ダナエとソニア、苫小牧〜当別ツアー

土曜日は、S-AIRの理事でアーティストの川上りえさん(写真左)が、アテンドをしてくださいました。(写真右から招聘アーティストのダナエ、招聘キュレーターのソニア。)

IMG_7119

↑最初に訪れた、開館3周年記念特別展『Art and Air 〜空と飛行機をめぐる、芸術と科学の物語』が開催中の苫小牧市美術博物館にて。(展示は撮影禁止なので、岡本光博さんの中庭展示横で記念撮影。)

本展には同じくS-AIRの理事でアーティストの伊藤隆介さんが参加しています。

ダナエは主に素材に、SFに興味を持っているソニアは小松崎茂さんが気になっていた様子。

昼食は、学芸員の方に教えてもらった「三浦や」へ。

マンガがズラリと並ぶ本棚をチェックするソニア。

DSCN0902

学芸員さんおすすめの生ちらしは、これで750円!すごい!

DSCN0904

いそいそと撮影。

DSCN0903

ソニアは海鮮大好きっ子なので、いただく様子も手慣れたもの。ダナエは初・天ぷらで、「これ(天つゆ)に全部つけて食べるの?」と確認中。

IMG_7128

(お刺身やタクアンは、天つゆにはつけないよ。)

「Amazing!!!」なランチ体験だったようで、「三浦やLOVE」のポーズで一枚。

IMG_7136

三浦やは苫小牧市美術博物館のご近所なので、お越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。

お次は当別にあるりえさんのアトリエへ。

DSCN0910

鉄を素材にしているりえさんの広ーいアトリエは、二人にとってこれまた「Amazing!!!」な場所だったようです。

実際に鉄を切るところをデモンストレーションしていただいて、

DSCN0924

ダナエが初挑戦!

DSCN0926

「OH!ダフトパンク・ダナエ!」(By ソニア)

最初は少し不安げなダナエでしたが、

DSCN0927

さくっとカットしていました。

DSCN0928

そしてそのまま2階へ。ソニアからの「なぜ彫刻を始めたの?」という質問に丁寧に答えるりえさん。

DSCN0935

鉄のかばんもありましたよ。

DSCN0934

「道で襲われても、このかばんがあれば一撃ね」(By ソニア)

そのあとは居間に案内していただいて、これまでの作品を一通り見せていただきました。

DSCN0939

後半は、女性の社会進出に対する周囲の理解のあるなしや、性差についてなど、それぞれアーティスト、キュレーターとして活動する中で感じることについて意見交換。

りえさん、リラックスした時間を過ごさせていただいて、本当にありがとうございました!

夜はCAI02で始まった、ウェンナム・ヤップ展 “The Blind Men and the Elephant, in Sapporo”のオープニングパーティーへ。

DSCN0940

↑左の男性がウェンナムです。

ダナエは初対面の山本雄基さん(前回前々回のS-AIRブログを参照ください)にもご挨拶。

DSCN0943

8/26(金)から始まるオープンスタジオに先駆けて、いくつか作品を制作中のダナエ。(ちなみにテーマは「過労死」だそうです。)

制作にまつわるあれこれをワッと話して、元気良く帰っていきました。

そして、初日26日にはソニアとダナエによるレクチャーがあります。これまでの活動や札幌でのリサーチについて話しますので、皆様ぜひお誘い合わせの上遊びに来てください!

レクチャー&オープンスタジオ詳細はこちら

201608_sair_flyer_final-e1470728707900

 

広告