タグ: AIRキャンプ

S-AIR – AIR CAMP – Publications

PDF versions of our AIR CAMP catalogues can be downloaded from the links below.
AIR CAMP 記録集は以下のリンクよりダウンロードが可能です。

AIR CAMP 2016

AIR CAMP 2016記録集_フロントカバー

AIR CAMP 2015

AIR CAMP 2015記録集_フロントカバー “S-AIR – AIR CAMP – Publications” の続きを読む

広告

12/12(土)開催「アフターAIR モニカ・ソスノフスカによるレクチャー」

AIRCAMP_Flyer_Monika
[フライヤーダウンロード]

アーティスト・イン・レジデンス(AIR)を経験したアーティストは、その後どうなっていくのでしょう。今年で17年目を迎えるS-AIRには、現在までに35カ国85名のレジデントが滞在しています。その中で2002年にS-AIRに滞在し、昨年、銀座のメゾンエルメスで13年ぶりに日本で発表した作家、モニカ・ソスノフスカをゲストに招きます。彼女はポーランドというアートシーンとしては小さな国に生まれながら、首都ワルシャワを拠点に世界中を渡り歩き、ヴェネツィア・ビエンナーレのポーランド館代表、ニューヨークのMoMA、ロンドンのサーペンタイン・ギャラリーで発表するトップアーティストになっています。彼女はどのように他の土地と関わりながらキャリアアップしてきたのか。札幌において13年ぶりのトークショーです。

講師 モニカ・ソスノフスカ(アーティスト)
聞き手 穂積利明(北海道立近代美術館学芸員)

日時 12月12日(土)16:00 – 18:00
会場 北海道教育大学 アーツ&スポーツ文化複合施設 HUG
札幌市中央区北1条東2丁目4番地 札幌軟石蔵
入場料 無料 ※要予約
定員 50名
懇親会 1,000円 (プログラム終了後18:00開始予定です)

[ご予約] 予約をご希望の方は、参加ご希望のイベント名を明記の上、info@s-air.org までご連絡いただくか、下記フォームよりご予約下さい。
http://wp.me/p25tVw-rA
※「AIRキャンプ2015」合宿参加者は申込の必要はありません

[プロフィール]
Monika Sosnowska | モニカ・ソスノフスカ
1972年、ポーランドのリキ生まれ。ワルシャワ在住。ポズナン美術大学、アムステルダムのライクスアカデミー(国立美術学校)にて学ぶ。NPO法人S-AIRの招聘により、2002年度に札幌で滞在制作を行う。第52回ヴェネツィア・ビエンナーレ(2007)のポーランド館代表。
これまで、サーペンタイン・ギャラリー(ロンドン/2004)、ニューヨーク近代美術館(2006)、シャウラガー美術館(バーゼル/2008)、ヘルツリーヤ現代美術館(イスラエル/2010)、K21州立美術館(デュッセルドルフ/2010)、パブリック・アート・ファンド (ニューヨーク/2012)、アスペン美術館 (コロラド/2013)、オーストラリア現代美術センター(メルボルン/2013年)などで個展を開催。2014年には、銀座メゾンエルメスにて日本での初の個展を開催した。

——————————-
S-AIR 2015 Residency Programme -FRONTIER-
アーティスト・イン・レジデンス事業人材育成研修
〈主催〉 特定非営利活動法人S-AIR
〈助成〉 文化庁「平成27年度文化芸術の海外発信拠点形成事業」、札幌市芸術文化振興助成金
〈協力〉 さっぽろ天神山アートスタジオ、全国のAIR運営団体によるAIRネットワーク準備委員会、北海道教育大学 アーツ&スポーツ文化複合施設 HUG

[お問い合わせ]
特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
060-0906 札幌市東区北6条東2丁目2-10 3F-A
011-299-1883
http://www.s-air.org
info@s-air.org

12/12(土)開催「AIRキャンプ2015 アジア フォーラム」

AIRCAMP_Flyer_Asia

[フライヤーダウンロード]

レジデンスを通して地域の重要なアートシーンを牽引してきた講師2名をベトナムとカンボジアから招き、「AIRキャンプ2015 アジア フォーラム」を開催します。

今年森美術館で個展を開催したベトナムのアーティストのディン・Q・レは、アーティストとして活動の傍ら、国境を越えたアーティストの文化交流を促進する財団や、非営利ギャラリーとレジデンスの施設であるサン・アートを共同設立するなど、アーティストの支援を行ってきました。

リノ・ヴースはアーティスト集団Stiev Selapakの一員として、カンボジアで初めて現代アートを取り扱うSa Sa Art GalleryとSa Sa Bassacを共同設立します。ここでは、まだ制作や発表の環境が整っていないカンボジアで地元アーティスト育成や支援に取り組み、2010年からは、コミュニティーを中心に知識を共有し、実験的なプロジェクトを行うレジデンスプログラムを運営しています。
自らもアーティストとして活動する両氏に、アーティストとして、そしてプロデュースする側の両方の視点から、レジデンスがその地域で果たす役割やその重要性について語っていただきます。

※同日開催 「アフターAIR モニカ・ソスノフスカによるレクチャー」もご一緒にご参加ください
http://wp.me/p25tVw-rI

講師
ディン・Q・レ(アーティスト、San Art設立者)
リノ・ヴース(アーティスト、キュレーター、研究者、Sa Sa Art Projects アーティスティック・ディレクタ―)
日時 12月12日(土) 13:00-15:30
会場 北海道教育大学 アーツ&スポーツ文化複合施設 HUG
札幌市中央区北1条東2丁目4番地 札幌軟石蔵
入場料 無料 ※要予約
定員 50名
懇親会 1,000円 (プログラム終了後18:00開始予定です)

[ご予約] 予約をご希望の方は、参加ご希望のイベント名を明記の上、info@s-air.org までご連絡いただくか、下記フォームよりご予約下さい。
http://wp.me/p25tVw-rA
※「AIRキャンプ2015」合宿参加者は申込の必要はありません

[プロフィール]

ディン・Q・レ|Dinh Q. Lê
アーティスト、San Art 理事長・創設者
1968年、ベトナム、ハーティエン生まれ。 1992年にニューヨークのスクール・オブ・ヴィジュアルアートで写真と関連メディアを勉強、修士号を取得する。
レの作品は世界各地で紹介され、近年の個展には、森美術館での「ディン・Q・レ展 明日への記憶」、アジア・ソサエティー(ニューヨーク)での「Destination for the New Millennium」、MoMAでの「Project 93: Dinh Q. Lê」がある。また、2003年ヴェネツィア・ビエンナーレ、2012年dOCUMENTA (13) 、2013年カーネギー・インターナショナルに参加。
アーティストとして活動の傍ら、ベトナム・アート・ファンデーションを共同設立、またベトナムで最も活発な非営利ギャラリーとレジデンスの施設であるサン・アートを共同設立した。現在、アーツ・ネットワーク・アジア、アジアソサエティー・グローバル・カウンシル、グッゲンハイム・アジアンカウンシルの役員である。2010年プリンス・クラウス基金のヴィジュアル・アート賞受賞、2014年ロックフェラー財団べラジオ・フェロー。

リノ・ヴース|Lyno Vuth
アーティスト、キュレーター、研究者、Sa Sa Art Projects アーティスティック・ディレクタ―
アーティスト集団Stiev Selapak、そしてSA SA BASSAC galleryの協同設立者。メルボーンのRMIT大学にて、インフォメーション・テクノロジー(学位)と社会科学(修士)を学び、2013年にはフルブライト奨学金によりアメリカにて美術史(MFA)を学ぶ。アーティスティック・ディレクタ―を務めるSa Sa Art Projectsは、 White Buildingと呼ばれる存続の危機が危ぶまれる歴史的な地域に所在する、カンボジアで唯一のアーティスト・ラン・スペースである。カンボジアのコミュニティーとその特有の文化を結びつけるような制作やキュレーションを行う。

 

——————————-
「アーティスト・イン・レジデンス事業 人材育成キャンプ&フォーラム アジア」
〈主催〉 特定非営利活動法人S-AIR
〈企画運営協力〉 さっぽろ天神山アートスタジオ
〈助成〉 国際交流基金アジアセンター、文化庁 平成27年度文化芸術の海外発信拠点形成事業、札幌市芸術文化振興助成金
〈協力〉 全国のAIR運営団体によるAIRネットワーク準備委員会、北海道教育大学 アーツ&スポーツ文化複合施設 HUG

[お問い合わせ]
特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
060-0906 札幌市東区北6条東2丁目2-10 3F-A
011-299-1883
http://www.s-air.org
info@s-air.org