リサーチ&ポートフォリオ講座

17日は予定がモリモリと詰まった1日でした。

まずは午前中に、赤平アートプロジェクトのことを上遠野敏さんに伺うため、札幌市立大学へ。

DSCN1307

2004年からそらち炭鉱の記憶アートプロジェクトがスタート。

DSCN1312

初年度は赤平、2009年は幌内布引、2011年は夕張清水沢、と、場所を替えて継続中です。※詳細はこちらを。

DSCN1313

このプロジェクトが始まった経緯について、ドイツなどの炭鉱跡地を利用した公園等を紹介しながら説明してくださいました。

DSCN1318

インタビュー後は、簾舞にあるカレー屋さんへ。

DSCN1322

上遠野さん、貴重な時間をいただきありがとうございました!そしてご馳走様でした!

午後からはS-AIR事務所にてポートフォリオ講座。

DSCN1327

作品について話しながら、意見交換をしたりアドバイスをしたり。

DSCN1329

DSCN1332

DSCN1345

DSCN1267

DSCN1368

参加されたアーティストにとって、英語で自身の制作について話す良い機会。説明が難しいところは通訳補助が入ります。

ミドリさんにとっては、札幌のアーティストの創作環境や事情がわかる側面もあり、とても興味深い時間となったようです。

夜はS-AIRが入居するなえぼのアートスタジオの忘年会があり、ミドリさんもそのまま参加。

DSCN1353

入居アーティストとたくさん交流することができました。

DSCN1360

S-AIRの理事でアーティストの伊藤隆介さんにもご挨拶。

DSCN1366

アーティスト・ラン・スペースのなえぼのアートスタジオのことも、とても気に入ったようでした。そして、こうやってみんなが集って食事を囲み、作品や制作について話し合う環境をつくっていることから、「つながりをつくる」ということへの考察を深めていた様子。

滞在中のリサーチや、そこからの考察については、22日のトークで話す予定です。楽しみにしていてくださいね。

広告