ろうけつ染めとバティック

インドネシアが有名ですが、実はマレーシアもバティックが非常に盛んです。ヨンチアも数回は経験があるようですが、本格的な作品制作はしたことがないそう。

インド発祥でアジア各地に広まったので、日本のろうけつ染めが近しい方法で作られているのも不思議なことではありません。

チャンティンという溶けたロウをたらす道具をマレーシアから持参してきたヨンチア。

日本でろうけつ染めについてリサーチを重ねて、バティックとのハイブリッドな制作方法にたどり着きました。

16836578_10154589973553167_3095416961992574888_o

マリヤ手芸店でも道具を見せたり、染料の違いについて聞いたり、いろいろとリサーチを行いました。制作に関する材料、道具類は全てこのお店で揃えることができました。

16992368_10154589967198167_7878301135697710534_o

芸術の森美術館の染色工房でもリサーチを行いました、ご協力ありがとうございました!

16836585_10154589982573167_94919340912165489_o

16904975_10154589982578167_1935353046683402139_o

広告