カテゴリー: AIR CAMP

【AIR CAMP】講師紹介 畠山直哉

AIR CAMP 2017 in 陸前高田」3日目にお話いただくのは、写真家の畠山直哉さん。

mirai_hatakeyama
映画『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』より

畠山さんは自然、都市、写真の関わり合いに主眼を置いた、一連の作品を制作。石灰石鉱山の連作、東京の建築空間や水路を被写体にした作品群で注目を集め、国内外の数々の個展・グループ展に参加。2001年にはヴェニス・ビエンナーレ日本代表の一人にも選出された、世界的な写真家です。

2011年の東日本大震災以降は、故郷である陸前高田の風景を扱った作品を発表し、2012年には写真集『気仙川』、2015年には『陸前高田 2011-2014』(ともに河出書房新社)を刊行。

陸前高田に通って写真を撮り続けること。

写真は何をするのか?

彼の思考の軌跡は、文筆家 大竹昭子さんとの4年にわたる対話が収録された『出来事と写真』(赤々舎・2016年出版)や、2016年11月〜2017年1月にかけて、せんだいメディアテークで開催され大きな話題を呼んだ『畠山直哉 写真展 まっぷたつの風景』の記録『まっぷたつの風景』(赤々舎・2017年7月出版)からも伺うことができます。

DSCN7366

DSCN7367

AIR CAMPでは、3日目に、講師の一人である日沼禎子さん(陸前高田AIRプログラムディレクター)が聞き手となって、畠山さんのお話を伺います。

1日目、2日目と、陸前高田市内を見て回ったり他の講師の方々の話を聞いた後で、それぞれがじっくり考えることのできる時間になるのではないでしょうか。

※タイムスケジュールについてはこちらか、チラシからご確認ください。

チラシDLはこちらから

ーーーーーーーーーーーー

【参加者募集要項】

日程:2017年9月22日(金)~24日(日)*二泊三日の合宿

対象:日本国内でAIR事業を運営している方、AIR事業開始を検討中の個人・団体、地方自治体・まちづくりに携わる方、コミュニティとアート、東南アジアのアートに関心のある方

定員:15名(先着順)

申込締切:9月11日(月)

参加費: 30,000円
2泊朝食付き、全プログラム参加費、いわて花巻空港やJR一ノ関駅までの送迎・視察の移動費含む。
※交流会は別途参加者負担
※当宿泊施設は全てツインルームになります。1名での参加の場合は相部屋になりますので、ご了承ください。
滞在場所:箱根山テラス

参加申込(受付終了)

参加ご希望の方は、メールにて、お名前、性別、郵便番号、住所、電話番号、応募動機(ご自身の活動に関連付けて、200字程度でお書きください)、3日目のランチ予約の有無をご記載の上、以下のアドレスまでお申込みください。

info@s-air.org (担当:松田)

広告

【AIR CAMP】講師紹介 アレック・ステッドマン(Cemeti – Institute for Art and Society)

AIR CAMP 2017 in 陸前高田」 2日目にお話いただく講師の紹介、5人目は、インドネシアの「Cemeti – Institute for Art and Society」共同チーフキュレーター、Alec Steadman(アレック・ステッドマン)さん。

alec

Cemeti – Institute for Art and Societyの前身となる、Cemeti Gallery(その後、Cemeti Art Houseと変遷)は、1988年設立というインドネシアで最も古い現代アートのプラットフォーム。

ALEC_Tisna Sanjaya, Art and Football for Peace, 2000 (1)s
Tisna Sanjaya, Art and Soccer for Peace (2000)

↑アーティストのTisna Sanjayaが、2000年にCemetiとともに開発した共同プロジェクトより。Tisna Sanjayaは地元のサッカーコミュニティと協働し、Cemeti近くの競技場で一週間に渡るサッカー・トーナメントを開催。ピッチは竹のマットをペインティングした旗で囲まれ、サッカーゴールは竹で制作。終了後、それらを展示した。アーティストとサッカーコミュニティとの間に新たなつながりが生まれ、これを機にアーティストと女性によるサッカークラブが結成された。

ALEC_Revitalisasi Seni Tradisi, 2007 (2)s
Traditional Art and Culture Program (2007 – 2008)

↑5000人以上の人が亡くなった2006年のジョグジャカルタ地震によって被害を受けた、5つの村の文化的・芸術的生産を復活させることを目的に、地元の10のNGOとコラボレーションして実施した救援プログラムより。

そして、30周年を迎える2017年、Cemeti – Institute for Art and Societyと名前を変え、新たなチームに引き継がれました。

30年の歴史を持つCemetiからは、経済的な側面から見た運営にまつわる実践的な話も聞けそうですが、今年再スタートを切るにあたり、歴史ある組織の構造改革をどのように行ったのかも、興味深い内容だと思います。

どうぞお楽しみに!

※タイムスケジュールについてはこちらか、チラシからご確認ください。

チラシDLはこちらから

ーーーーーーーーーーーー

【参加者募集要項】

日程:2017年9月22日(金)~24日(日)*二泊三日の合宿

対象:日本国内でAIR事業を運営している方、AIR事業開始を検討中の個人・団体、地方自治体・まちづくりに携わる方、コミュニティとアート、東南アジアのアートに関心のある方

定員:15名(先着順)

申込締切:9月11日(月)

参加費: 30,000円
2泊朝食付き、全プログラム参加費、いわて花巻空港やJR一ノ関駅までの送迎・視察の移動費含む。
※交流会は別途参加者負担
※当宿泊施設は全てツインルームになります。1名での参加の場合は相部屋になりますので、ご了承ください。
滞在場所:箱根山テラス

参加申込(受付終了)

参加ご希望の方は、メールにて、お名前、性別、郵便番号、住所、電話番号、応募動機(ご自身の活動に関連付けて、200字程度でお書きください)、3日目のランチ予約の有無をご記載の上、以下のアドレスまでお申込みください。

info@s-air.org (担当:松田)

 

【AIR CAMP】講師紹介 ヌル・アクバル・アロファトゥラ(Lifepatch)

AIR CAMP 2017 in 陸前高田」2日目にお話いただく講師の紹介、4人目は、インドネシアのジョグジャカルタを拠点に活動するコレクティブ「Lifepatch」共同創設者のNur Akbar Arofatullah(ヌル・アクバル・アロファトゥラ)さん。

AkbarBW

Lifepatchは、科学者、プログラマー、デザイナー、アーティスト、キュレーターといった多様なメンバーで構成される組織で、デジタルテクノロジーを駆使し、社会における問題提起としての実践的芸術表現や、次世代の育成といった様々なプロジェクトを自主的に立ちあげ、2014年にはアルス・エレクトロニカのデジタル・コミュニティ部門で入賞。

ジャカルタ・ビエンナーレ、ジョグジャカルタ・ビエンナーレをはじめとする国際展でも作品を多数発表しており、2016年にはICCの企画展『アジアのメディア・コンシャス』でもフィーチャーされていた、注目のコレクティブです。

※国際交流基金アジアセンターのサイトに掲載されている、Lifepatchのインタビュー記事「インドネシアのコミュニティ文化とシェアカルチャーの親和性 -Lifepatchインタビュー」も、ぜひご一読を!

今回お話いただくヌル・アクバル・アロファトゥラさんは、農業バイオテクノロジー分野の研究者。Lifepatchでは、市販のウェブカムを用いてDIYで顕微鏡をつくる小学生を対象としたワークショップや

DIYMicroscopeWorkshop1

大豆を発酵させた食品「テンペ」をつくるワークショップなどを担当されています。

Tempeh_Making_MediaArtKichenBangkok3

Tempeh_Making_MediaArtKichenBangkok2

AIR CAMPでのプレゼンテーションタイトルは、「Lifepatch -芸術、科学、テクノロジーにおける市民の取り組み」。

インドネシアのコミュニティ文化に根付くDIWO(Do It With Others )精神のもと、アートと科学、テクノロジーが有機的に融合した彼らの活動から浮かび上がる「生活と創造」とは?

どうぞお楽しみに!

※タイムスケジュールについてはこちらか、チラシからご確認ください。

チラシDLはこちらから

ーーーーーーーーーーーー

【参加者募集要項】

日程:2017年9月22日(金)~24日(日)*二泊三日の合宿

対象:日本国内でAIR事業を運営している方、AIR事業開始を検討中の個人・団体、地方自治体・まちづくりに携わる方、コミュニティとアート、東南アジアのアートに関心のある方

定員:15名(先着順)

申込締切:9月11日(月)

参加費: 30,000円
2泊朝食付き、全プログラム参加費、いわて花巻空港やJR一ノ関駅までの送迎・視察の移動費含む。
※交流会は別途参加者負担
※当宿泊施設は全てツインルームになります。1名での参加の場合は相部屋になりますので、ご了承ください。
滞在場所:箱根山テラス

参加申込(受付終了)

参加ご希望の方は、メールにて、お名前、性別、郵便番号、住所、電話番号、応募動機(ご自身の活動に関連付けて、200字程度でお書きください)、3日目のランチ予約の有無をご記載の上、以下のアドレスまでお申込みください。

info@s-air.org (担当:松田)

 

【AIR CAMP】講師紹介 杉原信幸

AIR CAMP 2017 in 陸前高田」2日目にお話いただく講師の紹介、3人目はアーティストで信濃の国 原始感覚美術祭アートディレクターの杉原信幸さん

image_sugihara

 

杉原さんには『まれびととしてのAIR、旅する原始感覚と原始感覚美術祭について』というタイトルでプレゼンテーションをしていただくのですが、彼のツイッターを拝見していると、まさに移動と制作の日々!

今年はすでに、北アルプス国際芸術祭への参加、

21057194_10207820725234985_1561428382_o
「アルプスの湖舟」杉原信幸「北アルプス国際芸術祭2017」photo Tsuyoshi Hongo

さまざまなアートプロジェクトを訪れてリサーチと制作を行う「旅する原始感覚 in アイルランド 」にてストーンサークルのフィールドワークをした後、スウェーデンに拠点を置く舞踏家SU-ENさんのスタジオ20周年記念のための滞在制作、

DGm-sY4UQAAhBNQ

21082095_10207820730875126_1883689356_o
「松と舞う環状列石」杉原信幸/SU-EN Butoh Company Haglund Skola 20周年記念作品/スウェーデン

 

その後、笹岡諸島アートブリッジ2017への参加、

そして現在は、福島県いわき市TSUMUGU-PROJECTにてレジデンス中。

「AIR CAMP 2017 in 陸前高田」の時は「AIR in Tainan」に参加中とのことで、Tsung-yeh Artist Villageからお越しいただきます。

また、彼がアートディレクションを手がける「信濃の国 原始感覚美術祭」は、2017年は「みのくちまつり」としてドネーションのみにて開催。(開催日は9/1〜9/3)

美術祭公式サイトには「北アルプスの荘厳な自然に抱かれる木崎湖畔で滞在制作を行い、その地に暮らす人と出会うことでしか生まれえない表現を創造することによって地域の“文化”を生み出していく」とあります。

DSC4982a_small
リー・クーツィ「漣劇場」を舞台に原始感覚獅子舞 Photo by Tsuyoshi Hongo
DSC_0180_small
海ノ口環状列石祭 雪雄子舞踏 杉原信幸「海ノ口レイクヘンジ」にて Photo by Tsuyoshi Hongo

「まれびと」としてのAIRについて、「土地と表現のありよう」について、杉原さんの実践を伴った思考の蓄積をお伺いするのが楽しみです。お聞き逃しなく!

※タイムスケジュールについてはこちらか、チラシからご確認ください。

チラシDLはこちらから

ーーーーーーーーーーーー

【参加者募集要項】

日程:2017年9月22日(金)~24日(日)*二泊三日の合宿

対象:日本国内でAIR事業を運営している方、AIR事業開始を検討中の個人・団体、地方自治体・まちづくりに携わる方、コミュニティとアート、東南アジアのアートに関心のある方

定員:15名(先着順)

申込締切:9月11日(月)

参加費: 30,000円
2泊朝食付き、全プログラム参加費、いわて花巻空港やJR一ノ関駅までの送迎・視察の移動費含む。
※交流会は別途参加者負担
※当宿泊施設は全てツインルームになります。1名での参加の場合は相部屋になりますので、ご了承ください。
滞在場所:箱根山テラス

参加申込(受付終了)

参加ご希望の方は、メールにて、お名前、性別、郵便番号、住所、電話番号、応募動機(ご自身の活動に関連付けて、200字程度でお書きください)、3日目のランチ予約の有無をご記載の上、以下のアドレスまでお申込みください。

info@s-air.org (担当:松田)

 

 

【AIR CAMP】講師紹介 ショーネッド・ヒューズ

AIR CAMP 2017 in 陸前高田」2日目にお話いただく講師の紹介、2人目はイギリス出身のダンサー、振付家のSioned Huws(ショーネッド・ヒューズ)さん。

Sionedポートレート

2008年から青森を中心に東北の伝統舞踊に着目したリサーチとプロジェクトを行い、滞在制作した作品で世界ツアーも実施。

陸前高田AIRのレジデンシー・アーティストとして2013年以降毎年招聘されており、2015年からは陸前高田のお隣、住田町に家を借り、半年間ほど滞在。

住田町の伝統芸能の一つである柿内沢鹿踊を習いながら、鹿踊の踊り手の皆さん、また国内外のダンサーも含めたプロジェクト「Odori-Dawns-Dance」を立ち上げ、伝統芸能の多層のレイヤーを解体する試みを行っています。

Yahagi-RT-2016jpg
Photo:Tadahiro Murakami

※詳しくは陸前高田AIRのブログをどうぞ!

AIR CAMPでは、彼女のレクチャー前に、行山流山口派柿内沢鹿踊保存会とショーネッドさんによる鹿踊も披露。

柿内沢の鹿踊は、最古の鹿踊と言われる「行山流」。その中で、柿内沢の踊りは「不思議な踊り」「昔ながらの形が残っている」と言われることが多いそうです。

「柿内沢鹿踊は、生命、愛と喪失、感情の変化などの素晴らしい比喩のよう」とショーネッドさんは言います。

DSCN7096

(↑稽古の様子。)

先日陸前高田にお邪魔した時に、保存会の吉田さんから柿内沢鹿踊についてお話をいろいろ伺ってきたので、申込された方には事前にその内容を資料としてお渡ししようと考えています。実際に鹿踊を見た時に、きっと見所が増えるはず。

彼女のレクチャータイトルは、「”ダンス”によって測られる時間 – ”ホーム”の尺度としてのコミュニティ」。

ショーネッドさんにとって、住田町での生活が「”ダンス”によって測られる時間 – ”ホーム”の尺度としてのコミュニティ」なのだそうです。

その時間、そのコミュニティとは?

ぜひ彼女のレクチャーを聞きに来てください。

※タイムスケジュールについてはこちらか、チラシからご確認ください。

チラシDLはこちらから

ーーーーーーーーーーーー

【参加者募集要項】

日程:2017年9月22日(金)~24日(日)*二泊三日の合宿

対象:日本国内でAIR事業を運営している方、AIR事業開始を検討中の個人・団体、地方自治体・まちづくりに携わる方、コミュニティとアート、東南アジアのアートに関心のある方

定員:15名(先着順)

申込締切:9月11日(月)

参加費: 30,000円
2泊朝食付き、全プログラム参加費、いわて花巻空港やJR一ノ関駅までの送迎・視察の移動費含む。
※交流会は別途参加者負担
※当宿泊施設は全てツインルームになります。1名での参加の場合は相部屋になりますので、ご了承ください。
滞在場所:箱根山テラス

参加申込(受付終了)

参加ご希望の方は、メールにて、お名前、性別、郵便番号、住所、電話番号、応募動機(ご自身の活動に関連付けて、200字程度でお書きください)、3日目のランチ予約の有無をご記載の上、以下のアドレスまでお申込みください。

info@s-air.org (担当:松田)

 

 

【AIR CAMP】講師紹介 ウバトサット(The Land Foundation)

1日目のプログラム・講師の紹介に引き続き、今回は2日目にお話いただく講師の方々をご紹介。

まずは『The Land Foundation』のUbatsat(ウバトサット)さん。

Ubatsatポートレート

The Land Foundationは、1998年にKamin LertchaiprasertとRirkrit Tiravanijaがチェンマイ郊外の休耕田を拠点に開始した新しい土地活用のプロジェクトを前身にしており、2002年に同地にアートセンターが建てられ、現在のThe Land Foundationは2004年に設立。

人間社会の関わりの場として、対話と情報共有に視点を置いた芸術文化、持続可能な農業、瞑想による自己啓発活動などを展開しています。

★AIR CAMP 2016で講師をしていただいた小川希さん(Art Center Ongoing)の『東南アジアリサーチ紀行』にもThe Land Foundationが登場しています。こちらからチェック

また、ウバトサットさん自身がアーティスト、アクティヴィストであり、キュレーションも行う他、タイの若手アーティストのネットワークづくりなどもしているそうです。

先月、チェンマイのCMU ART CENTERで開催されていた展覧会『ACROSS THE SEA OF STARS』ではYaowapa Thappawongとともにキュレーションを手がけ、自身の作品も発表。

20217421_10213915874316404_55600127_n

20271758_10213915874676413_398838177_n

(↑これは米でしょうか。AIR CAMPの時に、作品についてもいろいろ聞いてみたいですね。)

彼から「AIR CAMP 2017 in 陸前高田」用に送られてきたプレゼンテーション・タイトルは、「’Soft’ Self Sufficiency and the Unconditionality of the Land Foundation」。(日本語タイトルは「ランド・ファウンデーションのソフト的自給自足性と無条件性」)

「自給自足」の前についた「soft」に、どうやら98年以降のThe Land Foundationの活動の肝となる部分が隠されていそうです。プレゼンテーションでは、この「soft」の意味が明かされるはず。

芸術、農業、瞑想というユニークなキーワードを持つThe Land Foundationのプレゼンテーション、お見逃しなく!

※タイムスケジュールについてはこちらか、チラシからご確認ください。

チラシDLはこちらから

ーーーーーーーーーーーー

【参加者募集要項】

日程:2017年9月22日(金)~24日(日)*二泊三日の合宿

対象:日本国内でAIR事業を運営している方、AIR事業開始を検討中の個人・団体、地方自治体・まちづくりに携わる方、コミュニティとアート、東南アジアのアートに関心のある方

定員:15名(先着順)

申込締切:9月11日(月)

参加費: 30,000円
2泊朝食付き、全プログラム参加費、いわて花巻空港やJR一ノ関駅までの送迎・視察の移動費含む。
※交流会は別途参加者負担
※当宿泊施設は全てツインルームになります。1名での参加の場合は相部屋になりますので、ご了承ください。
滞在場所:箱根山テラス

参加申込(受付終了)

参加ご希望の方は、メールにて、お名前、性別、郵便番号、住所、電話番号、応募動機(ご自身の活動に関連付けて、200字程度でお書きください)、3日目のランチ予約の有無をご記載の上、以下のアドレスまでお申込みください。

info@s-air.org (担当:松田)

【AIR CAMP】 講師・プログラム紹介 その1

2015年から開催している、合宿型ワークショップ「AIR CAMP(エアキャンプ)」。2017年は9/22(金)〜9/24(日)に陸前高田で開催します。(★陸前高田と聞いて「アクセスが大変そう…」と思った方はご安心を。いわて花巻空港、JR一ノ関駅までの送迎付きです。これは便利!)

さてさて、「AIR CAMP」ってどんな人が参加しているの?という声にお答えしますと、

現時点で申込があった参加者を例にすると、例えば、実際にAIR事業に携わり「AIR事業におけるマネジメントと運営に関する実際的な技術について調査したい」という方もいれば、地域で活動する中で「地域の可能性を探る一つの手立てとして、アーティスト・イン・レジデンスを検討している」という方など、さまざまです。

15578489_1043856952391662_8284922884135467077_n
AIR CAMP 2016より。 Photo_Momo Teraoka

中には「各地でレジデンス事業をしている人との出会いが大きな糧となった」というAIR CAMPリピーターも!

また、2015年、2016年と、参加者には地方在住の方が多いことも特徴です。講師や他の参加者と合宿スタイルで過ごすAIR CAMPは、普段身の周りにいない種類の人からの刺激的な学びの場となったり、地方でサバイバルするための具体的なアドバイスを得られる場となったりしているようです。

ということで、2017年は「生活と創造」というテーマのもと、かなり濃密な時間を過ごせること間違いなしのプログラムを組みました。今回は1日目のプログラムをご紹介!

※8名の講師、タイムスケジュールについてはこちらか、チラシからご確認ください。

チラシDLはこちらから

★9月22日(金)1日目★

最初に訪れるのは、リアス・アーク美術館。2011年3月11日から約2年間にわたる独自調査記録資料(被災現場写真203点・被災物155点)その他歴史資料等137点、資料総数約500点が展示された「東日本大震災の記録と津波の災害史」を鑑賞します。

リアスアーク美術館のコピー

(時間が許せば、歴史・民俗資料常設展示の「方舟日記」もオススメです。)

その後は陸前高田市内へ移動して、奇跡の一本松へ。

駐車場内の観光物産施設「一本松茶屋」には「奇跡の醤」で有名な八木澤商店のショップもあるので、糖分補給も兼ねてぜひしょうゆソフトを試してほしいところ。

DSCN7125

お次は佐藤たね屋さんへ。

DSCN7070

陸前高田にUターンするまでは、トマトの品種改良が専門の仕事だった佐藤さん。(写真右側でもりもり育っているのは、特許申請中の「トマトとナスが実る苗」。)

自宅兼店舗を津波で流されましたが、元の場所に瓦礫で仮設店舗を作り、現在は少し離れた場所に移転オープン。種苗店を営業しながら、陸前高田の歴史文化や震災のことを世界に伝えようと、英語で執筆した『The Seed of Hope in the Heart』を自費出版。(第一版では50ページでしたが、版を重ねるごとにページが増え、現在は150ページに。)

DSCN7233

大工仕事も英語も、震災前には全く触れてこなかったというのですから驚きです。

「植物が育つと勇気付けられるでしょう」と話す佐藤さん。ここでは「つくる」「考える」「発信する」ことについて、想いを馳せる時間となりそうです。

箱根山テラスに到着後は、オリエンテーション。移動続きで自己紹介もままならない1日目ですが、ここでお互いご挨拶。

そして、私どもS-AIRと、陸前高田AIR(講師は、陸前高田AIRプログラムディレクターの日沼禎子さん、同コーディネーターの松山隼さん)のプレゼンテーションです。

陸前高田AIRは2013年にスタート。「自然とともに生きてきたこの土地の人々がつくり、継いできたもの、有形無形の文化を、国内外のアーティストの視点により映像、写真、ダンス、ワークショップなどによって可視化する活動」についてご紹介いただきます。

この日の最後は交流会。食事が美味しいと評判の箱根山テラスですから、どうぞ楽しみにしていてください!

FBのイベントページはこちら

ーーーーーーーーーーーー

【参加者募集要項】

日程:2017年9月22日(金)~24日(日)*二泊三日の合宿

対象:日本国内でAIR事業を運営している方、AIR事業開始を検討中の個人・団体、地方自治体・まちづくりに携わる方、コミュニティとアート、東南アジアのアートに関心のある方

定員:15名(先着順)

申込締切:9月11日(月)

参加費: 30,000円
2泊朝食付き、全プログラム参加費、いわて花巻空港やJR一ノ関駅までの送迎・視察の移動費含む。
※交流会は別途参加者負担
※当宿泊施設は全てツインルームになります。1名での参加の場合は相部屋になりますので、ご了承ください。
滞在場所:箱根山テラス

参加申込(受付終了)

参加ご希望の方は、メールにて、お名前、性別、郵便番号、住所、電話番号、応募動機(ご自身の活動に関連付けて、200字程度でお書きください)、3日目のランチ予約の有無をご記載の上、以下のアドレスまでお申込みください。

info@s-air.org (担当:松田)