Yan Lei(ヤン・レイ)さん到着!

S-AIR Exchange Programme 2018 秋期レジデンスプログラム招へいアーティストの一人目、Yan Lei(ヤン・レイ)さんが北京から到着。

DSCN0657

S-AIR事務所にて。左から代表柴田、インターンの福井さん、ヤンさん。

初日の夜は、早速S-AIR恒例のトリトンで夕食。

DSCN0659

ご満悦。

翌日からは札幌をいろいろと見て回っています。

DSCN0660

(この時は節電中で、500m美術館の照明も消えていて残念。)

玉翠園では「毎朝この緑茶を飲みたい!」と、急須と茶葉を購入。

DSCN0663

北海道立近代美術館で開催中のアートギャラリー北海道『北の美術家群像 Northern Artists』では、百瀬寿さんの作品がとても気に入った様子。

DSCN0670

D&DEPARTMENT  HOKKAIDO by 3KGの1Fに現像ラボを構えるマッキナフォトでは、フィルムカメラをお買い上げ。

DSCN0676

マッキナフォトは初のWechat(中国版SNS)での購入手続き、ヤンさんも日本に来てから初のWechat購入という、お初同士のやり取り。キャッシュレスな中国の日常を垣間見ました。

活版印刷の日章堂印房へもお邪魔。

DSCN0682

ヤンさんのお父様が活版印刷の工房を持っていたそうです。子供の頃に出入りしていた工房を思い出し、懐かしさの余りその場で中国のお兄さんに電話するヤンさん。

週末には、S-AIRも関わっているウイマム文化芸術プロジェクトの、白老でのレジデンスプログラムの展覧会を見に白老へも遠出。

_D6A4367
Photo by 川尻亮一

もちろん、naebonoにアトリエを構えるアーティストとも交流。

DSCN0700

到着翌日からモーレツにインプットしております。

ヤンさんは拠点は北京ですが、11月からの上海ビエンナーレの期間に、自身の展覧会が上海で開催されるそうです。後日開催予定の歓迎会では、その辺の話も紹介してもらえるのではないでしょうか。(※歓迎会については改めて告知します!)

これから11月まで、札幌で滞在制作を行いますので、皆様、どうぞよろしくお願いいたします〜!

広告