カテゴリー: 2016

S-AIR – RESIDENCY PROGRAMMES – Publications

PDF versions of our 2016 annual report can be downloaded from the links below.
当団体の活動記録集は以下のリンクよりダウンロードが可能です。

S-AIR 2016 – RESIDENCY PROGRAMMES

S-AIR_2016_cover

Otaru Fable – 小樽寓言 by Chang Yoong Chia
(S-AIR 2016 – RESIDENCY PROGRAMMES – 別冊)

Otaru Fable

S-AIRの記録集は18年間のうち15年間はA5版でしたが、少し大きな変型のサイズに変えました。日本の習慣的な書店のブックカバーのような装丁にし、別冊で昨年の滞在制作で話題となったヨンチア・チャンの帆立貝62枚に描かれた「小樽寓話」を完全収録。

S-AIR catalogue had been an A5 publication during 15 out of 18 years, but we changed for a different size, a bit bigger. It’s wrapped in a kind of “book cover” you always get from Japanese book shops. In a supplement, you can also find a complete edition of Chang Yoong Chia’s “Otaru Fable” series, which was drawn on 62 scallop shells!

CSC_0101

広告

ヨンチア搬出と帰国

いよいよ展覧会も終了、搬出です。

その前に、ハレバレ写真さんにお願いして、帆立貝のシリーズを撮影します。

S__41508878

そしてパッキング。

マレーシアの郵便システムは信用できないので、なるべく手で持って帰りたいそうです。

S__41508877

最後にS-AIR事務所へ。

なんとカニの甲羅の作品を、事務所に寄贈してくれました。

ヨンチア!本当に良いの!?

ありがとう、大切にします。

17621916_1131289553648401_6522313722696350681_o

ヨンチアはこのまま飛行場へ。

マレーシアへと帰国していきました。

セカンドS-AIRとして、最近来ていたアーティストよりもキャリアのあるヨンチアに今回滞在制作をしてもらいました。

やはり、制作への姿勢や展覧会の完成度など、一味違う、、、

受け入れ側としても、初心を取り戻し、気持ちを新たにする良い機会となりました。

W&J福島フィールドトリップを経て帰国

湯本で竹内さんと再び竹内さんと合流して、富岡でサイクリングをしました。

制限区域のボーダーにあたり、福島第一原発から約12kmです。

この桜並木の先にゲートがあります。

スクリーンショット 2017-05-02 15.54.20

その後、いわきから福島市へ移動しました。

アーティストの赤城修司さんの案内で除染のために削られた土を一時的に保管しているエリアなどを見て周りました。

スクリーンショット 2017-05-02 15.41.33

スクリーンショット 2017-05-02 15.43.28

いよいウォレンとジェームスも帰国です。

福島でもたくさんの人たちにお世話になって非常に実りの多いリサーチとなりました。

関係していただいた方々、ありがとうございました!

ろうけつ染めとバティック

インドネシアが有名ですが、実はマレーシアもバティックが非常に盛んです。ヨンチアも数回は経験があるようですが、本格的な作品制作はしたことがないそう。

インド発祥でアジア各地に広まったので、日本のろうけつ染めが近しい方法で作られているのも不思議なことではありません。

チャンティンという溶けたロウをたらす道具をマレーシアから持参してきたヨンチア。

日本でろうけつ染めについてリサーチを重ねて、バティックとのハイブリッドな制作方法にたどり着きました。

16836578_10154589973553167_3095416961992574888_o

マリヤ手芸店でも道具を見せたり、染料の違いについて聞いたり、いろいろとリサーチを行いました。制作に関する材料、道具類は全てこのお店で揃えることができました。

16992368_10154589967198167_7878301135697710534_o

芸術の森美術館の染色工房でもリサーチを行いました、ご協力ありがとうございました!

16836585_10154589982573167_94919340912165489_o

16904975_10154589982578167_1935353046683402139_o

ヨンチアひたすら東へ、、、

ヨンチアが強行軍で道東へ。

自国マレーシアとは正反対の気温、環境である北海道の冬で、住んでいる人たちがどんな生活をしているのか、寒い地域や季節における熱、暖かさとは何なのか、いろいろ体験して調査したいと話していたヨンチア。

17390432_10154652686503167_7040320031820469337_o

北海道なら流氷を押さえておかねばと、バスに揺られてはるばる網走へ。

季節的には終わりかけていましたが、なんとか実際の流氷を見ることができました。

流氷の中を進む船など、こと地域で暮らす人の営みを間近で見ていろいろと思うところがあったようです。

北方民族博物館などにも訪れることができました。

17390470_10154652686288167_3047446506113519775_o

北海道民でも実はまだ流氷を見たことがない、という方も多いのではないでしょうか!?