S-AIR Award: 高橋喜代史さんフランス滞在記⑤

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、Le Lieu Uniqueとの連携によりフランス・ナントに滞在していた高橋喜代史さんから、滞在記第5弾が届きましたのでご紹介します。

急ピッチで進む制作の、ハラハラ感が伝わる第5弾。展示はどんな感じになったのでしょうか?


2/19 (月)【フランス滞在15日目】

オリヴィエと待ち合わせして広いスタジオに移動。急にとてつもなくスタジオがデカくなった。来週の火曜日から展覧会だなんて、信じられない。。。

間に合うのか???

1

横では、テクニカルスタッフがATLANTIDEの搬出撤去と次なるイベントへの準備。

2/20 (火)【フランス滞在16日目】

2

3

こちらの道具も自由に使って良いとのこと。とてもありがたいが、ノコギリや卓上ノコとか、インパクトのビットなど勝手が違ってなかなか慣れないので苦戦を強いられる。

終日、制作。

2/21 (水)【フランス滞在17日目】

4

5

展示プランを練る。終日、制作。

大丈夫だろうか?追い込まれてきた。

2/22 (木)【フランス滞在18日目】

美大とナント駅で写真撮影。

撮影はタイ人のChayarat Ritaramくんにお願い。

6

7

2/23 (金)【フランス滞在19日目】

8

9

終日、制作。

2/24 (土)【フランス滞在20日目】

映像の撮影でナントの中心部へ。

なんとなくナント協会のディディエさんが撮影を手伝ってくれて、なんとか撮り終える。

10

11

終日、制作。

2/25 (日)【フランス滞在21日目】

12

終日、制作の予定が、日曜日はスタジオが閉まるのが早いことを知らなかった。。。

明後日から展示始まるのに、まだ全然できてない。映像編集も手付かず。
間に合うのか?

2/26 (月)【フランス滞在21日目】

いよいよ明日から展示。

仕上げねば。夜は家で編集。

13

なんとか、形が見えてきた。

2/27(火)【フランス滞在22日目】

14

毎日、展示と場所が変わる「Studio de Migration」が始まる。

そもそもLieu Uniqueに来る人が多いので、その流れで展示も見てもらえる。

15

旗、写真、映像、看板、植物、筆、木材、ペンキなどなど全長10m

27日と1日はディディエさんにびっちり通訳で入ってもらったので、お客さんとの会話も楽しかった。

2/28(水)【フランス滞在23日目】

今日はなぜだか、人が多く、昨日よりも質問も多かった。

今日の通訳はナントの美大に通う、みどりちゃん。すっかりお世話になりました。

16

夜は、2017年の冬にS-AIRに滞在していたEVAが、パリのシテ・テザールでのレジデンスを終えてナントに帰ってきたので、EVAファミリーのホームパーティに招いてくれた。

17

とーっても美味しくて、みーーんな優しくて、暖かいホームパーティでした。ナントに来て誰かと晩御飯を食べたのは、実はこれが最初で最後。ずっと一人でご飯を食べる生活もこれで終わり。日本のアニメ「シティハンター」と「グレンダイザー」と「キャプテン翼」の話でめちゃ盛り上がる。

EVAの両親は2人ともアーティストでありながら、この家の階下でPARADISEというギャラリーかつアーティスト・イン・レジデンスを運営しているとのことで、後日案内してもらいました。

これが面白い活動と場所で、S-AIRは次回このPARADISEとエクスチェンジしても良いかもと思いました。完全にアーティストランながら、住居もスタジオもギャラリーもあります。PARADISE TVとしてこれまでの活動アーカイブにも力を入れてます。

http://www.galerie-paradise.fr/

18

19

3/1(木)【フランス滞在24日目】

展示、最終日。展示は無事に終了。

今回のレジデンスで課題と可能性が見つけることができたので、ここで得たものは日本でブラッシュアップさせたい。

20

翌日の夕方からヒップホップの大きなイベントの搬入があるので、今日中に撤収を済ます。

展示も終え、時間がぽっかりとあいたので、周りの人達に色々と相談した結果、パリに行くことにしました。帰国までの3/2から3/6までパリに滞在し、その後ナントに戻りフラットを掃除したり、なんとなくナント協会のディディエさん、リュ・ユニクのみなさんとも別れの挨拶を済ませ、3/7に帰国しました。

この度はS-AIR AWARDでアーティスト・イン・レジデンスの機会を提供してくれた

NPO法人S-AIRとフランスのリュ・ユニークに感謝します。若手でない自分にとって、制作にだけ集中できる環境は本当に久しぶりの貴重な時間となりました。本当にありがとうございました!


高橋さん、お疲れ様でした!エヴァとの再会も嬉しい限り。

5回にわたる滞在記はこれにて終了ですが、S-AIRの2017年度記録集(現在、鋭意製作中)にも高橋さんから寄稿していただきます。

こちらもどうぞお楽しみに!

※全5回の高橋さんの滞在記はこちらにまとまっています。

広告