2/3(日)開催!S-AIR招聘作家&キュレーターによる台湾アートシーントーク&懇親会のお知らせ

S-AIRでは、札幌のSapporo2Project、そして台湾のBamboo Culture Studioの協力のもと、1月よりアーティストであるチャオン・ウェン・ティン(Chaong-Wen Ting)とキュレーターのジーアン・チェン(Zian Chen)をそれぞれ約1ヶ月半招聘しています。ふたりは、今回の滞在でSapporo2Projectに参加し、それぞれ制作とリサーチを行い、冬そして雪という環境におけるアートの在り方を考えます。

そこで、2/3(日)に彼らそれぞれの台湾での活動、そして台湾のアートシーンを紹介、またSapporo2に同じく参加される小川智彦氏によるSapporo2のこれまでと、snow gardenプロジェクトについてのトークも同時に開催いたします。トークの後は懇親会と豆まきを行いますので、是非お気軽にお立ち寄りください。

〈Sapporo 2 節分トーク〉
日時 2013年2月3日(日)18:00-21:00(22:00 撤収)
場所 よりどこオノベカ(中央区南11条西7丁目3−18)
http://ais-p.jp/onobeka/access/
参加費 ¥500 (恵方巻きと豚汁代)+飲み物持ち込み大歓迎!!

〈プログラム〉
18:10 小川智彦(ランドスケープアーティスト、Sapporo2 Project 発起人のひとり)
Sapporo2 ProjectのこれまでとSNOW GARDENについて
18:30 Chaong-Wen Ting (アーティスト、高雄、台湾)
19:20 Zian Chen (キュレーター、台北、台湾)

〈招聘アーティスト・キュレーター〉
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Chaong-Wen Ting (アーティスト、高雄、台湾)
tingchaongwen.weebly.com
チャオン・ウェン・ティンは、1979年台湾の高雄市生まれ。国立台南芸術大学美術科を2007年に卒業、現在はインスタレーション・アーティストとインテリア・デザイナーとして活動中。2010年には、台湾の文化カウンシルより「visual and performing artists exchange residence and communication program」により推薦を受け、パリのCite Artist Villageにレジデンス・アーティストとして滞在した。ティンは、イメージと音が混在した空間インスタレーション等のミクストメディアを得意とする。近年は、現代的で実験的なインスタレーションの適応性や拡張性に応じて、多角的な知覚やその仲介となるものを考慮した制作を試みる。個人的そして歴史的な観察が可能な、空間のマイクロコスモを体験できる作品の制作に専念している。
Chaong-Wen Ting was Born in Kaohsiung, Taiwan, 1979. Graduated from graduate institute of plastic art, TNNUA in 2007, He is now an installation artist and an interior designer. In 2010, Ting received an opportunity to be a resident artist in Cite Artist Village, Paris, France under the recommendation from the project “visual and performing artists exchange residence and communication program” from Council of Cultural Affairs, Taiwan. Ting is skilled in dealing with mixed media, such as space installations which mixed with image and sound. In recent years, he tries to concern the multiple perceptions and its mediation according to plasticity and extensibility of the contemporary experimental installations. In a sense, Ting is dedicated to developing a special microcosmic experience of personal and historical observation.

ZianChen_Profile_img
Zian Chen (キュレーター、台北、台湾)
scribd.com/painfreekitten
ジーアン・チェンは、台北を拠点にするキュレーターそしてフリーランスのライターである。これまで、関渡美術館での「Prattle」展(2010)、台北MoCAでの「Live Ammo」展(共同キュレーション、2011) 、ピンポン・アート・スペースでの「Video Acrobatics」展(2010)と「Post Office」展(2012)のキュレーションを行った。ライターとしては、Artist、ARTCO、Artitude等の地元の雑誌などに批評で発表している。最近では、題材をフィクション化することにより、連続した形でアート批評の限界を検証する「Possible Exhibitions」を著作した。
Zian Chen works as curator and freelance writer based in Taipei. He has curated Prattle (2010) at Kuandu Museum of Fine Arts, co-curated Live Ammo (2011) at MoCA Taipei, Video Acrobatics (2010) and a serial event Post Office (2012) at Pingpong Art Space. As a writer, his criticism has been published in local magazines such as, amongst others, Artist, ARTCO and Artitude. His recently writing, Possible Exhibitions, examines the boundaries of art criticism in serial form via fictionalizing the subject.

〈2012/13 NPO S-AIR FRONTIER 冬期招聘プログラム〉
主催:特定非営利活動法人S-AIR
助成:文化庁(平成24年度文化庁文化芸術の海外発信拠点形成事業)
協力:Sapporo2ProjectBamboo Curtain Studio TAIWAN

《お問い合わせ》
特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
http://www.s-air.org
〒062-0901 札幌市豊平区豊平1条2丁目1-12
インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC) 401
info@s-air.org
011-820-6056

広告