カテゴリー: 2012

第10回札幌国際短編映画祭でジャスティン・アンブロシーノ(2012年レジデンシーアーティスト)がベスト北海道賞を受賞

2012年にICC+S-AIR 2012 -FRONTIER- 秋期レジデンスプログラムで滞在制作を行ったジャスティン・アンブロシーノが、札幌滞在中に制作した作品「Hungry for Love」を携えて第10回札幌国際短編映画祭に参加。

見事ベスト北海道賞を受賞しました、おめでとう!

12140593_944419818959245_3593677378977460440_n

広告

速報! 向井山朋子Multus#3「人生を変えてしまうメロディー」 カント・オスティナート4台ピアノ版 日本初演

_MG_3275b

 

2012 年から始まった日本・オランダ共同企画、ピアニスト・美術家の向井山朋子監修によるピアノコンサートシリーズ「Multus」の第3弾。

プログラムは、日本とオランダの4人のピアニストによる、オランダの作曲家シミオン・テン・ホルト作のミニマル・ミュージック「Canto Ostinato(カント・オスティナート)」。

日本ではめったに体験できない4台のピアノと照明で作られる圧倒的な空間で「人生を変えてしまうメロディー」をお楽しみください。

*北海道会場は岩見沢市のまなみーる大ホール。ピアノは2012年の小さなC3サイズが2台でしたが、今回は大きなフルコンが4台です。オランダのミリオンセラーの名曲、「カント」の4台バージョンは日本初演。世界的な照明家、ジャン・カルマン原案による観客参加の照明。二度とできないかもしれない神秘的空間をお見逃しなく!

ピアノ: 向井山朋子、ゲラルド・バウハウス、佐藤祐介、鷹羽弘晃

 

【プログラム】

シミオン・テン・ホルト作曲
「Canto Ostinato for 4 pianos (4台ピアノのためのカント・オスティナート)」 (1976 -1979)

 

【インスタレーション】

向井山 朋子 (ピアニスト・美術家)

ジャン・カルマン (照明デザイン)

 

照明インスタレーションに参加しませんか?

公演当日、あなたのお手持ちの照明器具とともにご来場ください。お持ちいただいた照明は、コンサートが始まる前に会場、客席間に設置され、演奏中に照明インスタレーションの一部として、演奏空間を完成させます。

2013 年のあいちトリエンナーレで発表された「Falling」での共作も話題となった、向井山朋子とジャン・カルマンによる空間演出にぜひご参加ください。

 

チケット発売開始:2014年12月1日

【11月16日~11月30日】期間限定先行予約★前売料金から20%OFF!!

 

メールアドレスは@を小文字に直してください。

◎東京公演:

2015 年年3月7日(土)17 時開演、3月8日(日)15時開演

会場 : アサヒアートスクエア(地下鉄「浅草駅」下車徒歩5 分)

料金:全席自由・前売

3/7 一般5,000 円 学生4,000 円 ( 終演後のレセプション参加費込み) ・当日500 円up

3/8 一般4,000 円 学生3,000 円 ・当日500 円up

予約問合せ:一般社団法人もんてん(両国門天ホール)ticket@monten.jp tel 03/-6666-9491

 

◎北海道岩見沢公演:

2015 年3月11日(水)19時開演

会場 : まなみーる(岩見沢市民会館・文化センター)(JR「岩見沢駅」下車徒歩7 分)

料金:全席自由・前売:一般3,000円 学生2,000円 ・当日500円up

予約問合せ:特定非営利活動法人S-AIR info@s-air.org  tel:090-2070-4134

 

◎大阪公演:

2015年3月14日( 土) 15時開演

会場 : クリエイティブセンター大阪 BLACK CHAMBER(四ツ橋線「北加賀屋駅」下車徒歩10 分)

料金:全席自由・前売:一般3,000 円 学生2,500 円 ・当日500 円up

予約問合せ:一般社団法人torindo   torindoinfo@gmail.com   tel:080-2411-0790

※特記なき場合、開場は開演の30分前です。
※問い合わせ先メールアドレスの@は、小文字に打ち直してください。

 

Residency Opportunities in Tokachi: Urahoro and Nakasatsunai

[Revised on 11 June 2014] changes made are marked red

T-AIR (Tokachi Artist-in-Residence) is offering a 65-day residency opportunity to two artists in Tokachi district, east Hokkaido, Japan:
– one artist to stay in Urahoro town
– one artist to stay in Nakasatsunai Village

The district of Tokachi is located in east part of Japan’s northern island of Hokkaido, which has the second largest area as an island after Honshu. Since Tokachi has flourishing industries in agriculture, forestry and fishing, it is often considered as one of the main food production bases in the country. Tokachi’s success was made possible by both the local pioneers, who cultivated the land, as well as its rich natural surroundings.

One artist will stay in the town of Urahoro and the other in the village of Nakasatsunai. Both artists will have an opportunity to utilise Tokachi’s rich resources in their art production and/or workshop(s) during the residency.

About Tokachi Artist-in-Residence (T-AIR)
http://tokachiair.wix.com/t-air

T-AIR will provide the successful candidate with the opportunity to learn about the local districts of Tokachi, Hokkaido, communicate and engage with the local community. This opportunity is open to artists who practice in any form of visual art but they must meet the requirements stated below.

The aim of this residency is to give artists opportunity to create artwork and foster emerging local talents, as well as to support engaging artists to local talents, all of which, in effect, would encourage local regeneration activities in the Tokachi district.

Our activities and objectives are:
1. To foster emerging artists and to nurture local talents with unique ideas by engaging them with the artists
2. To support art activities utilising the local industries and rescources such as food and landscape as well as engaging the locals with artists
3. Through the above activities (2) in and out of Tokachi District, to further friendly international relations and promote the activities

Residency Period

65 day residency from 23 Aug – 26 Oct 2014 (both locations)
Residency in Urahoro: one artist
Residency in Nakasatsunai: one artist

Areas of Practice: Visual Arts

Eligibility – who can apply?

Applicants must:
– be nationals of a country which are not required to obtain visa to enter Japan (see Travel Arrangement section below) – neither hold Japanese nationality nor reside in Japan
– be able to exercise a degree of autonomy and self-reliance
– have desire and ability to communicate and actively interact with local residents in English or in Japanese
– obtain travel insurance, which covers the entire residency period including the return journey
Candidates with a valid international driver’s licence are desirable as the visiting artist will have an access to a car.

Conditions and Requirements

(A) Residency in Urahoro

This opportunity is open to artists who are able to work utilising the local resources of Urahoro, and the requirements are:
1. to produce one or more art works to be installed around Rushin Hot Spring Resort site (which could also be permanent installation) and donate the work at the end of the residency
2. to initiate workshop for an elementary and junior high school student group (ages 6-15) as well as for an elderly group with support from elderly care taker(s) 3. to hold an open studio

(B) Residency in Nakasatsunai

This opportunity is open to artists who are able to work utilising the local resources of Nakasatsunai, and the requirements are:
1. to produce art work to be installed around Michinoeki (public road service) in Nakasatsunai and donate the work at the end of the residency
2. to initiate workshop for a student group with learning disability or physical disability (ages 15-18) with a help from teacher(s) 3. to hold an open studio

Support

All fees will only be reimbursed in Japanese yen including travel fees and material fees in exchange with receipts (including boarding passes for flight fees). It is also strongly advised that the successful candidate should bring enough money to cover the initial expenses that could potentially occur.

Our support includes:
· International Flight Fees to Sapporo Chitose Airport (up to 170,000 yen)
Return flight ticket fees can only be reimbursed in exchange with the receipts and boarding tickets. Any receipt without the date of purchase, the amount of payment, or the name of the passenger will not be accepted. Our staff will pick you up at the airport and drive to the site. · Material Fees (up to 70,000 yen)
Urahoro: for the production of work to be installed around the hot spring site
Nakasatsunai: for the production of work to be installed at Michinoeki (public road side service), Nakasatsunai · Workshop Fees (up to 195,000 yen)
This can be also used as everyday expenses. Some materials and resources can be separately supplied for the workshop) · Accommodation with internet
Urahoro: Staff accommodation supplied by NPO Ordinary Servants Nakasatsunai: public housing for teachers in Nakasatsunai
· One on-site interpreter for each artist
to help communicate with others in English and Japanese and to introduce the artist to the local area and people · Studio (internet access available indoors, outdoors only on mobile) Urahoro: Facility owned by NPO Ordinary Servants
Nakasatsunai: Facility owned by Nakasatsunai Village Council · Mobile phone rental (excluding call credits)
· Access to a car for those with international license (petrol should be covered by the artist)

Travel Arrangements, Visa and Insurance

The successful candidate is required to arrange for their own return flights to Sapporo Chitose Airport as well as their own insurance in advance. Those who require visa or those without travel insurance are not eligible for this opportunity. To find out whether your country have visa exemption arrangements with Japan, go to the Ministry of Foreign Affairs of Japan website.
http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/index.html
http://www.mofa.go.jp/j_info/visit/visa/short/novisa.html#list

How to Apply

Download the application guideline and forms from the link below and send complete application through online storage services such as yousendit.com or wetransfer.com.
Do not attach any data in your email but include the links to the server where your data is stored.

– Application guideline [revised]: http://bit.ly/1i6dlTX
– Application form (PDF): http://bit.ly/1sjY8mp
– Application form (Word): http://bit.ly/1qYiQns

Send an email with the link(s) to your downloadable application data to: tokachiair@gmail.com

All materials should be provided in English. All the information provided in the application may be used for publicity and documentation in various form of media.

1. Complete Application Form (PDF or Word, A4)
2. Résumé/CV (PDF or Word, A4, one page only) including a list of exhibitions and educational background 3. Project Portfolio/Documentation (PDF, A4, no more than 6 pages)
A PDF portfolio/documentation including 5 major works or projects that you have produced or initiated with some descriptions and images. You may include valid links to project websites and videos documenting the projects.
4. Portrait Picture (Jpeg, 500pix min)
 Photograph of yourself above shoulder Deadline for submission: 25 June 2014 at 8am (JST)

Please make sure you have read the guideline thoroughly. Late and incomplete applications will not be considered.

Final Selection

The selected artist is planned to be announced on 5 July 2014 at the following: http://tokachiair.wix.com/t-air
https://sairblog.wordpress.com/category/t-air/
*If there will be any change to the announcement date, we will announce it beforehand on the same blog page.

Enquiries

Tokachi Artist-in-Residence (T-AIR)
tokachiair@gmail.com
http://tokachiair.wix.com/t-air

川上りえ氏&狩野哲郎氏によるルーマニア・レジデンス報告会

S-AIRアワードとして、1ヶ月間ルーマニア・シビウ市にて滞在制作を行った、川上りえ氏と狩野哲郎氏による報告会を開催いたします。

S-AIRでは、2012年にもルーマニアからアーティストを招へいするなど近年交流のある国で、今回は、ブルケンタール基金、地元キュレーターのアンカ・ミヒュレットとの連携で2年越しに叶った派遣プログラムです。

滞在中の制作の話も含め、東欧の中でもまだ情報の少ないルーマニア事情を、実際の体験談を通して語っていただきます。皆様お誘い合わせの上、お越しください。

〈S-AIR AWARD ルーマニア・シビウ滞在制作報告会〉

川上りえ氏&狩野哲郎氏によるルーマニア・レジデンス報告会
日時  2014年5月16日(金) 19:30~21:30
ところ OYOYO まち×アートセンター さっぽろ
    札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル6階
主催  NPO法人S-AIR
入場料 500円 ※ドリンク別(隣接バーでの購入お願いします)

Photograph: Stefan Jammer
Photograph: Stefan Jammer
Photograph: Stefan Jammer
Photograph: Stefan Jammer

〈アーティストについて〉

川上りえ
千葉県出身。1987年多摩美術大学美術学部立体デザイン学科を卒業。1989年東京藝術大学大学院工芸科鍛金を修了後、個展、グループ展を通して金属彫刻、インスタレーション、インタラクティブ・ワーク、サイトスペシフィック・アート等の制作発表を行なっている。2001年より石狩市、フリーマン基金、文化庁、の助成金を得て、ポーランド、アメリカや韓国での展覧会出品及びアーティスト・イン・レジデンス・プログラムに参加。札幌を中心に道内外で作家活動を展開。2013年に行った個展:札幌芸術の森美術館中庭インスタレーション「Landscape Will -2013」札幌芸術の森美術館(札幌)、“Unlimited Life Zone” ギャラリー創(札幌)、グループ展:「BIOTOPE」札幌地下歩行空間(札幌)、「Naïve Conversation」コンチネンタルギャラリー(札幌)、「folding cosmos 2013」 モエレ沼公園ガラスのピラミッド(札幌)、「くろがねと空間 –見いだされる鉄-」ギャラリー門馬(札幌)、「Domani明日展」国立新美術館(東京)。
http://riekawakami.net/

狩野哲郎
1980年宮城県生まれ、東京都在住。2005年東京造形大学造形学部デザイン学科環境デザイン / 都市環境コースを卒業した後、2007年に同大学院造形研究科美術研究領域修士課程 / 絵画コースでMFAを取得。2011年狩猟免許(わな・網猟)取得。 広義のファウンドオブジェクトと多様な素材を用いレジデンスや滞在制作型のプロジェクトを中心に作品を制作。 札幌での展覧会は2012年、グループ展「日常の冒険展-日本の若手作家たち-」 札幌地下大通りギャラリー 500m美術館、2013年、個展「あいまいな地図、明確なテリトリー / Abstract maps, Concrete territories」モエレ沼公園 ガラスのピラミッド、個展「野生のストラクチャ / Savage Structures」salon cojicaなど。
http://www.tkano.com

〈受入れ機関について〉

The Samuel von Brukenthal Foundation
サミュエル・フォン・ブルケンタール基金
第2次世界大戦後に国の管理下となっていたサミュエル・フォン・ブルケンタール男爵(1721-1803)のかつての夏の別邸を運営管理するため、1999年に設立された基金。ブルケンタール男爵の思想を受け継ぎ、アーティストによるワークショップ、カンファレンス、コンサート等の文化的催しを開催している。
http://www.brukenthal.org/index.php?id=37

Anca Mihulet (アンカ・ミヒュレット)
ルーマニアのシビウとブカレストを拠点に活動するインディペンデント・キュレーター。知識、歴史、余白、ランドスケープ等を題材にした、アーティストの制作をサポートしている。2011年からは、キュレーションの様々な文脈を理論的に問うべく、様々な研究プログラムやレジデンスに参加。2006年から13年まで、ブルケンタール国立博物館、現代アート部門のキュレーションをリヴィアナ・ダンと担当し、2010年には、ヨーロッパ5都市の美術館を結ぶキュレーターズ・ネットワークを共同創設する。2013年ベネチアビエンナーレでのルーマニア館担当キュレーターのひとり。
http://www.curators-network.eu/database/db_item/id/ancamihulet

〈S-AIR AWARDについて〉

S-AIR AWARD(制作活動助成プログラム)は、当初札幌のアーティスト・クリエーターの支援を目的として海外へ派遣する事業として2006年度より開始、2011年度は地元だけではなく全国からアーティストの選出も試みました。毎年若手アーティスト、クリエーターを海外のレジデンス・プログラムなどへ派遣するコーディネートを行っています。
http://www.s-air.org/s-air_award.html


《お問い合わせ》
特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
http://www.s-air.org
060-0906 札幌市東区北6条東2丁目2-10 3F-A
011-299-1883
info@s-air.org

500m美術館 Vol8 「旅するアート -Travelling Art-」 開催のお知らせ

8月3日(土)から、500m美術館 Vol8 「旅するアート -Travelling Art-」 がはじまります。
S-AIRと文化庁の招へいで6月から滞在中の、イェージー・ゴリシエフスキとマシュー・コーワンも出展、札幌での滞在制作の成果をご覧頂けます。

img_main8_710

また、関連企画として、8月2日(金)には、出展作家である遠藤一郎さんの公開制作(ライブペイント)、オープン当日には、7月にオープンしたばかりの越山計画にて、「旅するアート -Travelling Art-」出展作家によるアーティストトークも開催いたします。貴重な作品解説になりますので、みなさまのご来場を是非お待ちしております。

〈展覧会〉
500m美術館 Vol.8 「旅するアート -Travelling Art-」
http://500m.jp/exhibition/2024.html
会期 2013年8月3日(土)~11月8日(金) 
時間 7:45~20:15(照明点灯時間)無休 ※最終日のみ17時まで 
会場 札幌大通地下ギャラリー500m美術館
住所 札幌市中央区大通西1丁目~大通東2丁目
出展作家 
イェージー・ゴリシエフスキ、遠藤一郎、小沢剛研究室、風間天心、吉川貫一、丹羽良徳、藤木正則、松本力、マシュー・コーワン

〈関連企画〉
・遠藤一郎によるライブペインティング
8月2日(金)14:00〜17:00 [予定]
※制作進行により公開制作の時間は変更あります

・「旅するアート -Travelling Art-」展出品作家等によるアーティストトーク
[出演予定] 遠藤一郎、小沢剛研究室、風間天心、吉川貫一、藤木正則、松本力、Jerzy Goliszewski、Matthew Cowan
日時: 2013年8月3日(土) 14:00-16:00
会場: 越山計画(札幌市中央区北2条西3丁目1番地 越山ビル202)
http://www.sapporoekimae-management.jp/
参加無料

■500m美術館 企画・作品に関するお問い合わせ

有限会社クンスト
060-0042 札幌市中央区大通西5丁目8 昭和ビル地下2階
Tel: 011-802-6438(13:00-23:00 日祝休)

Mail: sano@cai-net.jp

—————-
文化庁「平成24年度文化芸術の海外発信拠点形成事業」
2013 S-AIR Frontier 夏期プログラム

主催: 文化庁、特定非営利活動法人S-AIR
助成: 文化庁
協賛: アウラアソシエーツ都市建築設計、山謙建設株式会社、エスポワール不動産株式会社 
協力: 財団法人さっぽろ産業振興財団

■S-AIR招へい作家の作品についてのお問い合わせ
特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
http://www.s-air.org
060-0906 札幌市東区北6条東2丁目2-10 3F-A
011-299-1883
info@s-air.org

Unitecに滞在していた東方さんより最終レポート!

NZに5月末まで滞在していた東方さん、掲載が遅れてしまいましたが、とても充実した滞在だったようです。下記は、東方さんからの最後のレポートです。現在札幌で滞在中のマットにもオークランドで会ってきたそうです。

後日、東方さんのレジデンス報告会を札幌市内で行う予定です。どうぞお楽しみに!

——————-
こんにちは、東方です。

先日は映像制作のための美術スタッフをしているBrentに、撮影用の小物をレンタルしているお店へ連れて行ってもらいました。
新旧ジャンル問わず、脈絡もなく何だかイイ感じの“モノ”が店内いっぱいに上から下まで詰め込まれていて、まるで引っ越し前の僕の部屋のようです。
2013:04:24 - 3

2013:04:24 - 2

2013:04:24 - 1

UNITECでは舞台美術の制作を指導している彼に頼んで、僕も大学のスタジオで自分の作品のための作業を始めています。
かなり散らかったスペースですが、その分気楽に作業ができています。
なかなか面白い作品ができそうです。

2013:04:24 - 5

2013:04:24 - 4

同じスタジオで学生たちも、舞台用の小道具などを制作しています。
余談ですが、ニュージーランドの映像制作会社は総じて技術が非常に高く、国をあげてのサポートも様々あるようで、映画やCM撮影のロケ地としてもよく使われています。
ロードオブザリング、ラストサムライ、どろろ、アバターやピアノレッスンなどあげるとキリがありません。
ちょっと市外へ出るだけで、様々な種類の自然の風景が見られます。

2013:04:24 - 8

週末に旅行した郊外の草原では、羊たちの間から今にもトム・クルーズが駆けてきそうな風景に、思わず僕のサムライ魂が震えました。

Yuhei Higashikata Exhibition: Authentic Fabrication

NZに滞在中の東方悠平さんの展覧会です。オークランドにいらっしゃる方は是非!Unitecの学生にパフォーマーとして映像作品に出演してもらっているそうです。

130521Bricks

Yuhei Higashikata has been staying in Auckland at Unitec Institute of Technology, funded by Asia New Zealand and awarded by NPO S-AIR. His exhibition is taking place until 29th. Don’t miss it if you’re around in Auckland:

Yuhei Higashikata Exhibition “Authentic Fabrication”
27th-29th May 11am-5pm (29th11am-9pm)
@Unitec Institute of Technology
Building 1-1094 library foyer space, Gate One, Carrington Road, Mt Albert Auckland

Closing Performance event – 29th May 5:30 pm
Building1(grass area outside long black cafe)

500m美術館アートマネジメント・チーム「500メーターズ」結成 ボランティア・メンバー大募集!!

2013年5月、500m美術館の企画・制作・管理など運営業務にボランティアとして参加するアートマネジメント・チーム「500メーターズ」を結成します。そこで、500メーターズの第1期メンバーを募集します。

■ 「500メーターズ」とは?
札幌大通地下ギャラリー500m美術館では、市民の皆さんが日常的に芸術作品に触れる機会を作り出していますが、そのためには作家と市民の皆さんとを結びつけるアートマネジメントに通じた人材の育成が大変重要な任務となっています。今回結成する「500メーターズ」は、まさに将来のアートマネジャーを養成する現場となるものです。第1期メンバーは限定20名。毎月1度、CAI02やS-AIRに集まり企画立案のミーティング、500m美術館の運営についてのマネジメント会議を行います。その中で、2014年2月に開催されるウォール部分132mの壁をつかった展覧会「500メーターズproject 001」(予定)の企画立案、管理・運営を行っていきます。
各回のミーティングにはアドバイザーとして、大学教授、学芸員、アートマネジメント研究者、ギャラリストやアートディレクター、アーティストなど第一線で活躍しているアート関係者をお招きし、展覧会の企画や運営、アートにまつわる助言などを受けながら、500メーターズの活動を通してアートマネジメントを実践的に体験します。

■ 2013年度500m美術館年間スケジュール予定
2013年4月27日(土)〜7月25日(木)
 「質感覚 -Sensitivity to Texture-」
2013年8月 3日(土)〜10月25日(金)
 「旅するアート」(予定)
2013年11月2日(土)〜 1月24日(金)
 ガラスケース部分「ソロプロジェクト」(予定)
 ウォール部分「SAPPORO ART MAP 2013」(予定)
2014年2月1日(土)〜3月28日(金)
 ガラスケース部分「第2回札幌500m美術館賞グランプリ展」
 ウォール部分「500メーターズ project 001」(予定)

■ 500メーターズの活動予定
・500m美術館の搬入設営、搬出撤去、アーティストの制作サポートなどを通じて、アーティストと交流し、現代美術の現場を体験する機会を得る。
・毎月1度、企画立案のミーティングや500m美術館のマネジメント会議に参加する。
・2014年2月に開催予定の、500m美術館ウォール部分132mにおける展覧会の企画立案・設営・制作・管理・運営等の業務に携わる。

■ 500メーターズ申込方法
500m美術館ホームページなどからメールにて受付。
第1期募集定員20名:全ての日程に参加できなくても構いませんが、可能な限りご参加いただける方を優先します。
参加条件: アートマネジメントに興味があること。500m美術館をよりよくしたい方。ボランティアであること。
応募〆切: なし(随時募集受付、定員になり次第締め切ります。応募者多数の場合は面接審査する場合もあります。)

■ 500 メーターズ 活動スケジュール予定
こちらからダウンロードいただけます。

〈お問い合わせ先〉
有限会社クンスト(CAI現代芸術研究所)
札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2 CAI02
Tel 011-802-6438
Mail sano@cai-net.jp

NZ滞在中の東方悠平さんより②

現在オークランドUnitecに滞在中の東方さんですが、今回のレジデンスのタスクのひとつとして、受入れ先のUnitecが主催する主に学生を対象とした国際短編映画祭の審査員を努めることでした。
UniShorts
http://unishorts.unitec.ac.nz
高校生部門もあるようで、若いうちからこういった機会があると創造性も拡がりますね。

以下、オークランド滞在中の東方さんからのレポートその2です。
—–

201304_Higashikata_01
こんにちは、東方です。
一日の寒暖の差が激しくて、明け方や夜は寒くて目が覚めることがたまにあります。僕のいる北島では、山以外で雪はほとんど降らないので、家の作りがアバウトなのかもしれません。
そういえば東京の冬も、特に室内で寒さを感じますね。
クライストチャーチなどの観光地のある南島だと、冬(6~9月頃)には雪が見られるみたいです。

201304_Higashikata_02

201304_Higashikata_03

この北島には先住民族であるマオリ人がたくさん住んでいたり、その所縁の場所がたくさんあります。彼らが最初にこの島へカヌーで渡って来た話や、その後移住して来たヨーロッパ人との関わりについての話は、歴史や地理のスケールがずいぶんと壮大で、とても面白いです。

201304_Higashikata_04

201304_Higashikata_05

現在では近代化や混血も進んでいるので、マオリ語の話せない二世や三世も多く、文化の継承はなかなか難しい課題のようです。
ただ、有名なラグビーチーム、オールブラックスが試合の前に踊るハカや、つい先日は、議会で同性結婚を認める法案が可決された際に、傍聴席からポカレカレ アナというマオリ語のラブソングが歌われて話題になったりもしました。
この国ががマオリの文化を大切に考えていて、守ろうとしている姿勢を感じる場面は多々あります。

201304_Higashikata_06

201304_Higashikata_07

僕のいるUNITECでも、マオリ文化を保護したり、研究したりしている機関があります。その施設が大学の敷地内に一つあって、マオリの集会所を模して作られています。
建物の随所で見られる彼らの工芸技術などがとても興味深いのですが、新しく建てられたばかりのこの建物はライトアップ演出がやや過剰で、キング・ムーじゃないんだから、、、と思わず一言ぼやいてしまいました。

201304_Higashikata_08

201304_Higashikata_09

また、先日はUNITECが主催するショートフィルム・フェスティバルでExperimental部門の審査員を務めました。
ここでもマオリ文化を扱った作品がいくつかありました。
二日間に渡る映画祭で、色々な国からの出品があったので、国によっての作品性の違いなども見られて面白かったです。

201304_Higashikata_10

201304_Higashikata_11