マシュー・コーワンとイェジイ・ゴリシェフスキのトーク&懇親会

6/25(火)開催!S-AIR招聘作家によるアーティスト・トーク&懇親会のお知らせ
Artists’ Talk on Tuesday 25 June by S-AIR Residents – Matthew Cowan (New Zealand) and Jerzy Goliszewski (Poland)

Matthew Cowan (left) and Jerzy Goliszewski (right) 左がマット、右がイェジイ
Matthew Cowan (left) and Jerzy Goliszewski (right)
左がマット、右がイェジイ

S-AIRでは、2013年度夏期レジデンスプログラムで札幌に2ヶ月間滞在制作中のマシュー・コーワンとイェジイ・ゴリシェフスキによるアーティスト・トークと歓迎会を行います。

ニュージーランドの作家マシュー・コーワンは、その土地に息衝く民俗芸能などから発想を得て、コスチュームやパフォーマンス、インスタレーション、映像、写真等を用いて制作します。イェジイ・ゴリシェフスキは、大学ではグラフィックデザインや絵画を専攻、ワルシャワを拠点にインスタレーションやグラフィックデザインのコンセプトを交えた作品も制作します。
両作家は、8月初旬から開催される500m美術館vol8「旅するアート」展に出品予定です。

今回のトークでは、彼らの活動を紹介、またその後は懇親会を行います。軽食も用意しておりますので、是非お気軽にお立ち寄りください。

日時 6月25日(火)19:30~
会場 CAI02(札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2) 011-802-6438
入場 500円(ワンドリンクつき&軽食)差し入れ大歓迎!

Date: 19:30 Tuesday 25 June 2013
Place: CAI02 (B2 Showa Building, Odori West 5, Chuo Ward, Sapporo) 011-802-6438
Entrance: 500 yen (1 drink with food) very welcome to bring your own food!

 

〈アーティスト・プロフィール〉

マシュー・コーワン
Matthew Cowan
http://www.matthewcowan.net

イギリスやヨーロッパの伝統的な習慣を題材にした制作をするアーティスト。長い時間をかけ定着したその地域の風俗や習慣が、現代社会でもなお息衝いている、そのもの固有の奇妙さを、写真、映像、インスタレーション、パフォーマンスで表現する。
2009年には、English Folk Dance and Song Societyの本部である、Cecil Sharp Houseでアーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加した。その他近年では、ニューヨークのArt OMI、Aberystwyth Art CentreでのLaura Ashleyレジデンス、guestroom mariborというスロベニアでのヨーロッパ文化主都プログラム、カナダケベック州のEst-Nord-Est等のレジデンスに参加。
近年では、ニューヨークのNurture Art、ロンドンのAgency Gallery、Swiss Cottage Gallery、the Bunhouseでの個展、その他ロンドン、エジンバラ、ニューヨークでのグループ展がある。

Matthew Cowan’s practice is in the realm of traditional British and European customs. His works are photographs, videos, installations and performances, which play with the inherent strangeness of the continued popularity of long established folk customs in a modern world.

For the year 2009, Matthew Cowan was the artist in residence at Cecil Sharp House, the headquarters of the English Folk Dance and Song Society. Other recent residency projects have been at Art OMI, New York, the Laura Ashley residency at the Aberystwyth Art Centre, Maribor, Slovenia for the European Capital of Culture programme guestroom maribor, and at Est-Nord-Est, Quebec.

Recent solo shows have been at with Nurture Art in New York, Agency Gallery, Swiss Cottage Gallery and the Bunhouse in London, as well as group shows in London, Edinburgh and New York.

 

イェジイ・ゴリシェフスキ
Jerzy Goliszewski
www.jerzygoliszewski.com

1981年ワルシャワ出身在住。ワルシャワ・アカデミー・オブ・ファインアーツで絵画とグラフィックデザインを学ぶ。2008年Józef Szajna Competition、2010年CEC ArtsLink Awardで大賞を受賞。インスタレーション、絵画、グラフィックデザイン、サイトスペシフィック作品などを制作する。素朴な素材を用いて、複雑で多層な構造をつくりだすことに興味があり、ワルシャワのGaleria Le Guern、Zbigniew Raszewski’s Theatrical Institute、Galeria Miejsce、米国クリーブランドのSPACE等で作品を発表する。オロンスコにあるPolish Sculpture Centre、そしてWola Art Festivalの一貫としてthe Polish Sculpture Centreで開催された6th Triennial of Young Artistsに参加。

Jerzy Goliszewski was born in 1981 in Warsaw, where he lives and works. He studied painting and graphic design at the Warsaw Academy of Fine Arts. Winner of the first prize in the Józef Szajna Competition in 2008 and of the CEC ArtsLink Award in 2010. He practices installation art, painting, and graphic design as well as carrying out site-specific projects. He is most interested in complex, multi-level structures, which he creates using simple materials. His works have been presented in Warsaw, at Galeria Le Guern; Zbigniew Raszewski’s Theatrical Institute; Galeria Miejsce, amongst others, as well as at SPACES, Cleveland. He has also participated in the 6th Triennial of Young Artists at the Polish Sculpture Centre in Orońsko, and in the Wola Art Festival.


《お問い合わせ》
特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
http://www.s-air.org
060-0906 札幌市東区北6条東2丁目2-10 3F-A
011-299-1883
info@s-air.org
※札幌駅北東側卸センターに引っ越しました!

広告