カテゴリー: 2014

S-AIR招聘作家2名&小川希氏によるトークイベント「AIRがみちびくところ」

11月29日(土)14:00より、アーティスト2人のトークと、Art Center Ongoing代表の小川希氏を迎え、これまでや現在取り組んでいる活動についてのレクチャーを行いました。

IMG_0790

トゥーは、過去の作品の紹介や、十勝での制作体験について話しました。
今まで15回も世界中のレジデンスに行っているが、一回のレジデンスで2カ所ははじめて。
通常のレジデンスだと展覧会のために作品を作るためだけに滞在するが、今回のレジデンスでは、その土地での自分の生活もあって、ここに住んでいるかのように生活しながら制作するレジデンス体験だった。この経験ははじめてで、特別だったと話していました。

IMG_0791

リンジーは、フィリピンのアートの紹介と、自分の作品の変化がどのようなきっかけで起こったかを話しました。

フィリピンの美術は、先住民族のテキスタイルなどがありました。スペインの侵略と共に西洋絵画が入って来ました。1920〜30年代からは、西洋絵画の文脈を受けつつも、フィリピン独自のスタイルで描く作家がでてきたそうです。
リンジー自身も、大学を卒業するまで写実的な絵画を書いていましたが、卒業してからスタイルが変わり、更に、2009年の台風と洪水の時に、自分の作品が水没でダメージを受けてから、自分の過去の作品を壊して新しい作品を作り始めました。それから、美術作品の価値や、作る側と鑑賞する側の関係性等に興味を持ち始め、現在の作風に繋がっています。

これから東京での滞在が始まりますが、札幌の今回の作品では、自転車、キャラクター(ゆるキャラ)、などから着想を得た様子。

IMG_0797

そして、今回のレジデンスの連携先でもあるOngoingの小川氏は、美大に行っていた頃、お兄さんがいたベルギーを拠点に、ヨーロッパを旅した経験がきっかけでアートセンターについて考えることになったそうです。

ヨーロッパでは、どこの小さな街にもアートセンターがあってにぎわっているが、なぜこれが日本にないのか、日本でもできないか?という発想から現在に繋がる活動が始まりました。
最初はアーティストを集めて廃校などでアートプロジェクトを展開し、その後アートセンターを作ることになったそうです。経営危機の波もありつつ、今は沢山のイベントや、2013年4月からはレジデンスをはじめ、国内外からアーティストの受け入れを行っています。

現在は、進藤冬華さんなど、北海道のアーティストを含む6人前後の国内のアーティストをフィリピンに派遣してアートプロジェクトを展開しています。

今回のレジデンスでは、Ongoingとフィリピンのつながりから、公募によってリンジーが招聘されました。

 

最後に、S-AIR代表の柴田を交えたクロストークでは、AIRのみちびくところをテーマに、それぞれの活動を始めたいきさつやハプニングなど、レジデンスに関する様々な話題で盛り上がりました。

土地の違いに関して話していた内容では、東京ではアート以外にも選択肢が沢山あるために、以外にも人を集めるのが難しかったこと、小川さんが見たヨーロッパのアートセンターに集まる人々は、他に行く所がなく、と話していました。

OngoingもS-AIRも、それぞれ紆余曲折、様々な時期を経て独自のコミュニティーを形成していった経緯があり、その土地それぞれで発展を遂げていくには、それぞれの独自性をもう一度見つめ直す必要があるのかもしれません。

展覧会はじまりました!本日18:30よりオープニング・パーティー。

品品法邑での展覧会がはじまりました!

月曜日に搬入したのですが、今回は滞在期間も短く当日までどんな展示になるか分からなかったのですが、徐々に形になってくるのを見て、期待で胸がふくらみました。
この滞在期間の体験が結実した展示をみなさん、ぜひ見に来て下さい。

搬入では、トゥーさんが、
「十勝では、搬入で場所を決めたりするのに時間がとてもかかったけれど、札幌は作品を作るのに時間がかかって、配置には全然時間がかからなかった。面白い。」
…と言ってました。

今回の作品は1Fが十勝をイメージした作品、2Fが札幌の街をイメージした作品になっているので、ぜひ比べてみてください。

IMG_0598

IMG_0623

 

リンジーは、過去作品を持って来たものの、今回13点全て新作という意欲あふれる展示になりました。

今日いらした方々は皆、リンジーの展示スペースに入ると笑い顔になっていました。
最初はシャイで寡黙に見えるリンジー。ユーモアたっぷりのこんな一面もあるんですね。

元々抽象絵画を描いていて技術もあるけれども、あえて別の視点から絵画やアートを切り取る、彼ならではの視点をお楽しみいただければと思います。

IMG_0528

IMG_0584

 

<おまけ>

同時期に、ギャラリーから徒歩数分の茶房法邑で、日本画の水野剛志さんの展示が行われています。
先日搬入の時にアーティストとご挨拶に行ってきました。日本画の世界に2人も興味津々。
こちらに来る際は、是非茶房法邑にもお寄りになってみてください。

image1

茶房法邑の水崎さんと、リンジー。
作品について熱く語り合っています!

image2

本日、18:30よりオープニング・パーティーを開催します。

みなさま、ぜひいらしてください!

 

—————————————————————————————–

S-AIR 2014 -FRONTIER- 秋期レジデンスプログラム 滞在制作成果発表
Thu Kim Vu & Lindsey James Lee 展覧会

[会期]
2014年11月26日(水)~11月30日(日)
11:00~18:30

・オープニングパーティー
2014年11月26日(水)18:30~

・S-AIR招聘作家2名&小川希氏によるトークイベント「AIRがみちびくところ」
2014年11月29日(土)14:00~
入場料 500円

[会場]

品品法邑(しなじなほうむら)
札幌市東区本町1条2丁目1-10
TEL 011-785-3607(茶廊法邑)

Thu Kim Vu & Lindsey James Lee 展覧会開催のお知らせ

201411_Frontier_A4a

S-AIR秋期レジデンスプログラムでは初の試みとして、国内そして道内2カ所を移動して滞在制作を行うという、地方と都市をつなぐレジデンスプログラム2枠を実施します。ひとつは札幌ーとかち滞在プログラムとして、昨年始動したばかりのとかち・アーティスト・イン・レジデンスと連携し、世界公募によって選ばれたベトナムの作家トゥー・キム・ヴーを招聘し、十勝と札幌で制作してきた成果を発表。もうひとつは、札幌ー東京滞在プログラムとして、東京のArt Center Ongoingとの連携で、フィリピンからリンジー・ジェームス・リーを招聘、この展覧会では札幌での滞在制作の成果をご覧頂きます。

初日の26日(水)18:30よりオープニング・パーティー、29日(土)14:00からOngoingの代表小川希氏も交えてトークイベントも開催いたします。いずれも、お誘い合わせの上お越し下さい。

——————————-
S-AIR 2014 -FRONTIER- 秋期レジデンスプログラム 滞在制作成果発表
Thu Kim Vu & Lindsey James Lee 展覧会開催のお知らせ

[会期]
2014年11月26日(水)~11月30日(日)
11:00~18:30

[会場]

品品法邑(しなじなほうむら)
札幌市東区本町1条2丁目1-10
TEL 011-785-3607(茶廊法邑)

※展覧会やトークについてのお問い合わせは下記S-AIRまでご連絡ください。

 

[S-AIR招聘作家2名&小川希氏によるトークイベント]

「AIRがみちびくところ」
2014年11月29日(土)14:00~
入場料 500円
展覧会出品作家2名によるトーク、そしてゲストにArt Center Ongoing代表の小川希氏を迎え、これまでや現在取り組んでいる活動についてのレクチャーを開催します。その後、今回のNPO法人S-AIR代表柴田も交え、今回のプログラムのテーマでもある、移動して制作をすることの意義やそれぞれの土地と制作することの関係性を問うクロストークを開催します。
※展覧会場の品品法邑で開催します。

 

■ベトナム→札幌→とかち

[招聘アーティスト(ベトナム)]
トゥー・キム・ヴー
Thu Kim Vu
ベトナム・ハノイ市生まれ。ハノイ美術大学卒業の後、シカゴ美術館付属大学院で修士課程修了。
トゥー・キム・ヴーは、紙でつくった小さな立体物に黒いインクでドローイングするというシンプルな手法で作品を制作する。旅をする時に記憶や観察によって頭の中に形成されるその都市のランドスケープを、その立体物で表現する。書道や水墨画等で使われる伝統的な素材を用いながら、立体のかたちや軽さだけではない、多様な空間に適応できる柔軟さを活かした作品を制作する。十勝滞在中の2週間で、ワークショップやオープンスタジオを開催、札幌での展覧会は最終成果発表となる。
※10/27~2週間とかちに滞在(滞在先は、とかるね)

[連携団体]
とかちアーティスト・イン・レジデンス (T-AIR)
十勝にある豊かな地域資源をさらに磨き上げ、地域振興に資する地域資本に昇華させる活動が創発されることを目指して、アーティストと地域人材の育成を目的に、平成25年に始動したレジデンスプログラム。

 

■フィリピン→札幌→東京

[招聘アーティスト(フィリピン)]
リンジー・ジェームス・リー
Lindsey James Lee
1979年フィリピン西ネグロス州生まれ、マニラを拠点とする現代アーティスト。大学でファイン・アートを専攻し主に抽象画を描いていたが、アート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークで短期コースを受講した頃から多様なメディアで表現するようになった。台風で作品が浸水被害にあったことが転機となり、アート作品の価値とは何なのかを探ることをテーマに制作を始める。2013年には、独学で取得した剥製技術で制作した鳥の剥製と絵画作品を合わせ、アーティスト、鑑賞者、批評家に見立てたインスタレーション作品を発表した。札幌での展覧会の後、東京での滞在制作・成果発表も行う。
※10/30~12/4札幌に滞在の後、12/4~12/29東京に滞在

[連携団体]
Art Center Ongoing
2008年のオープン以来、東京において最も活気ある、主に20代から30代の現在進行形で活躍する多くのアーティストが集うアートスポット。2013年より始動したアーティスト・イン・レジデンスのプログラムでは、国内外を問わず、アーティストやキュレーター等を広く募集し、2ヶ月間の滞在および発表の機会を提供している。

 

■トークイベント・ゲスト

小川希(Art Center Ongoing 代表)
2002年から2006年に亘り、東京や横浜の各所を舞台に若手アーティストを対象とした大規模な公募展覧会『Ongoing』を、年一回のペースで企画、開催。その独自の公募・互選システムにより形成した数百名にのぼる若手アーティストネットワークを基盤に、既存の価値にとらわれない文化の新しい試みを恒常的に実践し発信する場を目指して、2008年1月に東京・吉祥寺に芸術複合施設 Art Center Ongoing を設立。
また、JR中央線高円寺-吉祥寺-国分寺を舞台としたアートプロジェクト TERATOTERA(テラトテラ)のチーフディレクターとしても活躍する。

 

——————————-

S-AIR 2014 -FRONTIER- 秋期レジデンスプログラム
主催 特定非営利活動法人S-AIR
助成 文化庁 平成26年度文化芸術の海外発信拠点形成事業
国際交流基金アジアセンター
協力 法邑芸術文化振興会  Art Center Ongoing
とかちアーティスト・イン・レジデンス  とかるね

お問い合わせ
特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
http://www.s-air.org
060-0906 札幌市東区北6条東2丁目2-10 3F-A
011-299-1883
info@s-air.org

カラフルなのが、どっさりしてるの

朝、アーティストが滞在している天神山アートスタジオに行ったところ、不思議なものを発見しました。

ふと、棚の上に目を向けると

……!!

image1

カラフルな物体が、キャンバスの上に、どん。

image2

「これはわたしのさくひんです

そして」

 

 

……話を聞くと、リンジーのあたらしい作品でした!

他にも作った作品があるのですが、展覧会まで秘密です。笑
色んな意味で衝撃的。

それにしても、リンジー。いつの間に日本語を…

 

image3

今日は作品制作のプラン確認と、展覧会に向けた打ち合わせをしました。

image6

着々と進んでいます。

image1

お昼ごはんは、回転寿しトリトンで。

展覧会まであと1週間!

—————————————————————————————–

S-AIR 2014 -FRONTIER- 秋期レジデンスプログラム 滞在制作成果発表
Thu Kim Vu & Lindsey James Lee 展覧会

[会期]
2014年11月26日(水)~11月30日(日)
11:00~18:30

・S-AIR招聘作家2名&小川希氏によるトークイベント「AIRがみちびくところ」
2014年11月29日(土)14:00~
入場料 500円

[会場]

品品法邑(しなじなほうむら)
札幌市東区本町1条2丁目1-10
TEL 011-785-3607(茶廊法邑)

北海道教育大学岩見沢校に、「ふいご祭り」を見に行きました。

札幌から車で約1時間。

岩見沢市にある、北海道教育大学岩見沢校に行ってきました!

 

IMG_0322

教育大岩見沢校には、美術・デザインコース油彩、彫塑、立体造形、デザイン、空間造形、日本画、などなど、たくさんの分野を扱う研究室があります。

リンジーが以前から「制作しているところを見たい!」と言っていたので、これはいい機会になったのではないでしょうか。

 

そして、今回の最大の目的は「ふいご祭り」に参加すること!

IMG_0328

ふいご祭りは、火の神様のためのお祭りで、制作で特に火を使う、金属工芸や彫刻の研究室にとってはとっても重要なお祭り。

けがや火事がないように、研究室にご神体をお祭りしているのです。

IMG_0334

研究室の教授が代表して祈りを捧げます。

IMG_1169

学生が扮した巫女と神主さん。
本格的に、顔面白塗り。

IMG_1172

そして、なぜか大根(?)。

祭壇の真ん中でキラキラ光っているのがご神体です。

「火の神様」「水の神様」など、ものに神が宿るというのは結構日本独自の文化かもしれませんね。

 

—————————————————————————————–

S-AIR 2014 -FRONTIER- 秋期レジデンスプログラム 滞在制作成果発表
Thu Kim Vu & Lindsey James Lee 展覧会

[会期]
2014年11月26日(水)~11月30日(日)
11:00~18:30

・S-AIR招聘作家2名&小川希氏によるトークイベント「AIRがみちびくところ」
2014年11月29日(土)14:00~
入場料 500円

[会場]

品品法邑(しなじなほうむら)
札幌市東区本町1条2丁目1-10
TEL 011-785-3607(茶廊法邑)

今年はじめてのドカ雪。トゥーさん大丈夫?

image

本日、朝起きてびっくりしました。
昨日の明るい時間帯はまだ自転車に乗っていたのに、まさかの一面銀世界。
外の気温はマイナス。

image

トゥーさんに、寒くないのか聞いてみると、

「えー、全然平気よ。きれいだねー(日本語)」

…と、寒さに全く動じない様子。
私は骨の芯まで寒いのに、、、感じ方は人それぞれ。

image

ちなみに、トゥーさんは日本国内のレジデンスは今回で3回目。
英語が全くできないホストファミリーの元でのホームステイ経験で日本語を覚えたそうです。

ギャラリーの打ち合わせも、日本語で。

image

今回お世話になる品品法邑の近くにある茶房法邑で昼ご飯を頂きました。
丁寧に作られた和食で、寒さで冷えた身体に染み込むやさしい味。

オーナーの法邑さんとの話も弾みます。

こんな感じで、雪にも負けず今日も元気に活動しています!

—————————————————————————————–

S-AIR 2014 -FRONTIER- 秋期レジデンスプログラム 滞在制作成果発表
Thu Kim Vu & Lindsey James Lee 展覧会

[会期]
2014年11月26日(水)~11月30日(日)
11:00~18:30

・S-AIR招聘作家2名&小川希氏によるトークイベント「AIRがみちびくところ」
2014年11月29日(土)14:00~
入場料 500円

[会場]

品品法邑(しなじなほうむら)
札幌市東区本町1条2丁目1-10
TEL 011-785-3607(茶廊法邑)

北海道開拓の村に行ってきました。

先日、トゥーとリンゼイを連れて北海道開拓の村に行ってきました!

image

北海道開拓の村は、北海道の明治から昭和初期の歴史的建造物を移設した野外博物館です。開拓の過程における生活と産業・経済・文化の歴史を垣間みることができ、北海道の歴史を振り返る上でとっても参考になる場所。

image

建造物のひとつの中に展示してあった人力車を見て、トゥーが、「私の国にもある!」と反応。同じアジアならではの共通点も。

image

馬車鉄道もありました。わたしたちをひいてくれた馬は昔からいる種類で、とても小さい!江戸時代の武士が乗っていたのはこのくらいの大きさだったそう。

image

発車前。

image

村内は自然がいっぱい。
東南アジアにはない、栗やドングリを拾いつつ散策。

image

帰りがけ、売店で昔の玩具を発見。

リンゼイが「紙ふうせん」を購入すると、トゥーが

「何これ!!すごい便利!!」

と興味津々。

image

「作品を折り畳めたら、持ち運ぶのも便利ですよね〜」
と、しきりに紙風船に感心するトゥー。

これも、作品づくりに関係するのかな?

image

明るくアグレッシブなトゥーとは対照的に、シャイで口数少なめのリンゼイ。
でも、色々見て回りながら、自分の中で少しずつ色んなアイディアが巡っているみたいです。

2人共、どんな作品が出来上がるのか楽しみですね。

この滞在の成果を観に、展覧会にぜひみなさん来てください!

 

—————————————————————————————–

S-AIR 2014 -FRONTIER- 秋期レジデンスプログラム 滞在制作成果発表
Thu Kim Vu & Lindsey James Lee 展覧会

[会期]
2014年11月26日(水)~11月30日(日)
11:00~18:30

・S-AIR招聘作家2名&小川希氏によるトークイベント「AIRがみちびくところ」
2014年11月29日(土)14:00~
入場料 500円

[会場]

品品法邑(しなじなほうむら)
札幌市東区本町1条2丁目1-10
TEL 011-785-3607(茶廊法邑)