タグ: Japan

PCAC(中国江蘇省)でのレジデンシー参加アーティスト募集

NPO法人S-AIRでは、中国上海を拠点とするoffice339、そして上海近隣の古都である江蘇省崑山市錦渓鎮に昨年設立されたばかりのPoints Contemporary Art Center(PCAC)との連携による交換プログラムの一環として、同センターでのレジデンスプログラムへの参加アーティストを募集します。対象となる分野は、ビジュアルアーツだけではなく、演劇、パフォーミング・アーツも含まれます。全国からのご応募をお待ちしています。

pcac

Points Contemporary Art Center(PCAC)は、2017年に設立され、国際的なレジデンスプログラム、アーカイブプロジェクト、展覧会、現代アートの教育普及活動を軸にした活動を行っています。PCACがある崑山市錦渓鎮は、上海から車で約1時間のところに位置する千年以上の歴史を持つ古い町。橋、運河、建築が密集し、その景色は何百年も変わっていません。同センターは「芸術の中の生活」を提唱し、世界中からの招へいアーティストの創造活動と生活をサポートしながら地域の芸術文化とつなげ、市民が現代アートと交流するための環境とプラットフォームづくりに貢献します。

滞在条件

◆滞在期間  2018年9〜11月の間、最低30日間、最大90日間(※日程は受け入れ先と要調整)

◆募集分野

ビジュアルアーツ / 彫刻 / 演劇* / パフォーミング・アーツ* / テキスタイル / メディア・アート / アーバン・アート

(*演劇やパフォーミング・アーツも可能ですが、劇場や専用の施設はありません。パフォーマンスは基本的に展示スペースにて行い、現地のスタッフと相談の上で実施する形となります。その点を考慮しご応募ください。)

◆助成内容・条件

※渡航費と材料費は、領収書と搭乗券の半券と引き換えに返金となります。

・ 渡航費(日本〜上海、往復) 上限5000元まで(8万円程度)

・日当  1日200元

・材料費 6,000元まで(10万円程度 ※購入したものの領収書と引き換え)

・宿泊費 Points Contemporary Art Centerの施設に宿泊、自費でのパートナー同伴可 ※要相談

・インターネット / オフィス / キッチン / 工具室

・レジデンスの最後に成果発表として展覧会を行っていただきます。

・滞在期間中はプログラムの一環として、上海市内に短期滞在(10日間以内)の可能性もあります。そのほか、地元でのアーティストのスタジオ訪問なども予定

・帰国後はS-AIRへのレポート提出と札幌市内で報告会を行っていただく予定です。(※この時の札幌までの旅費・宿泊費は3万円を上限に支給されます。)

◆参加資格

・基礎的な英会話(または中国語)でのコミュニケーションが可能な方で、地元のコミュニティーと積極的に交流することに関心があり、自立して活動できること。

・日本国籍を有する方。

・上海に到着する前までに、旅行保険に加入することが必要です。万が一、健康状態の悪化等の理由でレジデンスプログラムを終えることができなかった場合は、上記助成は無効となり、滞在費等係る費用すべては各自ご負担いただきます。

応募要項・申請書ダウンロード

下記リンクよりダウンロードの上、ご応募ください。

※必ず英語版(2018_PCAC_Guideline_en.pdf)で詳細もご確認の上、ご応募ください。

↓↓

https://goo.gl/KWtTGy

応募方法

書類(A4)は全て英語で作成し、ひとつのPDFにまとめ、無料のオンラインサーバー等をご利用の上、ファイルへのリンクを下記アドレスまで申請してください。

※メールに大きなファイルを添付しないでください。

締切 8/10(金)日本時間 午前9:00 必着

申請先アドレス:  submission@s-air.org
件名:  「PCACレジデンス応募書類 〈ご自身の名前〉」

オンラインにて上記締切時到着分まで受け付けます。この日時を過ぎて到着した応募用紙は受付しません。応募用紙、資料に不備のある場合、応募方法が守られていない場合、応募は無効となります。応募書類は必ず英語で作成してください。

  1. 記入済申請書(PDF/Wordファイル、A4)
  2. 履歴書/CV(PDF/Wordファイル、A4)
    展覧会経歴、学歴なども忘れずに記載してください。この申請で記載されている情報は、広報等の際に使用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  3. ポートフォリオ(PDF、6ページ以内)
    代表する主な5点の作品(解説も含む)を紹介するポートフォリオPDFファイル
    ※動画の場合:ビデオファイルを、VimeoまたはYouTubeにアップロードの上、リンクをサンプルのリストに記入してください。

最終選考結果について

一次選考はS-AIR選考委員会、最終選考は連携団体により行われます。選ばれた方には、下記日程までにご連絡差し上げます。(※多くの応募者が予想されますので、個別のケースにはお答えすることができませんのでご了承ください。)

選考結果発表は、 8月24日 を予定しています。下記S-AIRブログにてご確認ください。
https://sairblog.wordpress.com

お問い合わせ

特定非営利活動法人S-AIR(エスエア)
060-0032 札幌市中央区北2条東15丁目26ー28 なえぼのアートスタジオ2F
011-299-1883 | info@s-air.org | www.s-air.org

関連団体について

◆受入団体

Points Contemporary Art Center
http://www.pointsart.org (準備中)

アーティストの元越(Yuan Gong)による社会への文化的な還元として、2017年に設立された非営利の芸術機関。江南の歴史文化が残る江蘇省崑山市錦渓鎮に位置し、合計で約2000平方に及ぶスペースを活用し、世界中で活躍中もしくは今後注目すべきアーティストを招へいし、レジデンスプログラムや展覧会等の活動を行う。多様なアーティストの育成・支援のほか、関連分野の研究者を招いて、異文化間および学際的な研究や創造性を探求し促すようなプログラムも実施予定。今回はセンター設立以来初のレジデンスプログラムとなり、同時期に8名のアーティストが滞在予定。

◆連携団体

office339

http://www.office339.jp/

中国・上海を拠点に、文化・エンターテイメントに特化したプロデュース会社。2006年に鳥本健太(CEO)によって設立され、以後、現代アートを軸に領域を横断し文化的価値を創造するプロジェクトをアジア地域で実施している。2013年より「山下智博」をプロデュースし、中国でのオンライン動画コンテンツの制作・配信を開始。娯楽番組やネットドラマなどを成功させ、中国の若者から熱狂的な支持を得る。日本・中国の多様な才能を巻き込みながら、リアルからネット、アートからエンターテイメントまで、強いオリジナリティを持った表現を追求する。

◆派遣団体

特定非営利活動法人 S-AIR
www.s-air.org

民間有志を中心に、1999年度より北海道でアーティスト・イン・レジデンス(AIR)事業を中心に活動を開始し、2005年にNPO法人となる。レジデンス事業を通して、世界と地域をつなぎ、国内外に独自のネットワークを構築していることが評価され、2008年国際交流基金地球市民賞受賞。
これまでに、36の国や地域から96名のアーティストやキュレーターを招へい、滞在制作のサポートを行うほか、2006年からは「S-AIR AWARD(制作活動助成プログラム)」として連携団体への派遣事業を開始し、2017年度までに計17名のアーティストの派遣実績がある。

広告

法的要件?パフォーマンス?

今日は、ダンサーの東海林靖志さんがなえぼのアートスタジオにいらっしゃいました。21日のトークの前には、パフォーマンスがあります。今日は何やら色々と相談をしていました。

IMG_4761

“法的要件?パフォーマンス?” の続きを読む

Liu Yi

リュー・イー(刘毅) | Liu Yi

The Song of Störtebecker, 2015

アート、デザイン、教育、プロモーションの分野で活動する。上海視覚芸術学院パブリックアート学科の主任教員、上海デザイナー協会ディレクター、61CREATIVEスタジオの設立者でもある。パブリックアート、マルチメディア、インスタレーション、立体作品そして家具や視覚デザインまで、様々な分野に渡った活動を行い、作品は、世界中のアートやデザインの展覧会で紹介されている。2010年上海万博センターでのスカルプチャーデザイン・プロジェクトのエグゼクティブ・ディレクター、2013年北欧・中国アートフェスティバルのシニア・コンサルタント、デザイン上海「Shanghai: Re-design」エグゼクティブ・キュレーター、照明フェスティバル2015「Lumiére China」キュレーター、2016年上海アート&デザイン展「Design Fuelling Station」と「Local Design Beat」キュレーター、上海プロジェクトにおけるパブリック・アート研究員を務める。
主な作品に、Vein (上海ワールド・フィナンシャル・センター)、Seed Planet (上海世紀公園)、Snake Pavilion (上海新天地)、Echo Wall (上海虹橋天地 [THE HUB])、Hey, Human! (深圳香港アートセンター)、Community Fantasy (上海虹橋天地 [THE HUB])、Mobile Phone Drawing Series(ゲーテ・インスティトゥート上海文化教育課)がある。

http://www.61creative.com

 

▼連携団体
Office 339(上海)
中国・上海を拠点に、文化・エンターテイメントに特化したプロデュース会社。2006年に鳥本健太(CEO)によって設立され、以後、現代アートを軸に領域を横断し文化的価値を創造するプロジェクトをアジア地域で実施している。
2013年より「山下智博」をプロデュースし、中国でのオンライン動画コンテンツの制作・配信を開始。娯楽番組「绅士大概一分钟」やネットドラマ「日本屌丝」などを成功させ、中国の若者から熱狂的な支持を得る。
日本・中国の多様な才能を巻き込みながら、リアルからネット、アートからエンターテイメントまで、強いオリジナリティを持った表現を追求する。
http://www.office339.jp

 

S-AIR Exchange Programme 2017 冬季プログラム
主催 特定非営利活動法人S-AIR
助成 文化庁 平成29年度アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業
協力 Office 339、さっぽろ天神山アートスタジオ

Residency Opportunity at S-AIR (Jan – Mar 2014)

[The call for this opportunity is now closed. Please see the results here. ]

S-AIR -FRONTIER- Programme Winter 2013/14
https://sairblog.wordpress.com/category/residency-opportunity/

Call for Applications
NPO S-AIR is offering one place for a residency opportunity in Sapporo, Japan.

S-AIR will provide the successful candidate with the opportunity to learn about Japan, communicate with Japanese artists and local community, and to establish networks and dialogues between local and international artists. This is an opportunity for artists who work in visual arts.

The successful candidate will be expected to produce new works and will be encouraged to experiment in their own field. A collaborative work or project within the community is desirable. The artist will be asked to give either a lecture or a workshop as well as to have an exhibition or presentation during the residency as a result of the residency, this may be a solo show or a group show.

The successful candidate will also be required to provide reports of their residency to S-AIR at the end of their residency and to seek opportunities to share their experience on their return to home country (or elsewhere outside Japan)– this could mean an exhibition, a series of presentations or artists talks, or publication of articles, which have to be reported to S-AIR.

About S-AIR
http://www.s-air.org/

S-AIR was established in 1999 with partial funding by The Agency for Cultural Affairs, to run an artist-in-residence programme in Sapporo, Japan. Since it was approved to be a non-profit organisation in 2004, S-AIR started a 10-year collaborative residency project with ICC, in which we have been building networks with Japanese and international artists as well as art institutions in Japan and overseas. In 2011, S-AIR initiated a new programme, FRONTIER, which is supported by the Agency for Cultural Affairs. In April 2013, S-AIR has moved its office to central Sapporo, and so far has hosted 77 participants in total from 32 countries and regions over the period of 12 years (until March 2013).

Conditions and Requirements

Term of the Residency:
75 day residency between 8th January – 31st March 2014 to be arranged with S-AIR (Exhibition period: End of February – Beginning of March)

Areas of Practice:
All kinds of discipline within the context of visual art

Support
Travel and material fees can only be reimbursed in Japanese Yen after arrival in Japan in exchange with receipts and boarding passes (showing the date of purchase, amount of payment, travel itinerary and name of the passenger). Participants are strongly advised to bring enough money to cover the initial spending ideally for the first month.

Our support includes:
– Travel costs (up to 170,000 yen)
– Material Fees (up to 100,000 yen)
– Daily allowance (3,500 yen)
– Accommodation: a rented single room with internet connection (Please bring your own laptop as no computer will be provided)
– Free pay-as-you-go mobile phone rental (call credits are not included)
– Utility bills (water, gas and electricity)
[Note] Studio will not be supplied for this opportunity. The successful candidate will be asked to use their apartment as their main working space.

• Eligibility
Applicants must neither hold Japanese nationality nor reside in Japan, and are able to exercise a degree of autonomy and self-reliance. The successful candidate must have desire and ability to communicate and interact with local citizens in English or in Japanese.

• Travel Arrangements, Visa and Insurance
The successful candidate is responsible for their own travel arrangements, visa and insurance in advance.
To find out whether your country have visa exemption arrangements with Japan, go to the Ministry of Foreign Affairs of Japan website.
http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/index.html
http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/short/novisa.html#list

What Should Be Included in Your Application?
All materials should be provided in English. All the information provided in the application may be used to promote and document the programme, which may be accessible to the public and shown in print and online.

1. Complete Application Form (PDF or Word, A4)
2. Résumé/CV (PDF or Word, A4) including a list of exhibitions and educational background
3. Project Portfolio/Documentation (PDF, A4, no more than 6 pages) 
A PDF portfolio/documentation including 5 major works or projects that you have produced or initiated with some descriptions and images. You may include links to project websites and videos documenting the projects.
4. Portrait (Jpeg, 500pix min)
 Photograph of yourself above shoulder

How to Apply

Download Application Form and Guideline, which are available in PDF and Word format, from the following link:

Application Guide:
https://sairblog.files.wordpress.com/2013/11/201401_frontier_guide.pdf
Application Forms:
https://sairblog.files.wordpress.com/2013/11/201401_frontier_form1.pdf (PDF file) https://sairblog.files.wordpress.com/2013/11/201401_frontier_form1.doc (Word file)

Include YOUR NAME in the subject line and send your data through online storage services such as yousendit.com or wetransfer.com. DO NOT SEND THE DATA DIRECTLY, just send LINKS to the server where your data is stored.

Please fill in the following two pages and email the link(s) to your application data: info@s-air.org

Deadline: Monday 9th December 2013 at 10am (JST)
Applications should be submitted online NO LATER THAN the above date and time. Please make sure that you follow the guideline as only complete applications will be considered.

Selection Schedule

• Deadline for submission: Monday 9th December 2012 at 10am (JST)
• Selection by the S-AIR FRONTIER Selection Committee: 11th December 2012
• Final Selection and Announcement on S-AIR Blog on 13th December 2012 at: https://sairblog.wordpress.com/category/residency-opportunity/

Enquiries

NPO S-AIR
3F-A, North 6 East 2-2-10, Higashi-ku, Sapporo, 060-0906 JAPAN
www.s-air.org
info@s-air.org