S-AIR AWARD: 小鷹拓郎さんの滞在報告その1

S-AIR AWARD: 小鷹拓郎さんの滞在報告その1

S-AIR AWARDで選出され、1月からオークランドの大学Whitecliffe School of Arts and Designで滞在制作をしていた小鷹さんの成果発表が行われ、大盛況のうちに無事終了したとの報告がありました。

現地のサポートをしてくれている、過去のS-AIRレジデントで同大学教員のスティーブ・カーの協力もあり、オークランドに限らず、ウェリントン等でもたくさんのアート関係者と接点を持ち、そこから他スペースでの展示の開催も決まって行ったそう。とても充実した滞在になったようで何よりです。

小鷹さんは本日帰国します。展覧会の写真が届いたので、ご報告。

1. SNAKE PITでのパフォーマンス/上映(オークランド)〈終了〉
‘How to make the Japanese Flag’
A performance and screening by Takuro Kotaka
17th March 2012
SNAKE PIT
http://snakepit.co.nz

小鷹さんの解説:
スネークピットは市街中心部にあるアーティストランスペースで、広さは僕のスタジオの3~4倍くらい。それがさらに3フロアあって、2Fがアートスペース、1Fがスタジオ、地下1Fがアートスペース&防音スペースになっています。
3/17のイベントでは、旧作映像上映と新作パフォーマンス「How to make the Japanese Flag(日本国旗の作り方)」を披露。

広告