インド&ベトナム招聘作家歓迎会のお知らせ

S-AIRでは、21世紀東アジア青少年大交流計画(JENESYS Programme)により、
国際交流基金との共催で、東アジアからアーティストを5年連続で招聘しています。
最終年の今年は、インドよりロニー・セン氏、ベトナムよりファム・ゴック・ラン氏を招き、
2ヶ月の滞在制作を行います。

まだ20代半ばの若いふたりですが、写真家/映像作家として自国や海外で、
既に精力的に活動しています。日本の作家にも多く影響を受けているとのこと、
今後それぞれの国と日本の繋がりを深めてくれることが多いに期待される、有望な2人です。
来週月曜日に、ICCにて歓迎会を行います。
皆様のご参加をお待ちしています。

《JENESYSプログラム招聘作家歓迎会》
とき 5/28(月)19:00〜
場所 ICCカフェ 豊平区豊平1条12丁目1-12 ICC 1階 http://www.icc-jp.com/ja/
参加費 無料 ※差し入れ大歓迎!!

《レジデント作家プロフィール》

Ronny Sen/ロニー・セン
1986年生まれのインド・コルカタを拠点としてフリーで活動する写真家。北ベンガル大学でマス・コミュニケーションとジャーナリズムを学ぶ。The National、Barcroft Media、Open Magazine、Hindustan Times、 The Statesman等、インド国内外の出版物において、コントリビューターとして写真を発表。2006年以降は、Sony World Photography Awards、National Geographic Magazine、Shoot Nations by the UN、Powerhouse、The Forward Thinking Museum、The Lonely Planet Magazine等の賞を受賞している。
http://artheritagegallery.com/artists_profile.php?arti=MzY1#

Pham Ngoc Lan/ファム・ゴック・ラン
1986年ベトナム・ハノイ生まれ。2004年から2009年まで、ハノイ建築大学にて都市デザインと都市計画を学ぶ。
制作において、すべての生きとし生けるもののパラドックスに発想を得ていることから、自らを写真家や都市デザイナーというよりは、都市生活の観察者として捉えている。考えを表現するための最良の手段として、写真や映像を使い、作品では、ひとの人生の、どこか直接的で詩的な、そして特に予測不可能な点に主眼をおいている。
http://Phamngoclan.com

<お問い合わせ>
特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
〒062-0901 札幌市豊平区豊平1条2丁目1-12
インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC) 401
電話:011-820-6056 FAX:011-820-6057

広告