タグ: Yan Lei

「ヤン・レイ&ヘレン・グローブ・ホワイト」展覧会/トーク&naebonoオープンスタジオのお知らせ

1811S-AIRnaebono

経済発展を背景にアート市場も拡大し続ける中国を拠点に、グローバル化したアートに問いを投げかけるヤン・レイ、原発の世代交代を背景に、アーティストとして地域の声を通したプロジェクトを企画するヘレン・グローブ・ホワイト、近年創造都市として注目されるポートランドという都市で、日本人アーティストに特化したレジデンスプログラムを運営するマット・ジェイ、それぞれの行なった日本での滞在制作・調査について、展覧会とトークを通じて発表を行います。

●「ヤン・レイ&ヘレン・グローブ・ホワイト」展覧会

2018年11月2日(金)、3日(土)、★4日(日)※トークあり
開館時間:13:00-20:00
会場:なえぼのアートスタジオ1F展示スペース

●AIRケーススタディシリーズ

・2018年11月4日(日) 16:00-19:00
会場:なえぼのアートスタジオ

<招へいアーティスト&キュレーターによるトーク>

①アーティストトーク:ヤン・レイ(招へいアーティスト) +聞き手・山本雄基(なえぼのアートスタジオ)

②アーティストトーク:ヘレン・グローブ・ホワイト(招へいアーティスト) +「下北半島核をめぐる現地調査」東方悠平(AIR-H/八戸)

③キュレータートーク:「End of Summer レジデンスプログラムについて」マット・ジェイ(招へいキュレーター)

 

・2018年11月11日(日)18:00-20:00

会場:眺望ギャラリーテラス計画(参加無料)

<ウイマム・アーティスト・イン・レジデンス連携企画トークセッション>

④「レジデンスとフィールドワーク(仮)」森永泰弘(サウンド・アーティスト)×エド・プルフォード(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター研究員)

※ウイマム文化芸術プロジェクト https://uymam.localinfo.jp/

※やむを得ず予定が変更になることがあります。あらかじめご了承ください。

————————————–

<招へいアーティスト/キュレーター・プロフィール>

Yan Lei | ヤン・レイ(アーティスト)

北京を拠点に、急速にグローバル化したアート界との自らの関係を問い、アーティスト、文化、絵画の関係性を探る作品を制作。ドクメンタ、ヴェネツィア・ビエンナーレ等多数の国際展等に参加。2002年中国現代美術賞最優秀芸術家賞受賞。

Helen Grove-White | ヘレン・グローブ・ホワイト(アーティスト)

英国ウェールズを拠点に、人間と自然環境が交差する過程で生まれる問題などについて作品を制作。地元の原発が廃炉し新設されることから、過去と未来という概念を軸に制作する。X-10というアーティストグループを結成し活動する。

Matt Jay | マット・ジェイ (キュレーター)

日本の現代美術に関する調査やアーティストのサポートを行う、End of Summerの設立者でありディレクター。プロジェクト・スペース「池の底」の共同運営も行う。

【なえぼのオープンスタジオ 2018 Autumn】

1811sair+naebono-1

札幌を活動拠点とするアーティストが中心となって運営を行うアーティスト・ラン・スペースである「なえぼのアートスタジオ」では、10組以上のアーティストスタジオ群をはじめ、アーティスト・イン・レジデンス運営団体、企画ギャラリーのビューイングルームなどが入居。年に数回オープンスタジオが開催され、今回は新たな入居者も増えたことで多彩なアーティストの制作現場を覗ける機会となります。(石山ひなの、今村育子、小里純子ほか作家14名、2ギャラリー参加)

●オープンスタジオ
2018年11月4日(日) 13:00 – 20:00
(19:30からクロージングパーティー開催!)
会場:なえぼのアートスタジオ

 

皆様のお越しをお待ちしております。
*チラシのダウンロードはこちらから

[S-AIR Exchange Programme 2018]
主催 特定非営利活動法人S-AIR
助成  文化庁 平成30年度アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業/公益財団法人北海道文化財団/札幌市さぽーとほっと基金助成事業/札幌市文化芸術振興助成金(札幌ーポートランド交換プログラム)
協力 なえぼのアートスタジオ /Points Contemporary Art Centre/office339 / Goldsmiths, University of London/Wales Arts International/End of Summer /さっぽろ天神山アートスタジオ

広告

Yan Lei

ヤン・レイ

index-about-white2

(b. 1965, Hebei,China) 中国河北省生まれ、北京を拠点に活動する。写真をデジタルで色調の幅を狭めた人工的な色へと変換させた絵画や、急速にグローバル化したアート界との自らの関係、日常を反映させたイメージを分析・再構築し、アーティスト、文化、絵画の関係性を探る作品を制作。近年では、フォルクスワーゲンの工場内に、部品ではなくアート作品に置き換えた製造ラインを復元した作品「RÊVERIE」がある。

IMG_0928

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yan Lei, LIMITED ART PROJECT, DOCUMENTA 13, 2012

Red Brick Art Museumでの個展、MoCA上海、ポンピドゥー・センターでのグループ展、広州トリエンナーレ、第50回ベニスビエンナーレ、ドクメンタ13など、多数の国際展で作品を発表する。

 http://yan-lei.com

●2018年度招聘 

連携団体:Points Contemporary Art Centre(中国江蘇省)/office339(上海)

 

Yan Lei(ヤン・レイ)さん到着!

S-AIR Exchange Programme 2018 秋期レジデンスプログラム招へいアーティストの一人目、Yan Lei(ヤン・レイ)さんが北京から到着。

DSCN0657

S-AIR事務所にて。左から代表柴田、インターンの福井さん、ヤンさん。

初日の夜は、早速S-AIR恒例のトリトンで夕食。

DSCN0659

ご満悦。 “Yan Lei(ヤン・レイ)さん到着!” の続きを読む