Midori Hiroseトーク&松田壯統・S-AIRアワード報告会のお知らせ

アメリカのポートランドで日本人作家を専門にレジデンスプログラムを実施するEnd of Summerとの連携により招へい中の、キュレーターMidori Hirose(ミドリ ヒロセ)によるトークと、S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)派遣作家による報告会「AFTER AIR」をテラス計画にて開催します。

ミドリ・ヒロセは、パフォーマンスや女性であることを焦点にしたキュレーション、コミュニティ・アートの企画を行い、アーティストとしても活動しています。今回のトークでは、自身も運営に関わる「End of Summer」のことや、札幌滞在中の調査について発表します。

また、同時開催として、上海を拠点とするoffice339と上海近隣の江蘇省崑山市錦渓鎮という古都に昨年設立されたばかりのPoints Center for Contemporary Art(PCCA)との連携により、S-AIR アワードとして公募により選ばれ派遣された松田壯統による滞在制作報告会も行います。「死」をテーマとした滞在制作のこと、中国の古都に新設されたばかりのアートセンターでのレジデンスはどのようなものだったのか語っていただきます。

当日は、今年の「End of Summer」に参加した日本人アーティストも数名来場予定です。さまざまな角度から意見を伺うことのできる機会となりますので、皆様のご参加お待ちしております。

 

◆Midori Hiroseトーク&松田壯統「S-AIR Award」報告会

2018年12月22日(木)16:00〜18:00 ※入場無料

▷場所:眺望ギャラリー テラス計画(北2条西4丁目1 赤れんがテラス内5F 赤れんがテラス5階

→3階より専用EV)

▷プロフィール
midori_hirose

ミドリ・ヒロセ | Midori Hirose

滞在期間 12月8日〜12月28日

オレゴン州ポートランドを拠点に活動するインディペンデントキュレーターであり、協働や交換プログラムを専門に、活動を行う。彫刻家、コンセプチャル・アーティストとしても活動を行う。その地域の概念や対話を反映する社会的側面を引き出しながら、表現方法の微妙な違いを捉え、サイトスペシフィックなインスタレーション作品を企画。

最近キュレーションを行ったものには、「Never Not Here | PPROT-SE」(OV Project Space/ポートランド)、「GG at the Helm」(Bronco Gallery/コロンビア・リバー・ゴージ)、「Utopian Visions Performances」(PICA TBA-Festival/ポートランド)がある。End of Summerレジデンスプログラムの運営にも関わり、Mixed Needs Plastics Collectiveの設立メンバー、FORM+ADXレジデンスプログラムの設立者でもある。

https://www.midorihirose.info/

 

松田壯統 | Masanori Matsuda

masanori_matsuda

1982年 兵庫県生まれ。2009年 東京芸術大学大学院 美術研究科 先端芸術表現専攻修了。
2017-18 ポーラ美術振興財団在外研修員としてアイルランドに滞在。
阪神大震災により自宅が倒壊し、崩壊した壁の向こうから差し込む光の空間を経験する。
そのイメージを原点に、人が信じてきた対象や太陽や魂などの時空を超えた故郷を象徴的に使い、多角的なリサーチと表現によって、失われたものをこの世界に存在させる方法を模索している。
最近の活動として、死と再生の流れをテーマとする作品をコネマラ(アイルランド)、
ジュネーブ(スイス)、錦渓鎮(中国)の各レジデンスで発表。
2019年春にはポーランド日本国交100周年の展覧会(京都・ポーランド)に参加を予定している。
(※PCCA派遣時の滞在ブログは、 こちらから
S-AIR Exchange Programme 2018

主催 特定非営利活動法人S-AIR
助成  文化庁 平成30年度アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業/公益財団法人北海道文化財団/札幌市さぽーとほっと基金助成事業/札幌市文化芸術振興助成金(札幌ーポートランド交換プログラム)
協力 なえぼのアートスタジオ /Points Centre for Contemporary Art/office339 /Goldsmiths, University of London/Wales Arts International/End of Summer /さっぽろ天神山アートスタジオ

広告