カテゴリー: S-AIR AWARD (派遣プログラム)

S-AIR Award: 松田壯統さん錦渓鎮滞在記②

1.上海ツアー10月19日 20日

6-2上海ツアーIMG_8613-15

昼にニコルのスタジオがある上海のスタジオエリアに連れていってもらいました。

その後は上海アーティストのスタジオに伺いました。ニコルのスタジオの近くに徐震のスタジオがあり、彼は会社も工場との連携もしっかりしていて忙しいので、アシスタントの人が案内してくれます。スタジオもスタジオではなく工場でした、、この辺りは上海のセンターから車で1時間かかりますが、家賃も半分以下でスタジオを構えるアーティストも多いとのこと。場所によっては1年間半額の優遇などがあったりする事も言っていました。その後他2人の若いアーティストのスタジオも見学させてもらいました。彼らの多くは充分ではないけど、ちゃんとそのアート作品で生活をしていけている事に、日本と上海の違いを感じました。どれぐらいのアーティストが食べて行けているのと聞くと いくらでもいると言っていました。みんなしっかりした大きい彫刻や絵をスタジオに置いていて、会社のように見えます。その意識の違いは見習うとこであるかもしれません。

“S-AIR Award: 松田壯統さん錦渓鎮滞在記②” の続きを読む

広告

S-AIR Award: 松田壯統さん錦渓鎮滞在記①

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、中国上海を拠点とするoffice339、そして上海近隣の古都である江蘇省崑山市錦渓鎮に昨年設立されたばかりのPoints Contemporary Art Center(PCAC)との連携により、PCACに滞在中の松田壯統さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

※松田さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


1.到着〜周辺 初日〜数日

1-1到着スクリーンショット 2018-11-02 22.26.47-34

1-3IMG_8382-18

上海空港からレジデンスまで、車で1時間ちょっと、早速レジデンス施設を案内してもらいます。

“S-AIR Award: 松田壯統さん錦渓鎮滞在記①” の続きを読む

イベント延期のお知らせ

先日メーリングリストではご案内させていただきました、今週金曜日10/12(金)の「招へいキュレーター マット・ジェイ(アメリカ)歓迎会&派遣作家 小林知世 報告会」は、招へいキュレーターの滞在開始が都合により延期となったため、延期とさせていただきます。

いらっしゃるご予定だった皆さんには、お詫び申し上げます。 本イベントは、日を改めて開催いたしますので、その際には、ぜひ、お越しいただけますと幸いです。詳細は、後日S-AIRブログのイベントページ・SNSにてお知らせいたします。

S-AIRブログ イベントページ
https://sairblog.wordpress.com/category/news/events/

S-AIR Facebookページ
https://www.facebook.com/sairorg/

S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記④

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドに滞在していた小林知世さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

いよいよ最終回!


8/20 【20日目】

YU内にあるプリントショップにいらっしゃるクリスさんが、私達のためにワークショップを開いてくださいました。各々の強いこだわりにも丁寧に親切に答えてくれます。

普段、子供向けのワークショップもやっていて、レゴを使った簡単なプリントも見せていただきました。

夜はいつも私達をサポートしてくださるみどりさんのお宅で素麺・蕎麦パーティー。音楽、デザイン、色んなお仕事をしているみなさんと過ごせた貴重な時間でした。

図1

“S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記④” の続きを読む

【最終選考結果】 Points Contemporary Art Centerへの派遣プログラム

S-AIR AWARDへご応募、大変ありがとうございました。最終選考結果は以下の通りです。
選ばれたアーティストの皆さんには、個別にご連絡させていただきます。

松田壯統さん

理由) 「タブー」というのは、深く掘り下げるに値する論題です。松田さんが錦渓の歴史的な情報を調べて出したプランは、彼自身の制作の文脈においてもなにか変化をもたらすようなきっかけになるでしょう。錦渓に着いてから、地元の文化を調査し、一般的な「生と死」という概念に、彼自身の言葉で変化をもたらすことが可能となれば、今回のレジデンスで得られるものは大きいかと推測します。これまでの作品を拝見すると、多様な手法をつかって表現されていて、作品の内容と表現方法の点で成熟度・完成度が高いと感じます。

Taboo is the topic which is worth deepening. The artist collects the historical information of Jinxi, and finds a breakthrough that fits the context of his personal creation. If Matsuda could dig deeply into the local culture of Jinxi and transform it into a personalized language which differs from the general idea of “life and death”, he may benefit a lot from PCAC residency program. He has the ability to manipulate a variety of media, and his past works are mature and complete in content and form.

“【最終選考結果】 Points Contemporary Art Centerへの派遣プログラム” の続きを読む

S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記③

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドに滞在中の小林知世さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

26日のオープンスタジオに向けて、徐々に制作に割く時間が増えてきた滞在の様子を、どうぞご覧ください。

※小林さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


8/14 【14日目】

素材集めに散歩しつつ制作です。

私は街歩きしながらこの間いった画材店へ。マットはあえて家族経営の画材屋さんに連れていってくださいました。そうやってこの街の暮らしはまわっているのかも、と思います。

8/15 【15日目】

Personal Libraries Libraryへ

美術や哲学、科学の本を扱う個人のライブラリーです。私にはすぐ読まないけれど、本がたくさんです…。管理している方の楽器工房、プリント工房も見せていただきました。

IMG_1085

IMG_1087

“S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記③” の続きを読む

S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記②

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドに滞在中の小林知世さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

現地のキュレーターや学芸員の方に作品を見てもらったり、一緒に参加している日本人作家たちと制作について話したり。滞在の様子をどうぞご覧ください。

※小林さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


8/7 【7日目】

この日は初めにOregon Nikkei Leacy Center へ。ポートランドにある日本人街の歴史を説明していただきました。パールハーバーを機に激変した生活ぶりなど、アメリカにいた日本人の当時の生活を少しだけ知ることができました。特に印象的だったのは、物資がない中で作られた、鳥のブローチ。オレンジの箱の廃材でできているそうです。

IMG_0925

“S-AIR Award: 小林知世さんポートランド滞在記②” の続きを読む

S-AIR Award:小林知世さんポートランド滞在記①

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、End of Summerとの連携により、札幌の姉妹都市であるポートランドに滞在中の小林知世さんから滞在記が届きましたので、ご紹介します。

※小林さんの滞在記は随時届き次第、更新予定です。


8/1 【1日目】

新千歳羽田サンフランシスコポートランド 移動日。

七月末までの正社員生活を終えて、いよいよポートランドへの出発です。この日が来るまで自分でも信じられませんでした。乗り継ぎ時間が1時間というタイトなスケジュールなのに、入国審査でレジデンスの詳しい説明を求められ早速飛行機を逃すトラブル

幸いすぐ後の便に振り替えてもらえたため、他の場所から乗り継いだレジデンスのメンバーとほぼ同時刻にポートランドで合流できました。

寝泊まりはチャイナタウンにあるソサエティホテルで、制作は車で10分ほどの場所にあるYU(イエールユニオン)で、という生活です。初日は主催のマットにホテルまで送っていただいて、メンバー6人でお勧めしてもらった中華料理屋で夕食をとりました。

時差でほぼ徹夜状態だったこともあり早めに就寝しました。

“S-AIR Award:小林知世さんポートランド滞在記①” の続きを読む

S-AIR Award: 風間天心さんカンボジア滞在記⑥

いよいよ最終回!S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、Sa Sa Art Projectsとの連携によりカンボジア・プノンペンに2018年1〜2月に滞在していた風間天心さんから、滞在記第六弾が届きましたのでご紹介します。

第一弾第二弾第三弾第四弾第五弾も併せてどうぞ。


2/17(土) 【カンボジア滞在31日目】

ミャンマーの旧首都ヤンゴンへ来ました。(今の首都はネピドー)

IMG_1924

同郷の友人が今年からヤンゴンで働き始めたので、職場を見せてもらいます。日本では札幌のトヨタディーラーで働いていますが、ミャンマーではこの「HTS」という会社で働くようです。「日本の会社」と「現地の会社」の共同経営らしい。

ヤンゴン市内はバイク走行が禁止されているため、移動手段は完全に「車」。しかもこの「HTS」では、ハイブリッド車の整備を専門にしています。

“S-AIR Award: 風間天心さんカンボジア滞在記⑥” の続きを読む

S-AIR AWARD 派遣プログラム レポートアーカイブ

これまで海外の連携機関へ派遣アーティストによる、現地レポートのアーカイブ

2018年度

小林知世
滞在先: End of Summer(アメリカ)
[1]
[2]
[3]
[4]

 

2017年度

高橋喜代史
滞在先: le lieu unique (フランス)
[1] https://wp.me/p25tVw-24B
[2] https://wp.me/p25tVw-254
[3] https://wp.me/p25tVw-25j
[4] https://wp.me/p25tVw-279
[5] https://wp.me/p25tVw-27z

風間天心
滞在先: Sa Sa Art Projects (カンボジア)
[1] https://wp.me/p25tVw-22O
[2] https://wp.me/p25tVw-23D
[3] https://wp.me/p25tVw-242
[4] https://wp.me/p25tVw-26d
[5] https://wp.me/p25tVw-296
[6] https://wp.me/p25tVw-2ai