作者別: sarasair

「ヤン・レイ&ヘレン・グローブ・ホワイト」展覧会/トーク&naebonoオープンスタジオのお知らせ

※予定が一部変更となりましたので、ご確認ください。

1811S-AIRnaebono

経済発展を背景にアート市場も拡大し続ける中国を拠点に、グローバル化したアートに問いを投げかけるヤン・レイ、原発の世代交代を背景に、アーティストとして地域の声を通したプロジェクトを企画するヘレン・グローブ・ホワイト、それぞれの行なった日本での滞在制作・調査について、展覧会とトークを通じて発表を行います。また、近年創造都市として注目されるポートランドという都市で、日本人アーティストに特化したレジデンスプログラムEnd of Summerで滞在制作を行った小林知世による報告会も、同時に開催します。

皆様のお越しをお待ちしております。お誘い合わせの上お越しください!
*チラシのダウンロードはこちらから

“「ヤン・レイ&ヘレン・グローブ・ホワイト」展覧会/トーク&naebonoオープンスタジオのお知らせ” の続きを読む

広告

Helen Grove-White

ヘレン・グローブ・ホワイト

island-artist-with-canaletto-and-kyffin-williams-in-venezia-21735501

英国ウェールズのアングルシー北部でアーティストとして制作しながら、美術教育に携わり、他のアーティストとのプロジェクトを企画する。
人間と自然環境が交差する過程で生まれる問題などをテーマに、写真、映像、立体作品やインスタレーションなど様々な媒体を通して作品を制作する。現在の主な活動には、地元の原子力発電所に関する協同プロジェクトである「Power in the Land(大地のちから)」がある。原発が廃炉になり、また新しいものが建設されるという状況は、過去と未来という概念について改めて考えさせられる。ネットワークを通じて活動するということに興味があり、核をめぐる文化に関心のある人たちのネットワークを通じた活動や、X-10というアーティストグループを結成し活動を行う。

Reactor

 

 

 

 

 

 

 

 

Helen Grove-White, Power in the Land, 2016

http://www.helengrovewhite.co.uk
http://www.helengrovewhite.co.uk/section812614.html

●2018年度招聘

連携団体:ロンドン大学ゴールドスミス校ニュークリア・カルチャー研究グループ(イギリス・ロンドン)

Yan Lei

ヤン・レイ

index-about-white2

(b. 1965, Hebei,China) 中国河北省生まれ、北京を拠点に活動する。写真をデジタルで色調の幅を狭めた人工的な色へと変換させた絵画や、急速にグローバル化したアート界との自らの関係、日常を反映させたイメージを分析・再構築し、アーティスト、文化、絵画の関係性を探る作品を制作。近年では、フォルクスワーゲンの工場内に、部品ではなくアート作品に置き換えた製造ラインを復元した作品「RÊVERIE」がある。

IMG_0928

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yan Lei, LIMITED ART PROJECT, DOCUMENTA 13, 2012

Red Brick Art Museumでの個展、MoCA上海、ポンピドゥー・センターでのグループ展、広州トリエンナーレ、第50回ベニスビエンナーレ、ドクメンタ13など、多数の国際展で作品を発表する。

 http://yan-lei.com

●2018年度招聘 

連携団体:Points Contemporary Art Centre(中国江蘇省)/office339(上海)