S-AIR Award:小林知世さんポートランド滞在記①

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドに滞在中の小林知世さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

※小林さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


8/1 【1日目】

新千歳羽田サンフランシスコポートランド 移動日。

七月末までの正社員生活を終えて、いよいよポートランドへの出発です。この日が来るまで自分でも信じられませんでした。乗り継ぎ時間が1時間というタイトなスケジュールなのに、入国審査でレジデンスの詳しい説明を求められ早速飛行機を逃すトラブル

幸いすぐ後の便に振り替えてもらえたため、他の場所から乗り継いだレジデンスのメンバーとほぼ同時刻にポートランドで合流できました。

寝泊まりはチャイナタウンにあるソサエティホテルで、制作は車で10分ほどの場所にあるYU(イエールユニオン)で、という生活です。初日は主催のマットにホテルまで送っていただいて、メンバー6人でお勧めしてもらった中華料理屋で夕食をとりました。

時差でほぼ徹夜状態だったこともあり早めに就寝しました。

“S-AIR Award:小林知世さんポートランド滞在記①” の続きを読む

広告

S-AIR Award: 風間天心さんカンボジア滞在記⑥

いよいよ最終回!S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、Sa Sa Art Projectsとの連携によりカンボジア・プノンペンに2018年1〜2月に滞在していた風間天心さんから、滞在記第六弾が届きましたのでご紹介します。

第一弾第二弾第三弾第四弾第五弾も併せてどうぞ。


2/17(土) 【カンボジア滞在31日目】

ミャンマーの旧首都ヤンゴンへ来ました。(今の首都はネピドー)

IMG_1924

同郷の友人が今年からヤンゴンで働き始めたので、職場を見せてもらいます。日本では札幌のトヨタディーラーで働いていますが、ミャンマーではこの「HTS」という会社で働くようです。「日本の会社」と「現地の会社」の共同経営らしい。

ヤンゴン市内はバイク走行が禁止されているため、移動手段は完全に「車」。しかもこの「HTS」では、ハイブリッド車の整備を専門にしています。

“S-AIR Award: 風間天心さんカンボジア滞在記⑥” の続きを読む

S-AIR AWARD 派遣プログラム レポートアーカイブ

これまで海外の連携機関へ派遣アーティストによる、現地レポートのアーカイブ

2018年度

小林知世
滞在先: End of Summer(アメリカ)
[1]
[2]
[3]
[4]

 

2017年度

高橋喜代史
滞在先: le lieu unique (フランス)
[1] https://wp.me/p25tVw-24B
[2] https://wp.me/p25tVw-254
[3] https://wp.me/p25tVw-25j
[4] https://wp.me/p25tVw-279
[5] https://wp.me/p25tVw-27z

風間天心
滞在先: Sa Sa Art Projects (カンボジア)
[1] https://wp.me/p25tVw-22O
[2] https://wp.me/p25tVw-23D
[3] https://wp.me/p25tVw-242
[4] https://wp.me/p25tVw-26d
[5] https://wp.me/p25tVw-296
[6] https://wp.me/p25tVw-2ai

 

※応募終了 PCAC(中国江蘇省)でのレジデンシー参加アーティスト募集

※この応募は締め切りました

NPO法人S-AIRでは、中国上海を拠点とするoffice339、そして上海近隣の古都である江蘇省崑山市錦渓鎮に昨年設立されたばかりのPoints Contemporary Art Center(PCAC)との連携による交換プログラムの一環として、同センターでのレジデンスプログラムへの参加アーティストを募集します。対象となる分野は、ビジュアルアーツだけではなく、演劇、パフォーミング・アーツも含まれます。全国からのご応募をお待ちしています。

pcac

Points Contemporary Art Center(PCAC)は、2017年に設立され、国際的なレジデンスプログラム、アーカイブプロジェクト、展覧会、現代アートの教育普及活動を軸にした活動を行っています。PCACがある崑山市錦渓鎮は、上海から車で約1時間のところに位置する千年以上の歴史を持つ古い町。橋、運河、建築が密集し、その景色は何百年も変わっていません。同センターは「芸術の中の生活」を提唱し、世界中からの招へいアーティストの創造活動と生活をサポートしながら地域の芸術文化とつなげ、市民が現代アートと交流するための環境とプラットフォームづくりに貢献します。

“※応募終了 PCAC(中国江蘇省)でのレジデンシー参加アーティスト募集” の続きを読む

S-AIR Award: 風間天心さんカンボジア滞在記⑤

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、Sa Sa Art Projectsとの連携によりカンボジア・プノンペンに2018年1〜2月に滞在していた風間天心さんから、滞在記第四弾が届きましたのでご紹介します。

第一弾第二弾第三弾第四弾も併せてどうぞ。


2/10(土) 【カンボジア滞在24日目】

カンボジアへきて2回目のワークショップ。前回とは違って大人向けの内容なので、ワークに入る前に「水引」についての説明をします。あくまでも僕なりの切り口ですが、日本人の信仰、日常的な文化、などの話をしました。

IMG_9642

カンボジアの誰にとっても「水引むすび」は初めての経験です。覚えるまでの時間は、子供とそれほど変わりません。しかし一度覚えてしまえば、黙々と「結び」の作業に集中していきます。

自ら新しい結び方を作ったりして、お互いに会話をしながら手だけを動かしていく。この「無心の作業」にも意味があることを、改めて最後にお話しました。

IMG_9685

“S-AIR Award: 風間天心さんカンボジア滞在記⑤” の続きを読む

S-AIR AWARD: ポートランドへの派遣作家決定

平成30年度S-AIR AWARD アメリカ合衆国ポートランドEnd of Summerへの派遣は、下記のアーティストに決定となりました。ご応募いただいた皆様、ありがとうございました。

小林知世
Chisei Kobayashi

 

■End of Summer より、小林さん選出にあたってのコメント

小林さんは、アーティストとしての経歴はまだ始まったばかりだが、彼女が描くひとつひとつの絵画作品が、これまでの画家たちが挑んできたことに頼るだけではなく、自分なりの絵画のアプローチを探しているような、実験的な感性を持っているように感じた。同時に、総体的に形式的一貫性があり、美術表現を理解し、方向性もしっかりと持っている。方向性をしっかり持ちながらも、制作の方法に関しては実験的であるという、バランスがある。申請書には、自分の活動の外の世界にも興味を持っているように見受けられた。小林さんは、アート作品と鑑賞者のつながり、アーティストとコミュニティとの関係、またそれが札幌と国内のほかの地域、そしてアメリカとどう異なるのかを探ることに興味を持っているように見受けられた。

 

※今回ご応募くださった皆様、今後も海外でのレジデンスの機会を可能な限りつくって参りたいと思いますので、その際は是非またご応募いただけましたら幸いです。ありがとうございました。

※応募終了 ポートランドでのレジデンシー参加アーティスト募集(札幌市拠点の方対象)

※この応募は締め切りました

NPO法人S-AIRでは、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドでのレジデンシーへの参加アーティストを募集します。

“※応募終了 ポートランドでのレジデンシー参加アーティスト募集(札幌市拠点の方対象)” の続きを読む

S-AIR Award: 高橋喜代史さんフランス滞在記⑤

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、Le Lieu Uniqueとの連携によりフランス・ナントに滞在していた高橋喜代史さんから、滞在記第5弾が届きましたのでご紹介します。

急ピッチで進む制作の、ハラハラ感が伝わる第5弾。展示はどんな感じになったのでしょうか?


2/19 (月)【フランス滞在15日目】

オリヴィエと待ち合わせして広いスタジオに移動。急にとてつもなくスタジオがデカくなった。来週の火曜日から展覧会だなんて、信じられない。。。

間に合うのか???

1

横では、テクニカルスタッフがATLANTIDEの搬出撤去と次なるイベントへの準備。

“S-AIR Award: 高橋喜代史さんフランス滞在記⑤” の続きを読む

S-AIR Award: 高橋喜代史さんフランス滞在記④

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、Le Lieu Uniqueとの連携によりフランス・ナントに滞在していた高橋喜代史さんから、滞在記第4弾が届きましたのでご紹介します。

「展示をする必要はない」と言うパトリシアと、「展示をしたい」高橋さんの、交渉の過程とは?どうぞお楽しみください!


2/13 (火)【フランス滞在9日目】

美味しいスープ屋さんで昼ごはん。メニューを選ぶのが一苦労で、写真もないからさっぱりわからず、いつも超適当に選んでます。浅はかですが、高いのから選んだり。。。

1

ここ、スープも野菜もキッシュもどれもこれもめちゃめちゃ美味しいです!また来たい!!

午後からスタジオで作業。夜は、長い語り口調と人形劇とが合わさったfreres sorcieresを見る。

http://www.lelieuunique.com/evenement/freres-sorcieres/

“S-AIR Award: 高橋喜代史さんフランス滞在記④” の続きを読む