S-AIR Award: 高橋喜代史さんフランス滞在記④

S-AIR Award(レジデンス派遣プログラム)で、Le Lieu Uniqueとの連携によりフランス・ナントに滞在していた高橋喜代史さんから、滞在記第4弾が届きましたのでご紹介します。

「展示をする必要はない」と言うパトリシアと、「展示をしたい」高橋さんの、交渉の過程とは?どうぞお楽しみください!


2/13 (火)【フランス滞在9日目】

美味しいスープ屋さんで昼ごはん。メニューを選ぶのが一苦労で、写真もないからさっぱりわからず、いつも超適当に選んでます。浅はかですが、高いのから選んだり。。。

1

ここ、スープも野菜もキッシュもどれもこれもめちゃめちゃ美味しいです!また来たい!!

午後からスタジオで作業。夜は、長い語り口調と人形劇とが合わさったfreres sorcieresを見る。

http://www.lelieuunique.com/evenement/freres-sorcieres/

2/14 (水)【フランス滞在10日目】

電気屋さんへお買い物。これがナントのヨドバシカメラ的なFnacです!

2

Fnacのすぐ近くにあるロワイヤル広場。札幌市民にとっては大通公園でしょうか。

3

広場を抜けると、、、我らがホーマック的Weldom!連日お世話になってます。

4

今日も終日スタジオで作業。

パトリシアに提出していたプラン(構造物)だけども、パトリシアとテクニカルディレクターのオリヴィエで相談したところ、様々な理由から無理だと。そのため別のプランを提出してくれと言われました。構造物を移動するには狭い階段を使うので、運搬が難しかったり。予算的にも時間的にも厳しいと。

でも、このスタジオを使って展示するのは問題ないよ。と言ってくれたのでまずは一歩前進。でも、スタジオは奥の奥なのでわざわざここまで見に来てくれないよね〜。。。

考えます!

パトリシアと一緒にナント美術館へ。

これがまた素晴らしいコレクションの数々で、ナントでこの充実ぶりかと驚いた。

ヴィト・アコンチの映像が何十本も!

5

アブラモヴィッチの映像が14本!

6

アンリ・サラ、いい作品。

7

アリギエロ・ボエッティ

コンセプトや構造とは裏腹にとても可愛らしいテクスチャー。アンリ・サラの作品とも少し呼応しているような色あい。。。

8

アラン・カプロー

9

オノ・ヨーコ

10

そしてもちろん、デュシャンも。

11

他にもボルタンスキーやアネット・メサジュ、ソフィ・カルなどもあり、フランスを感じさせるラインがズラリ。フランス勢に限らず、サンティアゴ・シエラやエヴァ・ヘッセなど、パフォーマンスや身体性の強いラインナップが特に素晴らしかったです。もちろん、絵画もリヒターなど抑えるところは抑えており。

ポルケ。これよかったなー。大胆な構図、ピカピカな表面。どうなってんだろう???

12

13

14

15

もちろん、モネやピカソも。でもマネとマティスを見なかった。見たかったなぁ。

2/16 (金)【フランス滞在12日目】

昨日から4日間、小説、ライティング、書籍に関する大きなフェスティバル「ATLANTIDE」が始まっています。

外では古本屋さんが何軒も立ち並び、翻訳された日本の小説もけっこう見かけました。

16

会場でも本が平積み。

17

連日、3会場でシンポジウム、対談などをずーーーっとやってる。

18

全部は見てないけど、どれもこれも対談、鼎談、シンポジウム形式で、一人が話すレクチャー形式はあまり見かけなかった。

19

20

21

書くこと、読むこと、話すことがとてもとても大切にされているなぁと思った。いいイベント。

パトリシアからこの日の夜はいいDJが来るよと聞いていたんだけど、、、

「なんとなくナント」という日仏学生支援NPOの代表のディディエさんと飲みに行きました。お願いできそうな通訳さんとか、探し物を売ってる場所とか、ナントについて色々きいてみたくてコンタクトをとったら、まずは会いましょうと。ボランティアで日本人留学生を支援しているとのことでナントに留学をお考えの方は連絡してみてください。とても親身に相談に乗ってくれますよ。

http://nantonaku-nantes.jp/Wordpress/ja/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8/

ディディエさん行きつけのBAR「シャトラン」へ。1ヶ月の滞在中に通算4回通いました。すっかり常連だね(笑

22

ディディエさん

23

ナントのこと、調べてほしいこと、アルバイトや通訳さん、翻訳アルバイトなど色々とお願いして来ました。この後、ずっぽりとお世話になる事など予期せぬ出会い。夜もすっかりとふけ眠くなってきたので帰宅。

明日は大事なミーティング。パトリシア&オリヴィエとの三者面談。ドキドキ。

2/17 (土)【フランス滞在13日目】

通訳者を交えて、展示責任者のパトリシア&テクニカル・ディレクターのオリヴィエとの三者会議。

僕からの要望として、スタジオではなくチケット売り場の横などエントランス及びパブリックスペースでの展示。リュ・ユニーク側の意見として、当初のプランよりも、よりモバイルで、移動が簡単で、毎日監視と通訳をつけることを条件に、展示の話がまとまる。他のイベントとの兼ね合いもあり、僕が希望していたよりも早い日程での2/27-3/13日間で展示が決まる。ふぅ一安心。。。

ではなく、急に忙しくなってきた。10日後には展覧会。

2/18 (日)【フランス滞在14日目】

リュ・ユニークに向かう途中に素敵なお城
CHATEAU DES DUCS DE BRETAGNE
(ブルターニュ大公城)に寄ってみる。

24

とても、素敵な場所。ここに住んでいた人は、どのような暮らしをしていたのだろう?

その後、スタジオで制作。木材を加工する必要があるため、

明日から大きなスタジオに移動。


「なんとなくナント」代表のディディエさんという頼もしい助っ人を見つけて、いよいよ本格的に制作開始ですね!

次回更新もお楽しみに〜。

広告