タグ: China

Yan Lei

ヤン・レイ

index-about-white2

(b. 1965, Hebei,China) 中国河北省生まれ、北京を拠点に活動する。写真をデジタルで色調の幅を狭めた人工的な色へと変換させた絵画や、急速にグローバル化したアート界との自らの関係、日常を反映させたイメージを分析・再構築し、アーティスト、文化、絵画の関係性を探る作品を制作。近年では、フォルクスワーゲンの工場内に、部品ではなくアート作品に置き換えた製造ラインを復元した作品「RÊVERIE」がある。

IMG_0928

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yan Lei, LIMITED ART PROJECT, DOCUMENTA 13, 2012

Red Brick Art Museumでの個展、MoCA上海、ポンピドゥー・センターでのグループ展、広州トリエンナーレ、第50回ベニスビエンナーレ、ドクメンタ13など、多数の国際展で作品を発表する。

 http://yan-lei.com

●2018年度招聘 

連携団体:Points Contemporary Art Centre(中国江蘇省)/office339(上海)

 

広告

Yan Lei(ヤン・レイ)さん到着!

S-AIR Exchange Programme 2018 秋期レジデンスプログラム招へいアーティストの一人目、Yan Lei(ヤン・レイ)さんが北京から到着。

DSCN0657

S-AIR事務所にて。左から代表柴田、インターンの福井さん、ヤンさん。

初日の夜は、早速S-AIR恒例のトリトンで夕食。

DSCN0659

ご満悦。 “Yan Lei(ヤン・レイ)さん到着!” の続きを読む

丸駒温泉ツアー

S-AIR名物と言えば、温泉です。(過去の温泉アテンドはこちらをどうぞ)

今回は、全国でも約20か所しかないといわれる足元湧出湯の天然露天風呂を持つ、丸駒温泉。

なのですが、その前に。

道中にある、真駒内滝野霊園へ立ち寄り。

DSCN8398

総面積約54万坪というスケールの大きさと、「墓」つながりで建てられたモアイ像やストーンヘンジなど「宗派を問わない」特色を体現した建造物がズラリと並ぶ、屈指の人気スポット。

DSCN8408

“丸駒温泉ツアー” の続きを読む

Liu Yi 来札

平成29年度冬期プログラムの一人目として、上海Office 339との連携により招へいしたLiu Yi(リュー・イー)。

到着したその日の夜は、早速ICCで開催された交流会へ。

web_DSCN8329

ICCのアドバイザーであり、クリエイティブ・ユニットTOMATO創設者のスティーブ・ベイカー氏と。最後に氏からジンギスカンをお勧めされたリューさん。naebonoのご近所、サッポロビール園に行く気満々でした。

“Liu Yi 来札” の続きを読む

Liu Yi

リュー・イー(刘毅) | Liu Yi

The Song of Störtebecker, 2015

アート、デザイン、教育、プロモーションの分野で活動する。上海視覚芸術学院パブリックアート学科の主任教員、上海デザイナー協会ディレクター、61CREATIVEスタジオの設立者でもある。パブリックアート、マルチメディア、インスタレーション、立体作品そして家具や視覚デザインまで、様々な分野に渡った活動を行い、作品は、世界中のアートやデザインの展覧会で紹介されている。2010年上海万博センターでのスカルプチャーデザイン・プロジェクトのエグゼクティブ・ディレクター、2013年北欧・中国アートフェスティバルのシニア・コンサルタント、デザイン上海「Shanghai: Re-design」エグゼクティブ・キュレーター、照明フェスティバル2015「Lumiére China」キュレーター、2016年上海アート&デザイン展「Design Fuelling Station」と「Local Design Beat」キュレーター、上海プロジェクトにおけるパブリック・アート研究員を務める。
主な作品に、Vein (上海ワールド・フィナンシャル・センター)、Seed Planet (上海世紀公園)、Snake Pavilion (上海新天地)、Echo Wall (上海虹橋天地 [THE HUB])、Hey, Human! (深圳香港アートセンター)、Community Fantasy (上海虹橋天地 [THE HUB])、Mobile Phone Drawing Series(ゲーテ・インスティトゥート上海文化教育課)がある。

http://www.61creative.com

 

▼連携団体
Office 339(上海)
中国・上海を拠点に、文化・エンターテイメントに特化したプロデュース会社。2006年に鳥本健太(CEO)によって設立され、以後、現代アートを軸に領域を横断し文化的価値を創造するプロジェクトをアジア地域で実施している。
2013年より「山下智博」をプロデュースし、中国でのオンライン動画コンテンツの制作・配信を開始。娯楽番組「绅士大概一分钟」やネットドラマ「日本屌丝」などを成功させ、中国の若者から熱狂的な支持を得る。
日本・中国の多様な才能を巻き込みながら、リアルからネット、アートからエンターテイメントまで、強いオリジナリティを持った表現を追求する。
http://www.office339.jp

 

S-AIR Exchange Programme 2017 冬季プログラム
主催 特定非営利活動法人S-AIR
助成 文化庁 平成29年度アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業
協力 Office 339、さっぽろ天神山アートスタジオ