タグ: AIR

招へい作家ヤン・レイ(中国)&ヘレン・グローブ・ホワイト(イギリス)歓迎会開催!

今期S-AIRでは、Points Contemporary Art Centre(中国江蘇省)&office339(上海)とのエクスチェンジでヤン・レイ、そしてロンドン大学ゴールドスミス校との連携によりヘレン・グローブ・ホワイト、札幌の姉妹都市アメリカ・ポートランドのEnd of Summerよりマット・ジェイを招へいします。

つきましては、先着組のヤン・レイそしてヘレン・グローブ・ホワイトの歓迎会を開催いたしますので、是非お誘い合わせの上お越しください。


▷日時 2018年10月5日(金)19:30〜
▷場所 なえぼのアートスタジオ内2F S-AIR事務局(中央区北2条東15丁目26ー28)
http://www.naebono.com/access
https://goo.gl/maps/EYgZgS6sBQ42
※お車でお越しの際は、なえぼのアートスタジオ前の駐車場ではなく近隣の駐車場をご利用ください。
▷参加費 ※食べ物・飲み物の持ち寄り制(飲み物、少しの軽食は用意いたします)&カンパにご協力ください!

S-AIR Exchange Programme 2018

“招へい作家ヤン・レイ(中国)&ヘレン・グローブ・ホワイト(イギリス)歓迎会開催!” の続きを読む

広告

【最終選考結果】 Points Contemporary Art Centerへの派遣プログラム

S-AIR AWARDへご応募、大変ありがとうございました。最終選考結果は以下の通りです。
選ばれたアーティストの皆さんには、個別にご連絡させていただきます。

松田壯統さん

理由) 「タブー」というのは、深く掘り下げるに値する論題です。松田さんが錦渓の歴史的な情報を調べて出したプランは、彼自身の制作の文脈においてもなにか変化をもたらすようなきっかけになるでしょう。錦渓に着いてから、地元の文化を調査し、一般的な「生と死」という概念に、彼自身の言葉で変化をもたらすことが可能となれば、今回のレジデンスで得られるものは大きいかと推測します。これまでの作品を拝見すると、多様な手法をつかって表現されていて、作品の内容と表現方法の点で成熟度・完成度が高いと感じます。

Taboo is the topic which is worth deepening. The artist collects the historical information of Jinxi, and finds a breakthrough that fits the context of his personal creation. If Matsuda could dig deeply into the local culture of Jinxi and transform it into a personalized language which differs from the general idea of “life and death”, he may benefit a lot from PCAC residency program. He has the ability to manipulate a variety of media, and his past works are mature and complete in content and form.

“【最終選考結果】 Points Contemporary Art Centerへの派遣プログラム” の続きを読む

※応募終了 ポートランドでのレジデンシー参加アーティスト募集(札幌市拠点の方対象)

※この応募は締め切りました

NPO法人S-AIRでは、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドでのレジデンシーへの参加アーティストを募集します。

“※応募終了 ポートランドでのレジデンシー参加アーティスト募集(札幌市拠点の方対象)” の続きを読む

ダナエのオープンスタジオ

いよいよ今週末までとなりました、ダナエのオープンスタジオ。

会期初日よりも、グルーガンドローイングによる人形が増えています、どうぞお見逃しなく!

本日は作品の写真撮影も行いました。

スクリーンショット 2016-09-13 16.03.26.png

ラッチャンダナエ・エン | Rithchandaneth Eng
1993年プノンペン生。カンボジアのSETECインスティチュートのデザイン学部を卒業、ササ・アートプロジェクツが主催するホワイトビルディングで美大卒業生向けの現代アート上級コースに参加。その後、ホワイトビルディング・コレクティブのメンバーとして活動する。エンは、ビデオ、写真、立体作品やインスタレーションを用いた制作を行う。2015年には、ニューヨークのヴァーモント・スタジオ・センターでのレジデンスに参加した後、ササ・アートプロジェクツのPisaotレジデンスプログラムに参加した。これまでには、『Poetic Topographies』(ササ・バサック)、『The White Building and The City』(キャロル・シェン・ギャラリー)等、カンボジア、フランス、アメリカでのグループ展等に参加。

連携団体> ササ・アート・プロジェクツ | Sa Sa Art Projects
実験的なアート活動の実施を目的としたプノンペンの唯一の非営利アーティスト・ラン・スペース。2010年にカンボジアのアーティスト集団Stiev Selapakにより設立され、ホワイト・ビルディングと呼ばれる歴史のある賑やかな集団居住地を拠点としている。
カンボジアの地元アーティストを中心に、国内外のアーティストを招へいし、6~8週間ササ・アート・プロジェクツのスペースで暮らしながら活動を行うことができる、実験的なレジデンスプログラムを実施している。展覧会に向けた制作をすることよりも、地域における対話に焦点を置く革新的なプログラムに取り組んでいる。

●オープンスタジオ
「ラッチャンダナエ・エン オープンスタジオ」
会期 8月26日(金)~9月4日(日)
開館時間 12:00-20:00(火曜日定休)
※作家滞在時間 14:00-18:00

●会場
北海道教育大学 アーツ&スポーツ文化複合施設 HUG
札幌市中央区北1条東2丁目4番地 札幌軟石蔵
Tel  011-300-8989

S-AIR Exchange Programme 2016
〈主催〉特定非営利活動法人S-AIR、北海道教育大学岩見沢校
〈助成〉文化庁 平成28年度 アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業
〈協力〉さっぽろ天神山アートスタジオ、北海道教育大学 アーツ&スポーツ文化複合施設HUG、Sa Sa Art Projects、Curators’ Network

[お問い合わせ]

特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
http://www.s-air.org
060-0906 札幌市東区北6条東2丁目2-10 3F-A
011-299-1883
info@s-air.org

ダナエ&ソニアのトークイベント

 

昨日の搬入を終えて、ついにダナエのオープンスタジオが始まりました!

 

スクリーンショット 2016-09-13 15.27.16.png

 

ダナエが、滞在中に日本人と話して感じた、働き過ぎる日本人の心と身体を扱ったインスタレーション作品が並びます。

直接的な内臓の表現は、アジアのアーティストっぽいような気が、、、

ホットボンドやロウソクなど、日本に来ていろいろな素材を試し、インスピレーションを得ました。

 

スクリーンショット 2016-09-13 15.27.05.png

 

夜には二人のトークイベントが開催されました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-15-29-57

ダナエは、日本での滞在の印象や今回の作品について。また、アメリアカはバーモント州での過去のAIRの作品も紹介してくれました。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-15-30-36

ソニアは、海外に広がる日本のオタク文化をヨーロッパのアートの視点から語ったり、自身のテーマでもあるSFについて語ったり。また、母国スペインのアーティストのスタジオ事情なども話してくれました。

 

スクリーンショット 2016-09-13 16.21.18.png

実はこの日の打ち上げは、プログラム・ディレクターの橘さんの壮行会を兼ねていました。

文化庁新進芸術家海外研修制度で1年間イギリスへ行くことになりました。

お疲れ様でした、どうぞお元気で!

 

●レクチャー
「ソニア・フェルナンデス・パン&ラッチャンダナエ・エンによるレクチャー」
日時 8月26日(金) 18:30~20:00

●会場
北海道教育大学 アーツ&スポーツ文化複合施設 HUG
札幌市中央区北1条東2丁目4番地 札幌軟石蔵
Tel  011-300-8989

 


S-AIR Exchange Programme 2016
〈主催〉特定非営利活動法人S-AIR、北海道教育大学岩見沢校
〈助成〉文化庁 平成28年度 アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業
〈協力〉さっぽろ天神山アートスタジオ、北海道教育大学 アーツ&スポーツ文化複合施設HUG、Sa Sa Art Projects、Curators’ Network

 

[お問い合わせ]
特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
http://www.s-air.org
060-0906 札幌市東区北6条東2丁目2-10 3F-A
011-299-1883
info@s-air.org

 

「サッポロスマイル」にS-AIRからシュミートがスマイル!

札幌市で行っている「サッポロスマイル」キャンペーンのTVCM、WEB動画にシュミートが出演しています。某日、先だってS-AIR事務所の近くで撮影が行われました。

IMG_0720

あれ、なんだかずいぶんと、、、撮られ慣れてる感じ?

IMG_0721

IMG_0731

IMG_0741

「サッポロスマイル」とは、笑顔をモチーフにした札幌市の街づくりキャンペーンです。http://www.sapporosmile.com/

TVCMは北海道テレビ放送(HTB)にて11/16~11/29、WEB動画は特設サイトで11/16~ の公開になります。ぜひチェックしてみてください。

IMG_0746

犬も出るかも。

滝野でスピリチュアル・リサーチ

寒空の下、本日のリサーチは真駒内滝野霊園。

永代供養のために世界各国のスピリチュアルなモチーフを柔軟に取り入れる姿勢は、非常に日本的と言えるかもしれません。

http://takinoreien.com/

一体どこの国のレジデンスに来ているのか、戸惑い立ち尽くすシュミート。

IMG_7332

と思ったらけっこう楽しそう。

IMG_7354

今日はオーストラリアから来日して天神山に滞在中のアーティスト、Idaも一緒に来ています。2人とも周囲の写真をバシバシ撮っています。

IMG_7396

IMG_7331

IMG_7406

頭大仏は残念ながら工事中。

ただ、中国でのプロジェクトでも、建設中の建物でインスタレーションや撮影を行っていたシュミート。工事車両が行き交うこの状態にむしろ面白さを感じているようです。

IMG_7410

建築を学ぶためにイギリスに滞在していた経験もあるシュミート、遠い異国の地での突然のストーンヘンジに、いろいろな思い出が蘇って少しセンチメンタルになっているのかもしれません。

Makers’ BaseとジョイフルAK

最近のシュミートが足繁く通って制作に励んでいるのはここ、札幌に新しくできたクリエーターのためのスタジオMakers’ Baseです。

http://makers-base.com/sapporo/

IMG_0779

各種工作機械も揃っていて、今後はレジデンシーアーティストにとって欠かせない場所になりそうです。

材料を購入するために訪れたのは巨大ホームセンターJOYFUL AK、とにかく広い!どうしてこんなものまで売っているのか、、、こちらも何でも揃っています。

IMG_7288

IMG_7296

IMG_7291

プロ用のインテリア、エクステリア商品も扱っているので、建築を手がかりに制作を進めるシュミートにはうってつけの場所です。

Makers’ Baseのレーザーカッターのためにアクリル板を購入したり、壁紙や木材を薄くスライスしてシール状にしたもの、石材や木材の模造品などを購入していました。

IMG_7301

IMG_7314

IMG_7318

これらが一体どんな作品になるのか、来月の展覧会が楽しみです。

都会のジャングル、北大を探検

本日は札幌駅北側を中心に周っています。昨年の札幌国際芸術祭でも会場となった、明治期に建てられた和洋折衷の不思議な建物、清華亭。

縁側や畳の質感などを面白がっています。

IMG_7183

IMG_7170

IMG_7165

そこから北海道大学の構内へ。大学図書館の北方資料閲覧室で、北海道内の市町村別にそれぞれまとめられたたくさんの資料を熱心に見ていました。滞在中もしばらくここへ通ってリサーチを行うそうです。

IMG_7194

IMG_7196

IMG_7191

その後も、北大構内で発掘された縄文土器の展示や、世界で初めて人工雪を作り出した中谷宇吉郎先生のモニュメントなど経て、黄色く色づいた銀杏並木の下をずんずん進みます。

突然羊が出現!

IMG_7207

IMG_7209

次いでボブスレーのソリも!

IMG_7211

シュミートの鋭い嗅覚が、北海道らしいものを次々と嗅ぎつけていきます。

英語の歌が聞こえてくる教室を覗いていたら、、、

IMG_7231

いつの間にか授業に参加していました。

IMG_0670

これまでにも海外で多くのプロジェクトを行ってきているシュミート、異国での面白いものの見つけ方は十分にわかっているようです。

明日から数日間は関東を周る予定なので、札幌と東京の違いなども感じてみたいと話していました。

日本の温泉とハンガリーの温泉の違い

北海道立近代美術館を会場に、第10回札幌国際短編映画祭の特別上映が行われました。今年度の受賞作品や、人気プログラムを再上映したスペシャル企画を鑑賞。

IMG_0698

unnamed

2015_Poster-E2_700

その後は念願の温泉へ!札幌は南部、定山渓に明治時代から続く湯治の湯、小金湯温泉です。

http://koganeyu.jp/

実はハンガリーは温泉大国、ブダペスト市内にもたくさんの公共温泉施設があります。ただしその中身は日本と異なり、水着を着て楽しむ社交場やエンターテイメント施設といったイメージが強いようです。裸で入浴する、と聞いて驚くシュミート。

unnamed

けれども最後にはその違いも含めて楽しんでいました。特に露天で一人用の壺に入る、つぼ湯が気に入ったようです。