タグ: Chang Yoong Chia

ヨンチア搬出と帰国

いよいよ展覧会も終了、搬出です。

その前に、ハレバレ写真さんにお願いして、帆立貝のシリーズを撮影します。

S__41508878

そしてパッキング。

マレーシアの郵便システムは信用できないので、なるべく手で持って帰りたいそうです。

S__41508877

最後にS-AIR事務所へ。

なんとカニの甲羅の作品を、事務所に寄贈してくれました。

ヨンチア!本当に良いの!?

ありがとう、大切にします。

17621916_1131289553648401_6522313722696350681_o

ヨンチアはこのまま飛行場へ。

マレーシアへと帰国していきました。

セカンドS-AIRとして、最近来ていたアーティストよりもキャリアのあるヨンチアに今回滞在制作をしてもらいました。

やはり、制作への姿勢や展覧会の完成度など、一味違う、、、

受け入れ側としても、初心を取り戻し、気持ちを新たにする良い機会となりました。

広告

ろうけつ染めとバティック

インドネシアが有名ですが、実はマレーシアもバティックが非常に盛んです。ヨンチアも数回は経験があるようですが、本格的な作品制作はしたことがないそう。

インド発祥でアジア各地に広まったので、日本のろうけつ染めが近しい方法で作られているのも不思議なことではありません。

チャンティンという溶けたロウをたらす道具をマレーシアから持参してきたヨンチア。

日本でろうけつ染めについてリサーチを重ねて、バティックとのハイブリッドな制作方法にたどり着きました。

16836578_10154589973553167_3095416961992574888_o

マリヤ手芸店でも道具を見せたり、染料の違いについて聞いたり、いろいろとリサーチを行いました。制作に関する材料、道具類は全てこのお店で揃えることができました。

16992368_10154589967198167_7878301135697710534_o

芸術の森美術館の染色工房でもリサーチを行いました、ご協力ありがとうございました!

16836585_10154589982573167_94919340912165489_o

16904975_10154589982578167_1935353046683402139_o

ヨンチアひたすら東へ、、、

ヨンチアが強行軍で道東へ。

自国マレーシアとは正反対の気温、環境である北海道の冬で、住んでいる人たちがどんな生活をしているのか、寒い地域や季節における熱、暖かさとは何なのか、いろいろ体験して調査したいと話していたヨンチア。

17390432_10154652686503167_7040320031820469337_o

北海道なら流氷を押さえておかねばと、バスに揺られてはるばる網走へ。

季節的には終わりかけていましたが、なんとか実際の流氷を見ることができました。

流氷の中を進む船など、こと地域で暮らす人の営みを間近で見ていろいろと思うところがあったようです。

北方民族博物館などにも訪れることができました。

17390470_10154652686288167_3047446506113519775_o

北海道民でも実はまだ流氷を見たことがない、という方も多いのではないでしょうか!?

小野有五さんにお話をお聞きしました、ダーツも→

先日のトークに先立って、午前中にウォレンとジェームスは小野有五さんにお会いしていろいろとお話をうかがってきました。

札幌エルプラザで待ち合わせ。

ボランティア活動やNPO活動などをサポートしているスペースがあります。

小野さんは北大で教べんをとられていたこともあり、地理学的な研究をベースにさまざまな活動を行っています。

http://wwwgeo.ees.hokudai.ac.jp/~ono/index.htm

そういったバックグラウンドから、泊村の原子力発電所の危険性についてお話いただきました。

20161101_tomarihinan_pamph_01 2

完成したばかりのパンフレットも見せていただきました。

3/11周辺は集会や講演などお忙しいところをありがとうございました!

IMG_8549

夜は天神山でこんな一幕も、、、

竹内さんが自身の活動や考えていることについて、滞在アーティストに紹介してくれました。

(3/11の竹内さんのトークはほぼ日本語で行われたので、、、)

ウォレンとジェームスだけでなく、ヨンチア夫妻も興味津々といった様子でいろいろと質問していました。

そして、ここ数週間のプレッシャーから解放されたウォレンとジェームス、イギリス風の店を見つけたから行こう!とみんなで外出。

IMG_8553

IMG_8554

ダーツ!

滞在中に初めて見せた、ホーム感。

非常にリラックスしていました。

そんな札幌最後の夜でした。

ヨンチア展覧会オープン!トークイベント

無事にヨンチア・チャンの展覧会 SECOND LIFE “再生” がスタートしました!

札幌での記憶、経験、見つけたもの、こと、をベースに作られた珠玉の作品が並びます。

17358904_1119099684867388_336178797379079042_o

17388761_1119099711534052_7646819567597994513_o

17342659_1119099904867366_1433202725061383329_n

海産物シリーズ、ろうけつ染シリーズ、水墨画シリーズの3つがHUGギャラリーの中で展開されています。

17191433_1112851438825546_8669678645524296223_n

アーティスト・トークではハッピ姿で来客を迎えるヨンチア、何故!?

東京のボロ市で買った、火消しのハッピなんだそうです。

そういえば、当初のヨンチアのテーマは、雪の季節の札幌で「熱」を見つける、というものでした。

17240300_1112811068829583_8399676554890389013_o-1

作品はもちろんですが、入り口に設置されたモニターの、情熱大陸さながらのヨンチアのインタビュー映像をお見逃し無く!

今回作家のコーディネートを担当してくれている天神山アートスタジオの小林大賀くんの力作です。

ヨンチアがどんなことを考えてこの2ヶ月間札幌で暮らしていたのか、どのようにして作品を発想しているのかがよくわかるのではないかと思います。

 

オープニングでは嬉しい再会も、、、ヨンチアの友人でもあり、作品をずっと見続けているギャラリストの沢井清行さんがはるばる東京から駆けつけてくれました。

小樽までの旅を描いた作品のテキストを文学的な日本語に翻訳してくれたのも沢井さんです。

ありがとうございました!

Art-U-room(沢井さんのギャラリー)

IMG_8511

 

S-AIR Exchange Programme 2016 冬期 2nd AIR

ヨンチア・チャン展覧会

SECOND LIFE “再生”

会期 2017 3/10-3/19  3/14休み 

時間 12:00~20:00

イベント 3/10アーティストトーク 19:00~20:00

備考 入場無料

会場 北海道教育大学 アーツ&スポーツ文化複合施設 HUG(札幌市中央区北1条東2丁目4番地 札幌軟石蔵)Tel 011-300-8989

二ヶ月間の札幌滞在中に、ろうけつ染めの工房へ通ったり、水墨画についてのリサーチを行ったりして制作を行いました。また、前回2008年の札幌滞在でも制作していた、北海道で手に入れた貝の殻や蟹の甲羅などに、油絵の具で絵を描くシリーズの作品を制作。それら全てを、HUGの広い展示空間に展開します。

●招へい作家 ヨンチアチャン Chang Yoong Chia

マレーシアの美術大学で絵画を学び、国内、海外での展覧会に多く参加している。民族や宗教、歴史が複雑に混ざりあったマレーシアという場所自体や、そこで生きる個人の物語を扱い、絵画や刺繍、コラージュなどで作品化している。2005年に開催された「第三回 福岡アジアトリエンナーレ」で「キルト・オブ・デッド」を発表した他、2008年にはJENESYS programmeによりS-AIRで滞在制作を行った。2013年には横浜美術館、熊本美術館での企画展に参加したり、近年はフランス、インド、シンガポールで展覧会に参加したりするなど、国際的に活躍している。

http://www.changyoongchia.com/

連携団体

・Rimbun Dahan リンブンダハン

Hijjas Kasturi と Angelaが運営するマレーシアのプライベートアートセンター。クアラルンプール郊外に広い敷地を有しており、伝統的な芸術と現代美術とを融合させる試みを行っている。ビジュアルアートを始め、ダンサー、振付師など幅広いアーティストをサポートするアーティスト・イン・レジデンスを運営している。http://rimbundahan.org/

Run Amok Gallery ランアモクギャラリー

ペナン州のジョージタウンにあるアーティストランスペース。2013年にHoo Fan Chonによって設立され、複数のアーティストらによって運営されている。地域に多様性のあるアートコミュニティを育むべく、オルタナティヴな存在として特にビジュアルアートを中心としたさまざまな芸術文化の企画を行っている。http://runamok.my/wordpress/

お問い合わせ

特定非営利活動法人S-AIR

http://www.s-air.org

info@s-air.org 

060-0906 札幌市 東区北6条東2丁目2-10 3F-A

011-299-1883

—————-

S-AIR Exchange Programme 2016

主催/特定非営利活動法人S-AIR、北海道教育大学岩見沢校

連携団体/Arts Catalyst, Rimbun Dahan, Run Amok Gallery

助成/平成28年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業、Arts Council England

招聘協力:小田井真美(さっぽろ天神山アートスタジオAIRディレクター)

滞在制作コーディネート:さっぽろ天神山アートスタジオ

協力/さっぽろ天神山アートスタジオ、SIAFラボ、北海道教育大学アーツ&スポーツ文化複合施設HUG

ヨンチア搬入

いよいよ展覧会の搬入がスタート!いつになく作品数も多いので、なかなか大変。

設置アシスタントも方々にお願いしています。

白壁を立てて、展示作業スタート!

IMG_8439

ホタテの梱包を解いていくヨンチア。

これはかなりの個数があります、全てを直線上に壁にかけていきます。

17191282_10154621003313167_5978381718241022770_n

IMG_8438

キュレーションも担うミンワ、ジャッジは厳しいです。

壁から垂れているのは反対側に展示予定の染物の作品。

IMG_8469

ここの風景だけを切り取ると、ミンワがちょっと自宅で掃除機をかけているかのようですが、甲斐甲斐しいサポート!

思ったよりも作業は順調です、良い展覧会になりそう。

お楽しみに!

札幌アーティストと大量交流

JRタワーアートボックスのレセプションパーティーへ。

これは年一回のコンペディションで、選ばれた4人のアーティストが札幌駅のスペースで作品展示を行うものです。

レセプション会場は札幌駅ビル、日航タワーの上階、ひたすら上がります。

S__41508908

S__41508909

札幌の夜景を一望、澄川は見える?

S__41508900

S__41508901

会場には、過去に選抜された札幌のアーティストもたくさんきていました。

朴さんや毛内さんと作品の話をしたり、これから始まる展覧会を宣伝。

S__41508903

S__41508899

会場にはコンペディションの審査員も来ていました。

原発をモチーフにした作品も制作している伊藤隆介さん。

最近は福島や広島で被爆樹を扱っている岡部昌生さん。

方法は違えども、核を扱うアーティストたちと貴重な交流の機会を得ることができました。

S__41508902

最後は意外なスウィーツ男子、ウォーレンの満面の笑みで締め!