7/29(金)開催 ラッチャンダネ・エン(カンボジア)歓迎会

S-AIR2016年度夏季レジデンスプログラムのアーティスト、ラッチャンダネ・エン(通称・ダネ)が昨日到着しました!Sa Sa Art Projects(カンボジア)との連携により招へいするダネは、大学を卒業後、同団体の現代アートコースを受講、22歳のまだまだ若いアーティストですが、カンボジア社会の断片をテーマとして取り入れた作品を制作しています。

poetic_topographies_walkthrough_01

つきましては、急遽今週金曜日7:30〜
彼女の作品も紹介しつつ、ささやかな歓迎会を行います。
是非皆さんに交流していただけましたら幸いです。


7/29(金)19:30〜
エスエア事務所(東区北6条東2丁目2-10 3F-A)
札幌駅からの道のり: http://wp.me/p25tVw-mQ
参加費 1,000円(軽食&飲み物つき)+持ち寄りのご協力お願いします!

IMG_2076

■プロフィール
Rithchandaneth Eng
ラッチャンダネ・エン

1993年プノンペン生。カンボジアのSETECインスティチュートのデザイン学部を卒業、ササ・アートプロジェクツが主催するホワイトビルディングで美大卒業生向けの現代アート上級コースに参加。その後、ホワイトビルディング・コレクティブのメンバーとして活動する。ダネは、ビデオ、写真、立体作品やインスタレーションを用いた制作を行う。2015年には、ニューヨークのヴァーモント・スタジオ・センターでのレジデンスに参加した後、ササ・アートプロジェクツのPisaotレジデンスプログラムに参加した。これまでに、『Poetic Topographies』(ササ・バサック)、『The White Building and The City』(キャロル・シェン・ギャラリー)等、カンボジア、フランス、アメリカでのグループ展に参加している。

 

連携機関
ササアートプロジェクツ/Sa Sa Art Projects
カンボジアで唯一の、現代美術を扱う非営利のアーティストラン・スペース。 2010年にアーティスト集団のStiev Selapakによって始められ、主にプノンペンで活動している。White Buildingと呼ばれる歴史的な地域にあり、地元や周辺地域、海外の団体、レジデンス、 ミュージアム、ギャラリーとパートナーを組み、アーティストやアート好きな人々のネットワークを形成する。アートを通じて、カンボジアのコミュニティとその特有の文化を結びつける活動をしている。
皆様のご参加お待ちしております。

広告