豊富町で核関連施設の問題に取り組む酪農家の久世さんを訪ねました

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-21-22-04-40

時差ボケもままならないうちに寝かせられ、翌日7時に起こされた二人。

一路高速バスで5時間、豊富町の酪農家で核関連施設の問題に取り組む久世薫嗣さんを訪ねました。

s__40992775

久世さんが運営されている工房レティエ。

豊富の牛乳や有精卵の卵の黄身で作られたアイスクリームやチーズをいただきました。

普段食べているものと味がまるで違います。

s__40992776

s__40992777

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-21-22-58-14

s__40992788

店の奥にはチーズをつくる工房がすぐ見られます。

s__40992778

こういった反対のフラッグ作りも進めています。

協力してくれるお店に置いてもらったり、大きな旗は農家の人の敷地に立ててもらったりして、地域住民の、核関連施設に対する反対の意思を可視化することを行っています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-21-22-58-43

ウォレンとジェームスは、原子力発電所など核関連施設がもたらす地域コミュニティへの影響や、地域で起こる反対や賛成の運動、反応などを調査して作品化しています。

久世さんにお願いして豊富町で、隣町にある幌延町の幌延深地層研究センターに対する反対活動を行っている人たちからお話をお聞きすることができました。

s__40992779

s__40992780

アーティストとして、基本的にはニュートラルな立場で問題と向き合いたい、という二人ですが、生活や命をかけて反対運動をしている人たちからは、そんな宙ぶらりんな態度で臨まれても、、、という一幕も。

現在もイギリスではブラッドウェル原子力発電所の周辺地域で長期プロジェクトを継続中の二人。二年以上かけて、地域に寄り添いながら活動しています。

地域に対する共感やリスペクト無しにはプロジェクトは行えないし、作品のために地域のことを単に利用したり、軽く扱ったりするつもりは毛頭ないと誠実に答えていました。

s__40992781

その後は久世さんの牧場の牛をいただきしゃぶしゃぶの夕食!

臭みや脂が全然ありません、いくらでも食べられる、、、

残念なのはベジタリアンのウォレン。

白菜、豆腐、白飯と、真っ白な夕飯でした。

でもきっと雰囲気だけは伝わったはずです。

s__40992782

そして豊富と言えば、温泉!

世界的にも珍しい、原油を含んだ温泉。保温保湿効果が高く、肌に良いそうです。湯治でも有名。

ただし、原油のにおいが強い、、、

温泉初体験の二人はファンタスティックと喜んでいましたがさすがに特殊すぎるので、後日もうすこし一般的な温泉も体験させなければ。

s__40992785

久世さんは、保養として福島の子供達を受け入れて短期間生活してもらう活動もしています。

そこで利用されているスペースに泊めていただきました。

夜は完成間近という幌延の問題や久世さんたちの活動を扱った島田恵さんの映画のDVDを見せていただきました。

s__40992784

s__40992783

ウォーレンやジェームスのイギリスでの活動もフランスや幌延、六ヶ所村とつながった共通の問題でした。

初日から盛りだくさんの非常に濃いリサーチとなりました。(二人はまだ来日2日目!)

広告