん達の舞台なのだそうです。

IMG_1838

そろそろ目的の村に近づいてきました。この船に乗って対岸に渡ります。が、トゥクトゥクのチャントラさんは乗りません。この船にバイクを乗せるのは「怖い」そうです、、。

IMG_1880

エンジンはヤンマー製。かなり頑張ってきたんでしょうね。

IMG_1870

ここでも気になるのはこれ。プノンペンで見たものと違うのは台があること。たぶんお参りなどの儀式に使うためと、一段上にあることが重要なのかな。色もタイで見たようなカラフルなものが目立ちます。

IMG_1862

おー!やってますね。今日は旧正月だからか週末だからか、実際に織っている家は2〜3軒でした。一通り見学した上で、素材の「い草」を売ってもらえるかを聞いてみます。と言っても英語はうまく通じないので、チャントラさんに電話で話してもらいます。完成した敷物を買う人はいるのですが、素材の「い草」を買いにくる人はいないようで、おばちゃんもちょっと困惑していました。これから作るために必要なので全部は無理みたいですが、何本かの束なら売ってくれるそう。

IMG_1851

こんな感じで色ごとにまとめられています。色は「赤、黄、緑、青」の4色。それに染められていない原色を足して、完成した敷物も一枚だけ購入。これで作品を作る予定なのですが、、方法は未だ考え中。

IMG_20922

準備してくれている間に昼食をご馳走になります。カンボジアの家庭料理「オンソーム」。いわゆる「ちまき」ですね。もち米をバナナの葉で巻いたもので、中身は甘いバージョンと肉バージョン。お祝いなので作られるご馳走ということもあり、とっても美味しい。しかも、かなり腹持ちがいい。この後、もう一軒お邪魔する家があったのですが、そこでも同じものが!大変申し訳ないのですが、そこでは食べきれずにお持ち帰りしました。

IMG_1899

最後に寄ったのは「キリング・フィールド」。以前紹介したトゥールスレン刑務所に収容された人々は、ここに運ばれて処刑されました。実際ここにある主要施設は慰霊のために建てられた慰霊塔だけで、敷地内のほとんどが「窪み」です。ここにあった建物は内戦が終わった後に壊され、残っているのは遺体が埋められた穴です。もちろん遺体は全て収容されていますが、今もまだ雨の後には細かな骨が出てくるそうです。トゥールスレンと同じように音声案内を聞いていると、あっという間に時間が過ぎていきます。

今日もまた濃い一日になりました。Pokoさんとチャントラさんに感謝。明日からはミャンマーです。


天心さんの滞在記は、次が最終回となります。更新をお楽しみに!

S-AIR AWARD: ポートランドへの派遣作家決定

平成30年度S-AIR AWARD アメリカ合衆国ポートランドEnd of Summerへの派遣は、下記のアーティストに決定となりました。ご応募いただいた皆様、ありがとうございました。

小林知世
Chisei Kobayashi

 

■End of Summer より、小林さん選出にあたってのコメント

小林さんは、アーティストとしての経歴はまだ始まったばかりだが、彼女が描くひとつひとつの絵画作品が、これまでの画家たちが挑んできたことに頼るだけではなく、自分なりの絵画のアプローチを探しているような、実験的な感性を持っているように感じた。同時に、総体的に形式的一貫性があり、美術表現を理解し、方向性もしっかりと持っている。方向性をしっかり持ちながらも、制作の方法に関しては実験的であるという、バランスがある。申請書には、自分の活動の外の世界にも興味を持っているように見受けられた。小林さんは、アート作品と鑑賞者のつながり、アーティストとコミュニティとの関係、またそれが札幌と国内のほかの地域、そしてアメリカとどう異なるのかを探ることに興味を持っているように見受けられた。

 

※今回ご応募くださった皆様、今後も海外でのレジデンスの機会を可能な限りつくって参りたいと思いますので、その際は是非またご応募いただけましたら幸いです。ありがとうございました。

※応募終了 ポートランドでのレジデンシー参加アーティスト募集(札幌市拠点の方対象)

※この応募は締め切りました

NPO法人S-AIRでは、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドでのレジデンシーへの参加アーティストを募集します。

◆応募締切 6/22(金)
最終選考で選ばれた方には6/29(金)までにご連絡する予定です。

◆滞在期間・条件
2018年8月1日〜31日(4週間)
・航空賃、宿泊スペース、スタジオ・スペースが提供されます。
・基本的に生活費や材料費等は自己負担となります。
・ポートランドに到着する前までに、旅行保険に加入することが必要です。

◆参加資格
・札幌市内を拠点とするアーティスト(美術を学ぶ学生も可)
・スタジオに籠もって制作するのではなく、積極的にポートランドの地元のコミュニティーと交流することに関心があり、自立して活動できる方。
・帰国後に札幌市内で報告会を行っていただきます。

◆選考のポイント
ポートランドの地元のコミュニティーと積極的に交流し、自立して活動できること。作風や活動はどのようなかたちでもでも構いませんが、一番優先されるのは、批評的に関心を持っていることや野心ある意図を持っているかということです。

◆応募方法
すべての書類(A4)をひとつのPDFにまとめて、無料のオンラインサーバー等を利用し、書類を送信してください。書類提出は、英語でも日本語でも構いません。
(ひとつのPDF書類としての提出が難しい場合は、わかりやすく書類をまとめ、zip形式でひとつのファイルとして圧縮して送信してください。)

プログラムの内容については、End of Summer(EoS)のHPをよくご覧の上、ご応募ください。

(1) — 連絡先
氏名、Eメールアドレス、住所、HP・ブログ・SNS等

(2) —活動経歴
最新の活動経歴書

(3) — 作品画像・リスト
・作品画像(高解像度)6点 ※1頁につき画像1点
・上記で選んだ作品のリスト(解説を含む)
※動画の場合:ビデオファイルを、VimeoまたはYouTubeにアップロードの上、リンクをサンプルのリストに記入してください。

(4) — 自己紹介と応募の目的を記したレター (A4 2ページ以内)
応募者の経歴とこれまでの活動、応募動機・目的、「エンド・オブ・サマー」のプログラムのどのようなところに関心があるか、を明記してください。
また、今回レジデンスに参加することにより、今後この機会をどのように活用したいか、そして、計画しているプロジェクトがあれば記載してください。

◆申請先
件名「2018 S-AIR/EoS 申請書 〈ご自身の名前〉」と明記の上、下記アドレスまで申請してください。※End of Summerには直接申請しても無効となります。

submission@s-air.org

 

◆お問い合わせ
特定非営利活動法人S-AIR(エスエア)
060-0032 札幌市中央区北2条東15丁目26ー28 なえぼのアートスタジオ内2F
011-299-1883 | info@s-air.org | www.s-air.org

 

————

◆関連団体について
End of Summer
http://www.end-of-summer.org/about/
オレゴン州ポートランド南西部にある「イエール・ユニオン」のコンテンポラリー・アート・センターの建物を拠点に行われる、異文化交流のアート・プログラム。毎年夏に、日本人の新進アーティストたちがポートランドに滞在し、一般公開されるレクチャーやプレゼンテーションといったイベントで構成される。

ポートランドは、日本との文化的な絆、コミュニティーに根ざした価値観、ダイナミックな芸術活動が息づく都市。コンテンポラリー・アートを通じて、アメリカの太平洋岸北西部と日本とを結び、対話を重ねていくことを目的としたプログラムを実施することで、プログラムの参加者は、レジデンシーを通し、ポートランドという環境を存分に活用し、クリエイティブな探求と国際的なつながりを養うことができる。

 

特定非営利活動法人 S-AIR
http://www.s-air.org/

NPO法人S-AIRは、民間有志中心に1999年度より北海道でアーティスト・イン・レジデンス(AIR)事業を中心に活動を開始し、2005年にNPO法人となる。レジデンス事業を通して、世界と地域をつなぎ、国内外に独自のネットワークを構築していることが評価され、2008年国際交流基金地球市民賞受賞。
これまでに、36の国や地域から96名のアーティストやキュレーターを招へい、滞在制作のサポートを行うほか、2006年からは「S-AIR AWARD(制作活動助成プログラム)」として連携団体への派遣事業を開始し、2017年度までに計17名のアーティストの派遣実績がある。