HUG下見とモエレ沼公園

展覧会場の下見にやってきました。

まだまだ来日したばかりではありますが、3月には北海道教育大学の運営するスペース、HUGで二人展を行う予定です。

札幌軟石でできた歴史的な建物で、石造りの壁面の素材感が強く、展示に悩むソパル、、、

IMG_8077

IMG_8078

一方でリラックスするチュアン。(・・・自分も展示するってこと、わかってる!?)

IMG_8080

IMG_8076

ちょうど学生の修了・卒業制作展が行われていて、いろいろとお話をすることができました。

IMG_2105

その後は一気に東へ。

イサム・ノグチのモエレ沼公園、北海道らしい開けた雪景色とアートワークが広がります。

幸いにも晴れたよい天気で、雪を体感すべく、ぐいぐいと前へ進みます。

IMG_2103

突然チュアンの下半身が雪中に!モエレの洗礼を受けるチュアン。

IMG_8108

IMG_8157

IMG_8118

モエレ沼公園では雪歩きのためにスノーシューなどのウィンタースポーツ用品も貸し出しています。

次回はぜひこちらにも挑戦したいところ。

http://moerenumapark.jp/rental_goods/

ガラスのピラミッド内では、イサム・ノグチの照明と、佐々木秀明さんの水と光のインスタレーション作品とを組み合わせた展示が行われていました。

学芸員の宮井さんにいろいろお話をうかがいました。

IMG_8188

IMG_8182

岐阜の伝統工芸である和紙を使って作られた、イサム・ノグチのAKARIシリーズです。

実はチュアンも大学では漆などの伝統工芸を学んでいました。

周りも暗くなってきましたが、来たからには登らなきゃ!と宮井さんに背中を押されて慌ててモエレ山へ。

IMG_8211

IMG_8215

ハードな雪中行進にくじけそうになるソパルの手をとって登るチュアン。

や、優しい、、、

さすがのマイルドヤンキースピリットが発揮されます。

遠目にはちょっとしたブリューゲルの絵画のような光景です。

IMG_8228

バスを待ちながら、あたりは真っ暗に。

すっかり疲れ果てました。

広告