タグ: Tengshing Kazama

S-AIR Award: 風間天心さんカンボジア滞在記③

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、Sa Sa Art Projectsとの連携によりカンボジア・プノンペンに滞在中の風間天心さんから、滞在記第三弾が届きましたのでご紹介します。

SSAPと、自身のスタジオがある札幌の「naebonoアートスタジオ」との比較、アンコール遺跡の物量に圧倒される様など、今回も盛りだくさんです。

※風間さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


1/27() 【カンボジア滞在10日目】

僕が滞在している間、SSAPではずっと展覧会が行われています。と言っても日曜~火曜は休廊ですが。

先日サウンドワークショップを行っていた「Arnont Nangyao」の個展です。

web_IMG_9285

Khvay Loeung」というユニークなお爺ちゃんを追いかけていて、ワークショップもこのお爺ちゃんと共に行なっていました。

実はSSAPから歩いて5分ほどの距離に「トゥール・スレン博物館」があります。かの「*クメール・ルージュ」によって多くの人間が収容・尋問された結果、殺害された刑務所(Security Office 21)です。

刑務所として利用される前は高校だったため、建物の作りと使用方法にかなりのギャップを感じさせられます。実際に使用された拷問器具など、かなり生々しい状態で保持されています。

SSAPには僕以外にも常に1~2人が寝泊まりしていますが、帰っても誰もいない夜があります。

web_IMG_9265

真っ暗な共有スペースにうっすらと葉陰が落ちます。このすぐそばにトゥール・スレンがある事を思い出すと当時の状況や服役者に思いを馳せてしまいます。

web_P1350929

*「クメール・ルージュ」とは、「ポル・ポト」を中心とした政治勢力、武装組織。活動期間は1968-1996年。プノンペンなどの大都市を占領し、市民を農村へ強制移住させて強制労働(農業)を強いる。学校や病院を閉鎖し、貨幣を廃止し、宗教を禁止し、富裕層・各種専門家・知識人階級とその関係者らを大量殺戮した。

1/28() 【カンボジア滞在11日目】

滞在中に開催するイベントの準備が進んできており、外に出られる時間が少なくなって来ました。

先日SSAPのメンバーとランチを行なった際の写真です。

web_IMG_8795

彼らはおおよそ僕と同じくらいの年代のアーティスト達で、週に一度くらいは必ず集まってミーティングを行なっています。

写真左から、LIM Sokchanlina(SSAP共同創設者) VUTH Lyno(アートディレクター、SSAP共同創設者)KOURN Lyna(公式プログラムコーディネーター)Sosoth Sovankong(インターン、SSAPに寝泊まり)Sokleng Launh(テクニカルアシスタント、空港へ迎えに来た)KONG Dara(滞在者コーディネーター、僕の世話係)Arnont Nangyao(現在展示中のタイのアーティスト、SSAPのスタッフではないが滞在経験もあり皆と仲が良い)KHVAY Samnang(SSAP共同創設者)。

昨年から札幌でスタートした「naebonoアートスタジオ」も同世代のアーティスト達が運営しています。両者は「作家個別のスタジオが主軸」と「作家の交流や企画が主軸」など、いくつかの点で違いがありますが、二つのグループを比較してみると、それぞれのメリットや課題が見えてくる気がします。

せっかくなので、ここでカンボジアの料理を紹介。(この時食べた料理ではありません)

web_IMG_1906

蓮を使ったサラダ。蓮は料理だけでなく、祭壇に供えたり様々なタイミングでみかける存在です。

「アモック」という茶碗蒸しのような料理。

web_IMG_1910

店によって違いはありますが、味も食感も日本人好みの料理です。

1/29() 【カンボジア滞在12日目】

忙しくなる前に、急遽アンコール遺跡へ行くことに決めました。早速、飛行機とホテルを予約。

夜にシェムリアップ空港に到着し、トゥクトゥクでホテルまで。プノンペンに比べると更に舗装が悪いので、砂埃がひどくて目を開けていられません。車にしておけばよかったと後悔。

ホテルのロビーには、どこのお店で見かける中国系の神棚。ここの物は色合いも美しく立派です。

web_IMG_9400

日本のように高所に祀られるものもありますが、このように床に置かれるのも一般的です。

シェムリアップの街で夕食を探します。中心部の一角なので、すぐに繁華街に入りますが、遺跡を見にきた事を忘れてしまうぐらいの喧騒です。夜が深まるにつれてすごい人混みになります。

web_IMG_9374

同じ場所を昼間に見直すと、夜は見えなかったカラフルな傘がぶら下がっていました。

web_IMG_9896

1/30() 【カンボジア滞在13日目】

ホテルで呼んでもらったトゥクトゥクでアンコール遺跡へ。周遊するコースを3つくらい用意しているみたいですが、最短のコースにしてもらいました。

ちなみに「アンコール・ワット」の周辺には広範囲に遺跡が点在しています。

はじめに「バンテアイ・クディ」という遺跡へ。上智大学アンコール遺跡国際調査団の看板が。ここが遺跡の初見だったせいもありますが、僕はここが一番よかったです。何よりも人が少ない。

内部にある仏像上部にカラフルな旗が。

web_IMG_9464

一人のおばあちゃんがしきりにお参りを進めていました。

次に行ったのが「タ・プローム」。トゥームレイダーのロケ地らしく、いろんな人に何度も言われました。

かなりの部分にスポアン樹木(ガジュマルの一種)が覆いかぶさっています。

web_IMG_9556

他にもいくつか遺跡を回りましたが、昼食を挟んでやっと一番巨大な「アンコール・トム」へ。

と思ったら変な場所で一旦止まります。「友達にお金を返すから」と友達を待ちます。その間に運転手の彼と小話。彼には両親がおらず、妹と2人、近郊の町で暮らしているそうです。

「アンコール・トム」はとても広大な敷地で、その中にもかなり巨大な遺跡がいくつもあります。写真ではその身体感覚が全然伝わらないので、彫刻の近景をいくつか。あまりの物量に一人の表現者として想像がまったく追いつきません。

web_IMG_9628

修復されている箇所もかなりありますが、かなりの部分が発見されたままの配置で、石が点在して立っています。写真は「ガルーダ」と思われる何かの一部。

web_IMG_9522

駆け込みで「アンコール・ワット」に到着。内部では僧侶たちが占いをしています。

web_IMG_9776

装飾の細部、自然との関係性からも、技術以上の何かを感じ、西洋の遺跡よりも心底惹かれる遺跡群でした。

わざわざ僕がいうまでもありませんが、とても1日では満足できません。

最後にお決まりの構図を一枚。

web_IMG_9869

1/31() 【カンボジア滞在14日目】

今日はカンボジアの祭日「ミアック・ボーチァ(万仏祭)」です。

web_IMG_9889

シェムリアップにあるお寺に来ました。お寺に来ておきながら、建設現場が気になってしまいました。

web_IMG_9886

製材されていない木が整然と立てられており、用途が気になります。

今更ですが、もともと暑いのが得意ではないので、日に日に疲れが溜まってきました。

web_IMG_8975

改めて遺跡を見に行こうかと迷いながらも、体力回復のために早めにプノンペンへ帰ろうかと思い、飛行場でフライトを1本早めようとトライしましたが、ギリギリ間に合いませんでした

このタイミングに空港のレストランでこのブログを書いています。

明日はSSAPで僕の「アーティスト・トーク」です。


シェムリアップのお寺の彫像、何気に破壊力あるシーンが表現されていますね。

先週末にSSAPで開催された、天心さんのトークやWSのことも気になりつつ。次回更新もお楽しみに〜!

 

広告

S-AIR Award: 風間天心さんカンボジア滞在記②

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、Sa Sa Art Projectsとの連携によりカンボジア・プノンペンに滞在中の風間天心さんから、滞在記第二弾が届きましたのでご紹介します。

国立博物館やパゴダ巡りなど、精力的に視察をしている模様。アーティストで僧侶でもある天心さんの眼に映る、寺院とその周辺の風景をお楽しみください。

※風間さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


1/22() 【カンボジア滞在5日目】

2/1SSAPで予定しているアーティスト・トークのために、通訳を紹介してもらいました。その後、僕の世話役をしてくれているDara にモバイルショップへ連れていってもらい、カンボジアでの電話番号を取得。

P1350773

帰りに「独立記念塔」へ。1958年にフランスからの独立を記念して建てられたもの。

P1350754

その隣にはノロドム・シハヌーク前国王の像。

P1350765

動乱期に2度、王、首相となり、大統領にもなった。

いくつかのリエル紙幣に肖像が描かれています。

1/23() 【カンボジア滞在6日目】

iPhoneに入れたアプリ「PassApp Taxi」でトゥクトゥクを呼び、国立博物館へ。道で声をかけてくる流しに乗ると倍くらいボッタクられたりするので、ちゃんと距離計算してくれて安心です。

博物館は「プレ・アンコール期」「アンコール期」「ポスト・アンコール期」の3セクションに分かれています。造形的側面からも歴史的側面からも充実した内容です。

館内は撮影禁止なので、入口にある「ガルーダ像」のみご覧ください。

web_P1350914

ガルーダはインド神話に登場する架空の動物で、日本でいう「天狗」。最近なら「鳥人」です。

日本でいう修学旅行生みたいな集団にぶつかりました。

web_IMG_8722

若い僧侶たちもチラホラ見かけます。

web_IMG_8726

仏像の歴史を勉強しにきているのか、仏像を拝みに来ているのか判断が難しいところですが、たぶん前者です。ガイドに案内されていたり、写真を撮ったり、たまに携帯で話したりしています。

博物館なので当たり前の行為なのですが、オレンジの僧衣だと気になってしまいます。「博物館・美術館で鑑賞する仏像」と「お寺で拝む仏像」のちがい。これは日本でも同様に起こりうるギャップです。

博物館の隣には国立芸術大学があり、その横には絵画などを売る店が並んでいます。

web_IMG_8758

web_IMG_8742

古い佇まいのお店にはよく、中国由来と思われる漢字が書かれた「神棚」らしきものがあります。ここのお店にも絵画に埋もれて2つあります。奥の右上と真中下。

1/24() 【カンボジア滞在7日目】

今日はカンボジアの「Buddha’s Day」です。「満月、上弦、下弦、新月」のタイミングで月に4回あるようです。

プノンペンの名前の由来になっている「ワット・プノン」へ。

web_IMG_8819

「ワット」はお寺全体、「パゴダ」は仏塔。(日本では「五重の塔」など)のことを指しますが、みんなお寺のことを「パゴダ」と呼んでいる気がします。

web_IMG_8844

内部はそれほど広くありませんが、装飾が美しく、「プンピアット」という打楽器の合奏も相まって、日本のお寺とは少し違った趣があります。祭壇の前にはひっきりなしに人が来て、合掌した状態の手に線香を持ち、熱心にお祈りをしています。

そこから程近い「セントラルマーケット」へ。プノンペンには沢山のマーケットがありますが、このセントラルマーケットを中心にして町が広がっています。

Iweb_MG_8899

大きな建造物では装飾品が、周辺では衣類や食品などが売られています。

web_IMG_8887

全体を覆い尽くす「緑のネット」が屋根代わりになっていますが、カンボジアでは工事現場や建築用ネットにも全て同じ緑のネットが使用されています。

web_IMG_8929

夜はSSAPのスタッフに誘われて「フレンチ・インスティチュート(Institut Francais-Cambodge)」へ映画の上映会に行きました。

ここでは毎日のように各種イベントが行われており、今週はカンボジア映画週間だそうです。今日の上映会は「Golden Slumbers」という映画で、若干34歳のDavy Chou」監督による2011年の作品。彼の祖父は有名な映画プロデューサーだったそうです。

1960(初のカンボジア映画)1975(クメール・ルージュの到着)の間に制作された400本の映画は、現在30本しか残っていないそうです。

クメール語からフランス語への翻訳なので、内容は正直よくわかりませんでしたが、残念。

web_IMG_1903

1/25() 【カンボジア滞在8日目】

先日のトークで知り合った日本人の「Poco」さんに案内してもらい、プノンペンのパゴダ巡り。

最初のお寺は「Wat Thann」。入口付近では、障害者が工芸品などを制作しています。こちらのお寺では、僧侶だけでなく、寺男や様々な職種の人たちが敷地内で生活しています。

食堂に入ると机が並んでおり、ここで僧侶が食事をするそうです。

web_IMG_8963

僧侶の食事はいわゆるお布施で、僧侶が食べ終わると今度は、家や仕事のない貧しい人たちが食べるようになっています。

このパゴダでは、たくさんの僧侶が生活しており、あらゆるところに僧衣が掛けられています。

web_IMG_8972

次は「Wat Preahyouvong」。入口には沢山の神棚が並んでいます。

web_IMG_8983

これは家の中にではなく、家の前に置くものです。大抵は黄色や金色をしていますが、大きさや装飾、色合いも様々。

すぐそばで、女性が色塗りの作業をしていました。他の場所でも女性がお寺の装飾を作っていました。

ここのお寺の本堂に辿り着くまでには、狭い路地が入り組んでおり、沢山の家が並んでいます。

web_IMG_9015

それぞれ簡単な食材やお菓子、雑貨などを売っており、このお寺の周辺で一つの町ができています。

3つめは「Wat Botum」。ここはかなり大きなお寺です。建物も大きなものが沢山建っています。その中でも特に広いホールのような場所へ。

web_IMG_9082

金色に輝く正面の仏像と、天井一面に描かれた絵にも圧倒される空間でした。ここはかなり大きな儀式が行われる場所のようです。

最後に訪れたのが「Wat Ounalom」このお寺では、仏教だけでなく、ヒンドゥー教や様々な文化の影響を受けたもので溢れています。裏手にはカンボジアで亡くなった日本人2名のお墓がありました。

web_P1350804

一人はボランティア活動家、一人はジャーナリストです。いずれも「クメール・ルージュ」時代に亡くなっています。

1/26() 【カンボジア滞在9日目】

何度も近くを通っていましたが、やっと「王宮」の中へ。

今日は王様がいないので、中へ入れる場所が多くありました。英語ガイドに案内されて、「王宮」と、その隣にある王室の仏教行事が行なわれてきた場所「シルバーパゴダ」を見学しました。

web_P1350879

シルバーパゴダの名前の由来は、床一面に銀のタイルが敷き詰められているからです。

カンボジア人の大半は仏教徒ですが、王室では今も「仏教」と「ヒンドゥー教」両方の儀式があり、それぞれの衣装や道具も同様に揃っているそうです。

シルバーパゴダの壁面には360度、壁画が描かれており、多くの部分が風雨による侵食を受けています。

web_P1350857

少しずつ修復し続けているのですが、修復費用が追いついていないそうです。

夜は国立博物館で毎晩行われている「プラエ・パカア」を鑑賞。

web_IMG_9209

民間の芸術団体「カンボジアン・リビング・アーツ」による様々な伝統舞踊が見られるショーです。

この団体のアーティストたちも、もともとSSAPがあった「ホワイトビルディング」にいたそうです。「ホワイトビルディング」については後ほど改めて紹介します。


※寺町の雰囲気は、日本と似た印象を受けますね。次回更新もお楽しみに〜。

S-AIR Award: 風間天心さんカンボジア滞在記①

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、Sa Sa Art Projectsとの連携によりカンボジア・プノンペンに滞在中の風間天心さんから、滞在記が届きましたのでご紹介します。

※風間さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


1/18() 【カンボジア滞在1日目】

プノンペン国際空港で直接VISAを取得して、無事入国できました。僕の滞在先はカンボジアの首都であるプノンペン市内にあります。

空港へ迎えに来てくれた El Leng と共に「トゥクトゥク」で滞在先のSa Sa Art Projects(以後SSAPに省略)」へ。

IMG_8657のコピー

SSAPでは、常駐している「Dara」と「Lyna」が迎えてくれ、軽く施設を案内してくれました。

IMG_1773のコピー

僕にはベッドルームとスタジオが与えられ、他にはギャラリースペースや事務所があります。

IMG_8666のコピー

IMG_8619のコピー.jpg

IMG_8624のコピー.jpg

SSAPのスタッフやアーティストらと一緒に夕食へ。いきなりバイクのニケツです 笑。こちらには信号があまりなくて、交差点では、ほとんど「勘」で譲り合っています。

カンボジア料理を堪能して、本日は就寝。

IMG_1781のコピー.jpg

さすがに雪国(-10)から南国(33)への移動は体にこたえます

1/19() 【カンボジア滞在2日目】

少し疲れが出てきたので、スタジオで荷物の整理をしてから、近場を歩いてまわりました。町を歩いてすぐに気になったのが「電線」の異常な重複。

IMG_1777のコピー.jpg

そして道には「歩道」という存在がありません。みんな移動はバイク(2~3人のり)車のみで、歩いている人は皆無です。むしろ歩行者が車の邪魔になっている気がしてきます。

10分に一度の確率で、「トゥクトゥク」や「普通のバイクに乗っているおっさん」に「乗ろうぜ!」と声をかけられます。

IMG_8644のコピー.jpg
*トゥクトゥク:三輪式のタクシー。カンボジアではバイク後部に客車を接続したタイプも。

とにかく全ての距離が近い。身体的にも、精神的にも。多くの場所が舗装されていないので、境界線が曖昧です。

そのため、人バイク動物、全てが接触スレスレで動いている感じ。行き交う人どうしの境界線もすごく曖昧で、こちらが距離をはかる間も無く、瞬時に親しみが生じます。

IMG_1782のコピー.jpg

1/20() 【カンボジア滞在3日目】

現在SSAPで展示しているタイのサウンドアーティスト「Arnont Nongyao」がワークショップを行うので、スタッフのバイク(ニケツ)に乗ってついて行きました。

ワークショップ会場はスタジオから遠く離れていて、いわゆる「郊外」の雰囲気。会場は普段、撮影に使われるスペースらしく、想像していたよりもずっと広いです。

IMG_8628のコピー.jpg

日用品などを使って、音とリズムを身体感覚で感じる「サウンドワークショップ」。

IMG_1801のコピー.jpg

ワークショップの準備中に、僕はちょっと外へ出て、あたりを歩きます。

近所の子供たちがサッカーをしてはしゃいでいたり、隣の商店のおばちゃんは、カップヌードルに黙ってお湯を注いでくれたり、市街地よりも更に親密な空気です。

IMG_8659のコピー.jpg

街並みの中に突然、だだっ広い空間が現れます。高いビルも時折現れますが、ほぼ未完成。全てが現在進行形で作られている最中です。

IMG_8643のコピー

夕方からはタイの映像作家「Pathompong Manakitsomboon」のアーティストトーク。

映像作家なので、同じくタイの映画監督「アピチャッポン」の名前が出たりして、過去の映像作品から文脈をたどるような内容が多く、アートに詳しくない観客は途中から少し退屈している様子でした。彼の作品は魅力的なので勿体ないな、と。

IMG_1813のコピー

夜は川辺にある店で打ち上げです。

IMG_1815のコピー

2人のタイ作家以外にもカンボジア外からアーティストが訪れていて、アジア周辺国のアーティストは頻繁に行き来して活動しているようです。

今夜はカンボジアへ来てはじめて日本人の方と会い、新たな情報をたくさん得ました。滞在中の活動にも広がりが出そうです。

1/21() 【カンボジア滞在4日目】

日曜日なので、イオンモールへ行きました。歩いて。どこのお店も日曜営業していますが、やはりイオンは家族連れで混雑していました。

1.9ドルショップで生活雑貨を購入。短期滞在者には非常に助かります。ちなみに現在、約「1(アメリカ)ドル 110(日本) 4000(カンボジア)リエル」。食事やタクシーなど多くの支払いは、ドルで支払ってリエルのお釣りがきます。

旧正月・春節(2月中旬)が近いので、いろんな飾りが売っていました。

IMG_1828のコピー.jpg

春節は中国のイメージですが、文化的には様々な形で中国との交わりを感じます。植物への強引な飾りつけはどこの国も同じですね。僕は嫌いじゃありません。

IMG_1820のコピー.jpg

ずっと気になっていたスタジオ向かいの派手なビルは「カラオケ」だそうです。

IMG_8681のコピー.jpg

ただし「KTV」という、いわばキャバクラのような営業スタイルのお店。はじめて知りましたが、いかがわしい雰囲気は十分に感じとれましたヨ。


※バイクの二人乗りで、スタッフとも一気に親しくなりそうですね!次回更新もお楽しみに〜!