東方悠平さんNZレジデンス報告会&ルーマニア派遣プログラム説明会

今年4〜5月の2か月間、S-AIRアワードでニュージーランドオークランド市にあるUnitec Institute of Technologyでのレジデンスプログラムに参加したアーティスト、東方悠平さんの報告会を行います。

そして、今年度S-AIRアワードのもうひとつのプログラムとして近日中に募集の情報公開を予定している、ブルケンタール国立博物館現代アート部門への派遣プログラムについての説明会もあわせて行います。

東方悠平さんNZレジデンス報告会&ルーマニア派遣プログラム説明会
日時 2013年9月24日(火) 20:00~22:00
会場 OYOYO
札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル 6階
※東急ハンズの西2軒隣のビル
入場料 無料(1ドリンクオーダー)
主催  OYOYOゼミ 特定非営利活動法人S-AIR

〈アーティストについて〉
東方悠平
http://higashikata.com
1982年生まれ、北海道出身。筑波大学大学院修士課程芸術研究科総合造形コース修了後、個展をはじめ全国の展覧会に参加。2010年に『岡本太郎現代芸術賞』に入選したほか、2011年には『神戸ビエンナーレ』の『しつらいアート国際コンンペディション』で奨励賞に輝いている。
誰もが知っているイメージをモチーフにユーモアを交えた組み合わせの作品を制作、鉄で出来た巨大なキュウリとナスの精霊馬をメリーゴーランドの回転盤に乗せた『夏の日の0815』や、遮断機の棒を剣道の竹刀に見立てた『crossing侍in藤沢』などユニークな作品を発表している。
2013年4月から2ヶ月間、S-AIRアワードで、ニュージーランドオークランド市の大学Unitecでのレジデンスに参加。同大学主催映画祭の審査員を務める。

〈S-AIRアワードについて〉
http://www.s-air.org/s-air_award.html
「S-AIRアワード」は、札幌を拠点とするNPO法人S-AIR(エスエア)が才能ある道内のアーティストやクリエーターに、国内外の提携機関へ派遣、充実した滞在制作の機会を提供し、その活動を支援することを目的として設立されました。


《お問い合わせ》
特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
http://www.s-air.org
060-0906 札幌市東区北6条東2丁目2-10 3F-A
011-299-1883
info@s-air.org

広告