タグ: Helen Grove-White

ヘレンのリサーチトリップ

先週、函館〜青森〜福島と現地調査の旅に行っていたヘレン。

函館では活動家と朝日新聞の記者にお会いし、お二人の活動などについて伺い

スクリーンショット 2018-11-03 19.56.47

青森に渡って、八戸でレジデンスを行う「AIR-H」の東方さんとAIR-Hの招へいアーティストであるデンバー・ガルサと合流。

大間に向かう途中に恐山や

44264709_2186048431665953_6666687020405882880_nのコピー

六ヶ所村の研究施設に立ち寄り、いろいろお話を伺ってきたそうです。

“ヘレンのリサーチトリップ” の続きを読む

広告

「ヤン・レイ&ヘレン・グローブ・ホワイト」展覧会/トーク&naebonoオープンスタジオのお知らせ

※予定が一部変更となりましたので、ご確認ください。

1811S-AIRnaebono

経済発展を背景にアート市場も拡大し続ける中国を拠点に、グローバル化したアートに問いを投げかけるヤン・レイ、原発の世代交代を背景に、アーティストとして地域の声を通したプロジェクトを企画するヘレン・グローブ・ホワイト、それぞれの行なった日本での滞在制作・調査について、展覧会とトークを通じて発表を行います。また、近年創造都市として注目されるポートランドという都市で、日本人アーティストに特化したレジデンスプログラムEnd of Summerで滞在制作を行った小林知世による報告会も、同時に開催します。

皆様のお越しをお待ちしております。お誘い合わせの上お越しください!
*チラシのダウンロードはこちらから

“「ヤン・レイ&ヘレン・グローブ・ホワイト」展覧会/トーク&naebonoオープンスタジオのお知らせ” の続きを読む

Helen Grove-White

ヘレン・グローブ・ホワイト

island-artist-with-canaletto-and-kyffin-williams-in-venezia-21735501

英国ウェールズのアングルシー北部でアーティストとして制作しながら、美術教育に携わり、他のアーティストとのプロジェクトを企画する。
人間と自然環境が交差する過程で生まれる問題などをテーマに、写真、映像、立体作品やインスタレーションなど様々な媒体を通して作品を制作する。現在の主な活動には、地元の原子力発電所に関する協同プロジェクトである「Power in the Land(大地のちから)」がある。原発が廃炉になり、また新しいものが建設されるという状況は、過去と未来という概念について改めて考えさせられる。ネットワークを通じて活動するということに興味があり、核をめぐる文化に関心のある人たちのネットワークを通じた活動や、X-10というアーティストグループを結成し活動を行う。

Reactor

 

 

 

 

 

 

 

 

Helen Grove-White, Power in the Land, 2016

http://www.helengrovewhite.co.uk
http://www.helengrovewhite.co.uk/section812614.html

●2018年度招聘

連携団体:ロンドン大学ゴールドスミス校ニュークリア・カルチャー研究グループ(イギリス・ロンドン)

ヤン&ヘレンの石狩ツアー

昨日はアーティストでS-AIRの理事でもある川上りえさんと一緒に、彼女のアトリエと望来の海を見に行く石狩ツアーを実施しました。

dav

堤防の上を颯爽と歩くりえさん。

ヘレンは最初「堤防の上は…」とためらっていましたが

dav

はい。記念写真も撮れました!

dav

“ヤン&ヘレンの石狩ツアー” の続きを読む

歓迎会終了!

先日開催されたヤン・レイとヘレン・グローブ・ホワイトの歓迎会の様子をお届けします。

スタート前の時間。

DSCN0735

この日は中国語の通訳をしてくれる留学生の方や、会場のセッティング・記録撮影などの進行補助をする学生さんなど、インターンも勢揃い。

トークはヘレンからスタートしました。

DSCN2171

自身が拠点を置く英国ウェールズのアングルシー島北部で行なっている、原子力発電所に関する協同プロジェクトなどを紹介。

“歓迎会終了!” の続きを読む